« 暑い | トップページ | スナップを使ってみた »

2013.07.08

アシアナ航空機墜落事故

CNN.com より「 2013/07/07のサンフランシスコ空港でのアシアナ航空のボーイング777型機墜落事故

これを見るといかにも低すぎで、対地接近警報が鳴り続けていただろう。
CNNによると、最終的には着陸復興を試みたというのだが、4秒前からだそうで、それではこの動画に写っている、海面を這うような飛行になってからだとなる。

777の空港での事故で有名なのは、ヒースローでの両エンジン停止でギリギリで空港内に降りた(機体は大破)があるが、これは燃料の凍結が原因で現在は対策されている。

今回のアシアナ航空機ではエンジンは不調ではなく、アイドリング状態で降りてきて、1.5秒前に着陸復興のためにエンジン出力を上げたとのこと。

なんか手動操作で降りてきた、といったイメージにしかならないのだ、どういう事なのだろう?

アシアナ航空の発表によれば、二組の正副パイロットが乗務していたそうで、似たような状況で、着陸のために仮眠から着陸操作で入れ替わった機長が、寝ぼけていて誤操作を繰り返して、墜落したという前例があります。
なんかこの例に酷似しているように感じます。

7月 8, 2013 at 10:07 午前 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/57748450

この記事へのトラックバック一覧です: アシアナ航空機墜落事故:

コメント

コメントを書く