« 荷運びの道具・ハイエース | トップページ | 下ヨシ子裁判結審 »

2012.08.30

下ヨシ子事件控訴審第一回口頭弁論

昨日(2012/08/29)名古屋高裁で「下ヨシ子事件」控訴審第一回口頭弁論を傍聴してきました。

この事件は、弁護士紀藤正樹のLINC TOP NEWS-BLOG版の2010年1月22日の記事「テレビ人気霊媒師!?有名「霊能力者」!? 下ヨシ子を提訴しました。」に説明があります。

昨日、提訴しました。僕にとっては、相談2人目の被害者です。

前回の事件は交渉で終了しましたが、今回の事件は、下ヨシ子側が交渉段階で和解に応じず、提訴に至りました。

それにしても、「テレビ人気霊媒師」、有名「霊能力者」という見出しに、驚きます。

[参考]
・浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴

1月21日22時13分配信 読売新聞

  「浄霊代」名目で多額の現金をだまし取られたとして、名古屋市在住の主婦(49)が21日、熊本市の宗教法人「肥後修験遍照(へんしょう)院(通称・六水(ろくすい)院)」と、下ヨシ子主宰者ら幹部5人を相手取り、約950万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。

 下主宰者は、フジテレビ系列の「ほんとにあった怖い話」「奇跡体験!アンビリバボー」など多数のテレビ番組に、霊媒師として出演している。

 訴状などによると、女性は2002年、ヘルニアなどの体調不良や家族間の問題などの悩みをテレビ番組で紹介されていた同院に電話で相談。08年11月にかけて約50回にわたり、「浄霊代」「守護神代」などとして計約652万円を支払ったという。

 一方、同院は「女性の依頼に応えたもの」などとして、債務がないことの確認を求める訴訟を同地裁に起こしている。

この一審の結果は「速報!!下ヨシ子事件判決 被害者側勝訴!! 事実上、マインドコントロールの違法性が認められる!! =2012年4月14日、8月25日加筆あり」にあるとおり、原告(被害者)の勝訴となりました。

今回の控訴審は、この判決を受けて被告側が控訴しました。

控訴審は、原判決に不満がある側が控訴するに当たって、主張を述べますが裁判で争うためには、控訴を受けた側(民事の場合)は反論を出したところで、審理が始まります。

今回の控訴審では、控訴人側(下ヨシ子側)は新たな証拠を提出するようです。
原審(第一審)では「一体として違法である」と述べていますから、いわば程度問題に近いのでしょう。
控訴原告側(下ヨシ子側)は新たな証拠や証人を出すようで、第一審と同じような裁判になりそうです。

次回は、10月31日 13時45分からに決まりました。
(今のところ予定は無いですなあ~)

余談ではありますが、控訴原告側(下ヨシ子側)の弁護士に、弘中惇一郎弁護士が控訴審から新たに加わりました。
弘中弁護士の手がけた裁判としては、環境ホルモン濫訴事件で私が応援した中西先生の弁護士として弁護活動を見ていました。
今回はどのような展開になるのか、興味深いところです。

8月 30, 2012 at 05:01 午後 裁判傍聴 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/55541487

この記事へのトラックバック一覧です: 下ヨシ子事件控訴審第一回口頭弁論:

コメント

コメントを書く