« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2012年2月12日 - 2012年2月18日 »

2012.02.04

初仕事・ハイエース

予定通り、2月3日に品川区立の小学校に荷物を積んでもの作り教室に行ってきました。
前回の写真のように、単に床に置いているだけですが、荷物が飛び跳ねるようなことはなく、少々の急制動で荷物が飛び出してくることもありませんでした。

8時15分ぐらいに着くように向かったのですが、こんな早い時間に都内を走るのは久しぶりで、ラッシュ時間は混んでいると痛感させられました。

混んでいる道を車線を変えながら走るのは、幅が広いので無理に近いですね。

オーディオレス状態ですが、自転車・歩行用に使っているソニーの携帯ナビ(ナビU)をインストルメントの穴に放り込んで、臨時ナビにしています。
といっても、日曜日にはナビが付きます。

帰り道は、いつも一緒に授業をしている人に助手席に乗ってもらいましたが「十分に静か」「イスの具合も堅めでよい」といった感想でした。
2月21日には、総勢8人で栃木県まで往復することになっているので、後席の感想を聞こうと思います。

ハイエースで乗用車ナンバーは5台1台ぐらいですから、感想のほとんどがバンを使った感想で、乗り心地や、騒音などについての評価はワゴンとはだいぶ違うようです。

2月 4, 2012 at 08:08 午後 ハイエース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.01

初めての荷積み・ハイエース

これが44センチ×129センチのカーマットです、切断せずに横向きに2枚を並べました。
1本余ったので、これは仲間に売却。(藁)

Photo

44センチ幅のマットを2枚並べ、3列目座席までは30センチぐらいありますから、奥行き1メートルで幅が1.3メートルの荷物室です。

2

大井町の事務所でこの荷物を積み、初めて荷運びしましたが、一度極低速から急制動しましたが、荷物に問題はありませんでした。

この荷物は、前回ちょっと説明したように9月3日に品川区の小学校、9月8日に名古屋の小学校で使う分です。
事務所への返納は、9月9日なので、それまではこの状態です。

9月3日に行く品川区立小学校は、第二京浜国道から一本入ったところなのですが、一方通行ばっかりです。
8時50分からの1時間目の授業なので、8時頃に学校前の道が通学専用自動車進入禁止だとやっかいだな、と偵察してきました。

路地も同然の一方通行を入ったのですが、サイドミラーで曲がり角との距離を調節するハメになりました。
まだまだ、キャブオーバータイプの運転になれていない、証拠ですね。

2月 1, 2012 at 08:36 午後 ハイエース | | コメント (0) | トラックバック (0)

4月入学(新学期)は不便だろう

読売新聞より「大学入学、なぜ春なの?

大学入学、なぜ春なの?

明治時代は秋入学も大正に入って転換

 東京大学の学内懇談会が先頃、新入学生の入学時期を5年後、今の春(4月)から秋に全面移行する構想(中間報告)を発表しました。

 秋に学年が始まる欧米に合わせ、優秀な外国人学生が入りやすくしようとの狙いだそうです。

 この構想の是非を考えるため、現在の春入学の歴史をふり返ってみましょう。

 1877年(明治10年)、東京開成学校と東京医学校が合併して帝国大学、現在の東京大学ができます。当時は文明開化と欧化一直線の時代。帝大の学年の始まりも欧米流の秋、9月10日(~翌年7月15日)でした。

 それが今の春入学に転換したのは1921年(大正10年)。主に、初等・中等教育の学校とそれを支える師範学校の学事暦に合わせるためでした。

 そもそも小中学校、師範学校も最初から春入学だったわけではなく、4月入学に統一されたのは明治時代中頃。1887年の高等師範学校に始まり、尋常師範(89年)、全国の小学校(92年)、中学・高等女学校(1900年)の順に春入学が定着します。

 そのうちの師範学校が春入学に転じたのは主に次の理由からでした。(1)炎熱7月の学年末試験は不合理、(2)行政の会計年度に学事暦が一致しないのは不便、(3)徴兵(20歳)の届けが4月に早められたため、高年齢入学者が徴兵免除の特典を得るには4月入学が必要――。

 大学と旧制高校は明治期こそ秋入学を継続していましたが、大正になり、政府が理由の(1)と(2)を盾に春入学を迫ると1919年、まず旧制高校が、続いて20年に大学も受け入れました。

 大学が春入学を容認した理由としては、ほかに「秋から春に入学が早まれば(3月高卒)俊才諸君には半年の速進効果がある」ということも付け加えられています。(春高卒から秋入学までのギャップについて、今の秋入学構想が前向きに捉えようとしているのとは思考が逆)

 もっとも、春入学に転じて10年たつと、制度変更に批判が出ます。例えば、東京帝大法学部教授・末弘厳太郎は、「春3か月講義のすぐ後2か月の長期休暇は教育上非常に不便」「3月の年度終了から4月新学年まで期間が短いから、教授は新年度準備が充分出来ない」など、春入進学の問題点を論じています。

 近年になると小中教育の立場から春入進学への批判が登場し、「入学は春、桜の頃というのは東京中心思考の偏見で、沖縄や北海道では4月に桜は咲かない」「夏休みは学年途中の記憶維持目的の宿題よりも、心機一転、創造的な活動に充てる方が効果的」といった主張が教育研究誌に見られるようになりました。

 もっとも、筆者は、「国際化と必ずしも直結しない文系の学生には、秋入学は就活や保護者負担に影響するデメリットがある」「桜の咲く頃の入進学はやっぱり日本人の感性に合う」という理由で、秋入学への全面移行にはまだ慎重です。
(調査研究本部主任研究員 鬼頭誠)

2012年2月1日 読売新聞)

質問はこちら

大学以外の学校も全部4月入学で疑問に思わなかったわけですが、東京大学が9月入学を宣言してから、このような説明が出てきました。

この数年わたしは、小中高校に授業に行っていますが、2月~3月は来学期の企画の相談が入ってきます。
相談は、担当の先生から来ますが、先生にとっては「来年度」の話しなのですね。

この「来年度の話しをする」というのがけっこう問題で、公立学校だと人事が動く可能性がある。
担当の先生がOKでも、管理職の先生が異動して話が変わってしまう、ということもありました。

このような、学校を運営する上での期と授業をする期を同時に期変わりにするのはどうよ?と思いつきました。

アメリカ政府の年度替わりは、1月1日ですよね。
しかし、学校は9月で切り替わる。

そもそも行政や会社などの期変わりに、学校の授業を合わせるのは合理的とは言えないのではないか?

「転勤と、進学が重なってどうしたら良いでしょうか?」といった質問は以前から出ていました。
会社学校の期の変わりと、学習の期の変わりをずらしてしまう方が便利じゃないの?

小学校の入学時期を9月にして、20年がかりで9月を新学期にする、というのを検討するべきだと思う。

2月 1, 2012 at 10:36 午前 教育問題各種 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.01.31

稼働開始・ハイエース

ハイエースワゴンにしたのは、小学校のもの作り教室の機材運搬が乗用車では無理になってきたからです。

ワゴンGLでは、4列目である最後部の座席を跳ね上げることで、けっこうな荷物室が作れます。
荷物は、ここに置きますが小学校のもの作り用の機材は、折り畳みコンテナー×4個、台車、90センチの板材をL字型に接合した「レール」24本、三脚、カメラ、その他私物。
となりますから、本来は荷物が動かないように固定するべきなのです。

とりあえず、スーパービバホームに行ったら、カーマット・ゴム製・自由に切断して使う。
というものがあって、44センチ×129センチなのでこれを、三つ買いました。@980

129センチは、ちょうどホイールの室内に出っ張っているいちばん狭いところに入る数字ですから、二枚を並べました。
129×88センチのゴムマットになりました。

明日、荷物の積み込みに行きます。

小学校のもの作り教室は、90分授業ですから、準備と撤収を含めても学校にいる時間は2時間をちょっと越える程度ですが、事務所から荷物を積み込んで、また返すというのは,数量チェックなどもあるので、けっこうな時間を要します。
言うまでもなく、移動時間も掛かります。

今回は、二月三日に品川区で一校、二月八日に名古屋市で一校です。
このために、二月一日から荷物を返す、二月九日までは、ハイエースは倉庫です。

1月 31, 2012 at 11:28 午後 ハイエース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.30

納車・ハイエースワゴンGL

今日(2012/01/30)の夕方(18時過ぎ)に、ハイエースワゴンGLを受け取ってきました。

ここ数年、NPOの活動でもの作り教室をやっていますが、乗用車では荷物が運びきれない状況になってきて、前の車も13年目になってしまったのでハイエースにしました。

受け取ったのが、18時過ぎですから横浜でも結構寒くて、窓の縁なとがかなり冷たく社内の温度差が印象に残ります。

実は、レンタカーでハイエース・グランドキャビンを一日使ったことがあります。 その時の印象は、大きいけどそれ以外は普通の車という印象で、乗り心地や騒音なども乗用車と大差ない、と感じていました。

グランドキャビンは、全長5380ミリ・ホイールベース3110ミリ・全高2285ミリ という巨大さで、事実上駐車場には駐められません。

ワゴンGLは、全長4840ミリ・ホイールベース2570ミリ・全高2105ミリ ですから、機械式駐車場でなければ大体は何とかなります。
その分、グランドキャビンと違って、最後列を折りたたまないと荷物を積めません。

もっとも、最後列の4人分のシートを畳んでも、6人乗れるわけですから普通のミニバンとは大違いで、大荷物と大人数となるとミニバンは普通の乗用車に毛が生えたようなものだ、となります。

色々なブログなどを読んでみました、納車したばかりですが、今後色々と触っていくことになりますね。

1月 30, 2012 at 10:02 午後 ハイエース | | コメント (2) | トラックバック (0)