« 2012年10月28日 - 2012年11月3日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »

2012.12.04

ウィンドウォシャーの温水化

ハイエースのウィンドウォッシャーの温水化をしました。

色々と考えてはいたのですが、手始めにウインドウォッシャータンクとラジエーターリザーバータンクに温度計を付けて計ってみました。

P1010363_2

ビックリしたことに、運転席の下にエンジンがあるハイエースの小さなボンネットにはエンジンの熱気が全く上がってきません。

当初は、ウォッシャータンクを保温すれば自然に温水になるかと思っていたけど、全く無理と分かりました。

そこでウォッシャータンクの隣にある、ラジエーターリザーバータンクの熱気をウォッシャータンクに誘導できないか?と断熱シートでダクト状のものを付けてみましたが、全く効果無し。

P1010364_2

結局、ボンネット内は空気の流れが、常にエンジンの方向である後方下向きに流れていて、だからボンネット内の温度(ウォッシャータンクの温度)は外気温+2度程度になっています。







P1010365_2

そこで、ヒーターにお湯を流しているパイプで、ウォッシャー液を温めようと考えて、ウォッシャー液の流れるパイプを一旦外して延長することを考えたのですが、どうも接続が簡単には抜けないし、パイプをつないでいる樹脂部品も普通とは違う。





P1010366

結局パイプを買い直して、4メートルのシリコンチューブにしました。








P1010367

そして、素直に付いているウォッシャー駅をノズルに送るパイプを切断して、シリコンチューブに流してから、ノズルの方向に流すことにしました。







P1010368

結果的に、大成功で巻いたパイプを束ねている包帯の下に温度計のセンサーを入れてみると、現在の8度程度の外気温に対して、43度といった温度のウォッシャー液になっています。







P1010369

実際に使って見ると、パイプが4メートルにもなったために、圧力損失が大きくなって窓の半分ぐらいの高さまでしか、ウォッシャーが飛びませんが実用上は問題ありません。

かすかに湯気が見えます。
温水化で、洗浄力は上がるはずで、雪道での汚れなどには強くなっただろうと期待しています。

12月 4, 2012 at 12:31 午後 ハイエース | | コメント (4) | トラックバック (0)