« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.23

キャパシタ動力車

朝日新聞より「1分の充電で20分走る電気自動車公開 東大教授ら
1分の充電で20分走れるなど、急速充電が売り物の「キャパシタ」という蓄電装置をバッテリー代わりに使った1人乗り電気自動車を、堀洋一・東京大学生産技術研究所教授らが作り、22日報道陣に公開した。

板状電極と電解液で構成されるキャパシタは、バッテリーと違い、充放電時に化学反応を伴わない。充電時間が短いほか、劣化がほとんどない、放電出力が大きい、電気の残量が正確に分かる、などの長所がある。
最近電気自動車の話題で「キャパシタ」という言葉が出てきます。
素直に読めば「コンデンサだろ?」ですが(^^ゞ さすがにもっと高度なものらしい。

富士重工(スバル)は2月6日に「リチウムイオンキャパシタに関する技術を日本ミクロコーティングに供与」(pdfファイル)を発表しています。
富士重工業が開発したリチウムイオンキャパシタは、従来のキャパシタの特長である大容量の電気を瞬間的に充放電できることや耐久性の高いことを生かしながら、あらかじめ負極にたくさんのリチウムイオンを吸蔵させる“プレドーピング”とよぶ独自技術によりエネルギー密度を飛躍的に増大させた大容量キャパシタ。昨今大容量化のために電気二重層キャパシタにおいて開発の進んでいる新材料を使用した正極とリチウムイオンキャパシタの技術を組み合わせると、さらに大きなエネルギー密度を得ることが可能となり、応用範囲は飛躍的に拡大する。

リチウムイオンキャパシタは、将来ハイブリッド車への搭載や自動車用鉛電池の代替、加えて自動車分野以外の民生機器・産業機器需要に応える可能性をもっており、日本ミクロコーティングは、今後、電極製造を基盤にキャパシタセルの製造に取り組み、キャパシタ市場への新規参入とリチウムイオンキャパシタの量産化を目指す。
となっています。
ハイブリット車も発進時にアシストすることが有効だと分かってきていますから、この種の技術の広がりは急速に加速するでしょうね。

11:49 午前 もの作り | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.21

今日のボンバルディア機・2機連続で引き返す

朝日新聞より「全日空の同型2機、不具合相次ぎ大阪空港へ引き返す
21日午前7時40分ごろ、大阪(伊丹)発松山行き全日空1631便(ボンバルディアDHC8―402型機、乗客・乗員48人)が、大阪空港を離陸直後、機内の温度調整装置の不具合を知らせるライトが点灯したため、空港に引き返した。乗客は後続便に乗り換えて松山に向かった。

同日午前7時45分ごろ、同型機の大阪発佐賀行き全日空1653便(乗客・乗員25人)が離陸直後、客室ドアが完全に閉まっていないことを示す警告灯が点滅し、空港に引き返した。乗客は別機に乗り換え、佐賀に向かった。
7時40分、7時45分と5分間に連2機が離陸直後に引き返した。というのですね。
DHC8―402というのはよくもまあこう連続して不具合が出るものだ。
離陸直後に問題があったり、脚が降ろせなくなったりと、どうも地上と空中の切り替わりがうまくいかない感じですね。
しかし、今日の故障は警告ランプの点灯で引き返しているわけで、警告灯のシステムの信頼性が低いということでしょうか?

01:41 午後 もの作り | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.02.16

(株)MonotaRo

(株)MonotaRo なんという名前かと思いつつ登録して通販で買い物をしたら、住商グレンジャー(株)が社名変更したのでありました。

買い物は日本金属電鋳製の「粗さ標準片」

これを「キャリアー教育」で行く先の高校生に触らせようというわけ。
7000円だったからそこそこお買い得だと思う。

それにしても、こんなものを一個だけ通販で買えてしまうのだから、街の工具屋さんは大変だ。
インターネットは基本的に中抜きを促進するだねぇ。

酔うぞ拝

10:57 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.10

今度は脚か出ない・ボンバルディア機

東京新聞より「着陸直前、車輪出ず ボンバル機、またトラブル
9日午前9時半ごろ、松山空港への着陸体勢に入った中部国際空港発の全日空1823便ボンバルディアDHC8―Q400(乗客乗員25人)で3つある車輪すべてが出なくなった。パイロットが手動操作で車輪を出して約20分後、定刻から約10分遅れて着陸した。

同機を運航する全日空系列会社が原因を調べているが、車輪を出すための電気信号に不具合があった可能性があるとみている。
以前は「油圧機構の空気抜きが出来ない機体があった」とのことだったが、今度は「電気信号に不具合」って、飛行機はこの手のところは二重装備になっているはずだと思うのだが、どういうことだろう。

一説では会社(ボンパルディア社)が合併などで社内からベテランが流出したから、というのだがそれでこんな基本的なところに問題が出るものでしょうかね?
どうも技術というものを安く買いすぎる世界的な風潮による問題なのかな?

09:37 午前 もの作り | | コメント (1) | トラックバック (1)