« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.24

志賀原発2号機運転差し止め判決

毎日新聞より「志賀原発訴訟:2号機運転差し止め命じる 金沢地裁
北陸電力の志賀原発2号機=石川県志賀町、出力135万8000キロワット、改良型沸騰水型(ABWR)=を巡り、
井戸謙一裁判長は住民側の主張を認め、運転の差し止めを命じた。
「北陸電力の想定を超えた地震で原発に事故が起こり、原告らが被ばくする具体的可能性がある」
う~ん、すごい判決だな。というのが印象です。
「被爆の可能性がある」というのは地震で核物質を保管している仕組みが壊れるという判断をしたという意味ですね。

よく読むと
2号機に近い邑知潟(おうちがた)断層帯について、政府の地震調査委員会が昨年3月、北陸電の想定を超える規模の地震が起きる可能性を示したことを受け、設計に際して考慮するべきだと指摘した。
その上で、「想定した以上の地震が発生する具体的危険性があり、原発の多重防護が有効に機能すると考えられない。
となっていますから、北陸電力が設計時に使用した地震の想定が昨年3月にもっと大きな地震が起きる可能性があると政府の地震調査委員会が発表したから、というのが判決の根拠の一つのようですが、そうなると「設計上は余裕がある」という問題をどうするか?ですね。
ここについて「多重防御機能が有効に機能すると考えられない」とはどういう意味なのだろうか?
もっとも、こんなことも言っている
地震学は大きく進展しているとして、国の耐震設計審査指針(耐震指針)が採用している理論的な地震評価手法について「限界が明らかになっている」と指摘。
「これによって耐震設計をしたからといって、原発の耐震安全性が確保されているとはいい難い」
なんか「地震を予測するのは人知をもって図りがたいのだから」と言っているように見えますが、それじゃちょっと社会が成り立たないのですがね。
間違えなく北陸電力は「地震があっても大丈夫」ということで裁判を争ったはずですが、設計上で想定した以上の地震が来る可能性があるなら、壊れることもあると言っているように見えます。

01:45 午後 経済・政治・国際 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.17

金型用などICタグ

Respose より「NEC、金型管理システムを開発してアルティア橋本に納入


110236
NECとアルティア橋本は、ラジエターグリルなどの外装部品などの生産に必要な金型や製造設備にRDIC(ICタグ)を直接取り付けて金型を管理する、「金型管理システム」の実証実験を展開中だ。

今後アルティア橋本の6工場で保有する4万点の金型や製造機械など全てにRFIDを取り付ける。棚卸作業工程の80%削減や資産管理精度の向上を図る。

金型はRFIDの装着が困難な金属素材で、高熱、油、振動、湿度などの厳しい環境下で利用されるため、従来だとこうした管理は困難だった。

NECは金型に直付けできるRFIDを開発、資産棚卸や工場間移動の際にハンディターミナルを通してサーバの資産管理電子台帳上にある保管場所情報や移管情報を参照し、それらの内容を適宜変更する。これによる迅速、かつ正確に資産情報の確認・変更が行えるとしている。
使い捨てならバーコードの方が実用的でしょうが、金型や治具だとRFIDは良いかもしれませんね。
しかし、システム一式だとかなり大がかりになるでしょうね。 ある部分だけで無線タグを使って、他の部分が紙に書いてある文字列を読むというのでは、ちょっと頼りないですね。

例えば、図面、作業指示書と金型や治具、ワーク、プログラム、工具セットなど使用して良いものかをチェックするポイントは沢山あって、例えば作業指示書が使用できる図面、治具、プログラム、工具セットが正しいかをチェックする仕組み、なんてものが良いわけでこれはバーコードのデータをデータベースに送ってチェックするといった仕組みが良いのでないかと思っています。

そいう点ではICタグはちょっと図面などとの相性に疑問ありなんですがね。

08:19 午後 もの作り | | コメント (0) | トラックバック (0)

レクサス・ハイブリッド

朝日新聞より「ハイブリッドをレクサスに導入 トヨタ「環境前面に」
高級ハイブリッドセダン「GS450h」。排気量3.5リットルガソリンエンジンと新開発の後輪駆動車用の電気モーターを組み合わせた。
排気量4.5リットル車に匹敵する走行性能でありながら、ガソリン1リットルあたり14.2キロと2リットル車並みの燃費性能を持つ。
メーカー希望小売価格は680万~770万円(税込み)で、ガソリン車のGS350より約160万円高い。
4月以降に北米、欧州、オセアニアにも投入し、世界で年間5700台の販売を目指す。

(ハイブリッド車販売は)05年実績で23万4900台販売。
10年代初頭にはHVの販売台数を世界で年100万台にする目標を掲げる。
他者の追随を全く許さないレベルに達してしまいましたね。
伸び率を知りたいですが、直感的にも「ハイブリット車は離陸した」と思います。
車の構造はボディーの変化とはあまり関係なくモデルチェンジするので、更新されるのに時間が掛かるのですが、次の段階ではハイブリッド車を中心とする設計の車が出てくるでしょう。
今のところ電池の扱いなどが難しいようですが、ここらも規格化が出来れば大幅にコストダウン出来るはずで期待される技術の実現です。

09:08 午前 新製品・新技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

松下・プラズマテレビ5千円/インチと宣言

日経新聞より「松下、1インチ5000円プラズマ・薄型TV価格競争一段と
松下電器産業はプラズマテレビの価格を大幅に引き下げる。2007年初めにも現在より約4割安い1インチ当たり5000円程度となる見込みだ。
昨年秋に同1万円を切ってから1年半で半額にし、世界首位メーカー自ら価格競争を仕掛ける。
いやはやすごいですね。
キヤノンが今年の春に発売予定だった薄型テレビの新システム・SEDテレビを1年半延期すると発表しましたが、これも既存のプラズマ・液晶の価格低下があるからなんでしょうね。

なんかほんのちょっとで数分の1に低下したことになりますねぇ・・・・。

10:49 午前 新製品・新技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.11

超伝導送電・実用試験出来るか?

朝日新聞より「住友電工、「超伝導」送電線を年内にも発売
住友電気工業は、低温で電気抵抗がゼロになる「超伝導現象」を応用した送電用ケーブルを年内にも発売する。
送電線の老朽化が進む米国を有望な市場とみて、5月からニューヨーク州のオルバニー市で世界初の送電実用試験を開始。成功を確認できた段階で発売に踏み切る。
契約が取れれば、送電線としては世界初の商用利用になる。
送電線をどうやって零下100度以下の極低温まで冷却できるのか?出来ないだろう。と思い込んでいたのですが、詳しく読んでみるとビジネスとして成り立つ可能性が出てきたのですね。

最近はなるべく高温で超伝導を成立させるために、セラミック系統の材料を研究して冷却を液体窒素にすることが出来ていますが、その種の材料で高圧電線を作ることに成功したようです。
つまり、液化窒素で冷却している高圧電線(電圧はあまり上げないのかな?)ということですが、今度は「電線を冷却できるものか?」という疑問が記事タイトルを読んだ瞬間に浮かんだのですが、こういうことだそうです。
オルバニー市での実用試験は二つの変電所の間350メートルを、320メートルのケーブルと30メートルのケーブルでつないで送電する。
なるほど。
350メートルなら冷却した送電線も可能でしょうね。
しかし350メートルの高圧線に問題があるのなら取り替えるだけでしょうから、変電設備の変更やシステムの変更で大電力を流すようにすることが目的なのでしょう。
おそらくは通常の電線でやると鉄塔を作り直すといったことになるでしょうから、それとの比較で超伝導線を採用出来るか?という問題なのでしょうか?ちょっとビジネス的には不安がありますね。

ここまでやるのか?となると、ガスなどで現地で発電した方が送電ロスが無いということも指摘されていて、トータルでどれが良いかをもっと研究するべきでしょうね。

09:30 午前 新製品・新技術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタがスバルとハイブリッド・エンジンを開発

日経新聞より「トヨタ、富士重の車向けにハイブリッドを共同開発
トヨタ自動車は10日までに、資本提携する富士重工業と共同で、富士重の主力車種向けに、ガソリンエンジンと電動モーターを併用するハイブリッドシステムを開発することで合意した。

トヨタは富士重にハイブリッドシステムを有償で提供する方針だった。ただ、現行システムは富士重の主力車種が搭載する水平対向エンジンに応用するのが困難なため、両社で共同開発することにした。
ハイブリッド車を販売しているのはトヨタとホンダですが、トヨタはプリウスで先行した時点でかなり特殊というか新奇というか今までのエンジンとは無関係(?)なデバイスを取り付けてハイブリッド車を成立させました。
これに対してホンダはもうちょっと自動車寄りで具体的にはクラッチ部分に発電機を押し込むような形にしました。
ハイブリッド車としてはトヨタ流が成功したのですが、トヨタはエスティマハイブリッドなどで後輪をモーター駆動だけにする4WDを作るなど、オリジナルのプリウスの極めて複雑な仕組みから進化しています。

自動車にとってエンジンは車体とは別で使い回しが利くのが長年の知恵として成立していましたが、プリウスは車体とエンジンが一体で使い回しがほとんど無理というのが問題とされました。
しかし、電気動力だとシャフトを経由せずに動力を伝達できるので車体デザインはより融通性があるとも言われています。その点でプリウス流よりも良い方法がある、とか言われていました。

富士重工のエンジンをそのままでハイブリット車にするためには、動力部分の使い回しが必須になります。スバルは生産数が少ないので同じエンジンで色々な車体を作ることがメーカとして成立しているからです。

こんなことを考えると、スバル・ハイブリッドが完成することはハイブリッド動力システムの完成であって、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、といったエンジンの種類が増えるということです。
成功すれば世紀の大発明レベルになるでしょう。

09:08 午前 新製品・新技術 | | コメント (3) | トラックバック (0)