« 2006年6月 | トップページ

2006.07.19

SSTに挑戦

サンケイ新聞より「超音速旅客機開発に弾み 日仏で研究会開催へ
日本航空宇宙工業会は18日、フランス航空宇宙工業会とともに、超音速旅客機(SST)開発に向けたワークショップ(共同研究会)を今年10月24、25両日、東京で開催することで合意した。

SSTをめぐっては、仏英が共同開発したコンコルドが2003年に引退し、現在は1機も商業運行されていない。
日本が早期に参入すれば、新たな需要を喚起して市場をリードすることも可能だが、燃費など経済性と機体内外の騒音・振動、排出ガスの環境適合性などをめぐり克服すべき課題は多い。

日本では宇宙航空研究開発機構(JAXA)が定員30~50人のSST自主開発に向けて研究を続けてきた。
一方、三菱重工業、川崎重工などメーカー各社は、定員300人規模のSST開発に乗り出したい考えで、基礎的な技術研究を進めている。

経産省では、「機体の開発に着手できるのは10~15年ほど先になるだろう」としながらも、「基礎研究が小型旅客機開発や、新幹線、自動車など他の産業に波及する効果は極めて大きい」と指摘。
SST研究が製造業全体の牽引(けんいん)役になることに期待している。

コンコルドが運航停止になって超音速旅客機は消えてしまいましたが、新たに超音速旅客機を就航させると言っても結構難しいですよね。
コンコルドでさえ、騒音規制と、衝撃波問題を避けるために定期便として就航が出来た路線は極めて限られていました。
臨時便としては羽田に降りたりしていますから技術的な問題はないと言って良いでしょう。ひとえに技術的ではなくむしろ社会的な問題であったと言うべきで、その解決が出来るのか?となるとかなり難しい。

特に衝撃波の大きさは機体の重量の関数ですから、衝撃を許容出来る限界以内に納めるためには小型化することになってビジネスジェット(プライベートジェット)の超音速化が現実的なのではないか?と思っています。

12:00 午前 ニュース | | コメント (3) | トラックバック (0)