« 金型用などICタグ | トップページ | ロボットスーツで登山 »

2006.03.24

志賀原発2号機運転差し止め判決

毎日新聞より「志賀原発訴訟:2号機運転差し止め命じる 金沢地裁
北陸電力の志賀原発2号機=石川県志賀町、出力135万8000キロワット、改良型沸騰水型(ABWR)=を巡り、
井戸謙一裁判長は住民側の主張を認め、運転の差し止めを命じた。
「北陸電力の想定を超えた地震で原発に事故が起こり、原告らが被ばくする具体的可能性がある」
う~ん、すごい判決だな。というのが印象です。
「被爆の可能性がある」というのは地震で核物質を保管している仕組みが壊れるという判断をしたという意味ですね。

よく読むと
2号機に近い邑知潟(おうちがた)断層帯について、政府の地震調査委員会が昨年3月、北陸電の想定を超える規模の地震が起きる可能性を示したことを受け、設計に際して考慮するべきだと指摘した。
その上で、「想定した以上の地震が発生する具体的危険性があり、原発の多重防護が有効に機能すると考えられない。
となっていますから、北陸電力が設計時に使用した地震の想定が昨年3月にもっと大きな地震が起きる可能性があると政府の地震調査委員会が発表したから、というのが判決の根拠の一つのようですが、そうなると「設計上は余裕がある」という問題をどうするか?ですね。
ここについて「多重防御機能が有効に機能すると考えられない」とはどういう意味なのだろうか?
もっとも、こんなことも言っている
地震学は大きく進展しているとして、国の耐震設計審査指針(耐震指針)が採用している理論的な地震評価手法について「限界が明らかになっている」と指摘。
「これによって耐震設計をしたからといって、原発の耐震安全性が確保されているとはいい難い」
なんか「地震を予測するのは人知をもって図りがたいのだから」と言っているように見えますが、それじゃちょっと社会が成り立たないのですがね。
間違えなく北陸電力は「地震があっても大丈夫」ということで裁判を争ったはずですが、設計上で想定した以上の地震が来る可能性があるなら、壊れることもあると言っているように見えます。

01:45 午後 経済・政治・国際 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/9236712

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀原発2号機運転差し止め判決:

» 今日のニュース トラックバック 共通テーマ
今日のニュースについて思ったことを何でも。書いてください。 続きを読む

受信: 2006/03/26 0:13:35

コメント

コメントを書く