« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »

2012.02.18

自動車運行計画支援ソフト?・ハイエース

ハイエースにした最大の理由は、NPO活動での荷物と人員の移動のためなのだが、自宅から目的地に行って、帰ってくるという一直線の動きではなくて、あっちこっちで人を拾って目的地に行くといったことになる。

目的地に行く時刻は決まっているわけだが、待ち合わせ場所に何時に行けばよいのかを、集合する人に伝える必要が出て来る。

だから、自動車の運行計画といった物を作る必要があって、なんとか実用になったので、報告します。

Photo

これは、ファイルメーカーで作ったもので、見かけ上は単なる表ですが、出発地・目的地はデータベースに登録してある、住所録のデータを使います。

住所録は、NPOの活動で必要な学校の住所などが600ヶ所ぐらい登録してあります。
元もと単なる住所録でしたが、これにGoogle Earth から拾った緯度経度を追加しました。

二地点間の直線距離を緯度経度から計算します。これには球面三角法が必要になりますが、ネットを検索すると簡単に見つかります。

出発地から、次の目的地、その次の目的地、と入力するだけで所要時間を計算しますから、出発時刻を入れておくと、到着予想時刻が計算できます。

実際問題として、一つの目的地に到着してからそこを出発するまでの時間は、色々ですから個々の目的地からの出発時刻は手入力します。そして、入力した時刻から、次の目的地への到着時刻を計算します。

目的が、正確な計算よりも、素早く計算して出発時刻の調整などを行うことですから、道筋などは全く入力しません。
しかし、現実には高速道路も利用するわけですから、二点間距離が25キロを超えるときは高速道利用だとして計算します。

直線距離が25キロ以内だと、時速20キロで走るものとし、25キロを超えて高速道路を利用する場合には、時速60キロで計算すると現実に掛かる時間に近くなります。

しかし、距離だけで高速を利用するものと決めつけていると、やはり問題で「下道利用」というチェックを付けると、二点間の距離が25キロ以上であっても、時速20キロで走るものとして計算します。

当初は、使い物にならないかな?と予測していましたが、意外なほど実用的になりました。

2月 18, 2012 at 03:28 午後 ハイエース | | コメント (5) | トラックバック (0)

荷物運び・ハイエース

2月になったので、学校での授業はほぼ終わりですが、来年度に向けての準備が始まります。

2012216

写真は、春から夏休み前までやっていた、ロボット授業で作ったロボットを分解整備するために、学校から引き取ってきたモノです。
全部で80個。

160人の生徒に、80個ですから二人で一台を作るのですが、準備となると「乗用車では積み込めない」といったことになります。
だからこそのハイエースであります。

普通のワゴンも色々検討したのですが、イスを倒せるワゴンも最近の国産車は普通の乗用車に比べて、何倍もの容積が作れるとも言えないことが段々と分かってきました。

積めそうでつめない物の一つに、90センチ角の板の表面にプラスチックパネルを貼ったロボットなどのデモ用のフィールドがあります。
これを乗用車に載せると、トランクに入らないから床に立てて置くしかありません。

まあ、そんなわけでハイエースで荷運びというのは、当然ではありますが現実に80個の箱を積み降ろしするのは、建物の階段の上り下りもあって結構大変です。

2月 18, 2012 at 11:25 午前 ハイエース | | コメント (0) | トラックバック (0)