« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011.03.04

地デジ切り替えに難癖を付けてどうする?

朝日新聞より「「地デジ難民あふれる」識者ら、アナログ終了延期訴え

2011年3月4日19時15分

テレビの地上デジタル放送への完全移行をめぐり、砂川浩慶・立教大准教授やジャーナリストの坂本衛さんらが4日、東京都内で記者会見し、「このままでは地デジ難民が多数出る」として、7月24日に予定されているアナログ放送の終了を延期するよう訴えた。近く総務省に要求書を提出する。

要求書では「地上アナログ放送の終了を地域ごとに段階的に行うこと」「地デジ難民がゼロになるよう万全を期すこと」などを総務省とテレビ各局に求めている。

昨年9月の総務省の調査によると、地デジ受信機の普及率は90.3%。だが、要求書では「地デジに未対応で調査に非協力的な世帯が多数漏れており、実態を反映していない」と批判。「経済的弱者への支援も遅れている」と主張している。

なんだい?この主張は?

我が家はCATVだから結果的に地デジ対応なのだが、ついこの間までCATV回線で受信しているのがデジタル地上波放送だと気が付かなかった。
アナログ受信に切り替えることが出来るわけで、この機能が7月でなくなるということです。

それくらい無関心なのだから、仮にCATVを使っていなかったら、テレビ放送は見ない、というせん択をしたでしょうね。
と言う以前に、我が家がCATVを使い始めたのは、電波状況が極めて悪かったからで、もしCATVがなかったら、10年以上前にテレビを捨てている可能性が高いです。

つまり、テレビを見ない選択をする人たちはある程度以上の数になっていることは確実で、調査に非協力な世帯にも、テレビを強制的に見せるべきだ、と主張しているのでしょうか?

現時点で、「地上波テレビを必要としますか?」というアンケートがあれば、わたしは「不必要」と回答しますよ。
「実態を反映していない」というのは「地上波テレビを見たがっている人の数」の方じゃないでしょうかね?

3月 4, 2011 at 08:41 午後 日記・コラム・つぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

ネグレクトに判決

サンケイ新聞より「男児餓死させた父親に懲役9年6月 裁判長「無関心という名の虐待」

2011.3.3 19:59

奈良県桜井市で昨年3月、長男=当時(5)=を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた両親のうち、父親(36)の裁判員裁判の判決公判が3日、奈良地裁であった。

橋本一裁判長は「人間として扱っていないかのような陰湿で卑劣な犯行」として、母親(27)と同じ懲役9年6月(求刑懲役10年)を言い渡した。

橋本裁判長は判決理由で

「いわば無関心という名の虐待
なすべき養育を果たさず、主体的、能動的に虐待していた」
と指摘した。
また、3日は智樹ちゃんの命日に当たり、橋本裁判長は
「冥福を祈ってこれからの生活をスタートさせてください」
と説諭した。

判決によると、父親は母親と共謀。長男に十分な食事を与えず、衰弱しているのを認識しながら適切な診療を受けさせず放置し、餓死させたとしている。

ネグレクトに対して真っ正面からの判決のように見えます。

日本では、アメリカなどに比べると、ネグレクトに対する罰が軽いというか事実上無いように見えます。
例えば、子どもを医者の診察を受けさせずに、手かざしだけで治療しようとして、死亡させた事件などは立件されてはいますが、そもそも医者に掛からせないというところで「医療ネグレクト」だとして、行政が介入すれば命が失われることはなかったでしょう。

いわば、その時々の常識にあまりに反する社会生活は、社会によって抑止されるべきである、それが生命や社会生活そのものに関わるような事柄であれば、犯罪に該当する、という考え方はもっと広く知られるべき事だと思います。

少なくとも、子どもの生命がネグレクトによって失われた後に裁判によって罰を下すのでは、社会としてはネグレクト対策に失敗した、と言うべきです。

3月 4, 2011 at 11:42 午前 事件と裁判 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.02

ニュージーランド地震・隣のビル解体作業で壁に穴を開けた?

TBS NEWS より「CTV会長が証言、地震の前日「壁に穴」」

ニュージーランドの地震から1週間、これまでに155人の死亡が確認されました。

一方、連絡が取れない日本人28人の安否は依然として分かっていません。

地震発生の午後0時51分。クライストチャーチでは2分間の黙祷が捧げられました。日本人28人の安否は依然として分かっていません。

CTVビルでは現在も救助活動が続けられていますが、ニュージーランド当局の要請で、夜間の活動は中止。日本の緊急援助隊は規模を60人から30人に縮小するといいます。

「我々が(日本から)来たのは、生存者を見つけ出して助け出すのが目的。それにいたっていないのが非常に残念です」(国際緊急援助隊・吉井幸夫団長)

依然、多くの人が閉じ込められているとみられるCTVビル。
1日、ビルにオフィスを構える地元テレビ局、CTVのニック・スミス会長が、JNNの取材に応じました。

「CTVも関係者15人が崩落に巻き込まれ、連絡がとれていない」(CTV)

「CTVビルは頑丈そのものに見えましたよ。コンクリートでできていて、問題があるなんて夢にも思いませんよ。築25年だか35年だか分かりませんが、一切問題はありませんでした」(ニック・スミス会長)

地震の前日、隣のビルの解体工事の際、CTVビルの壁に穴を開けていたと会長は証言します。

「工事の騒音で仕事にならないので『どうしたんだ?』と解体業者に聞くと、
『(CTVビルの)壁に強化材を入れる作業をしている』と言われました。
『特に問題ない』と言われたのでそのまま仕事に戻りました」(ニック・スミス会長)

 解体業者に掛け合っても、大丈夫だと言われたといいます。経緯を聞くために解体業者に電話してみると・・・

「申し訳ありませんが、質問には答えられません」(隣のビルを解体していた業者)

CTVビルの持ち主は、ビルの耐震性について、過去の調査で「構造に問題がある」との報告受けていないと話しています。

そして1日、CTVビルから救出された富山外国語専門学校の黒田奈瑠美さん(19)が、帰国しました。空港では帽子を深くかぶり、コメントを発表しただけでした。

地震発生から1週間。状況は厳しさを増しています。現地の警察は、不明者の家族に対し「最後まで遺体が発見できないケースもありうる」と伝えたいとしています。

「(不明者家族は)生存を信じたい気持ちと、死亡を受け入れなければという2つの気持ちのせめぎ合いだという状況」(不明者家族のケアを行う日本赤十字社)

(01日23:17)

ビルの潰れ方が、まるで爆破解体の様子そのものなんですよね。

ビルなどの爆破解体のコツは、単にぶっ倒れるのではダメで、目的の方向に倒すのだそうで、その中には真下に倒す(潰す)のがあります。

そのために、柱にあらかじめ切り込みを入れたり、成形爆薬で柱を切断したりしています。

この「隣のビルの解体工事で、壁に穴を開けていた」というのが事実であれば、とんでもない話で柱にワイヤーなどを掛けて引っぱっていたりすると、結果として柱の強度を致命的に落としてしまった可能性もあるでしょう。

ニュージーランドは地震大国であり、隣のビルが取り壊しになるほどの被害を前の地震で受けているのに、あまり明確な記録が出てこないのは、問題かもしれません。

とは言っても、阪神淡路大震災があるまでは、「神戸は地震がない。東京から移住した方がよい」といった声もあったくらいで、結果的に屋根の重い木造住宅が被害を拡大した、と言われています。
後知恵で、批判するのは、簡単なのですがね。

3月 2, 2011 at 11:46 午前 事故と社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

大学入試・携帯電話問題

朝日新聞より「入試の携帯対策、大学は…「机上へ」「バッグまとめる」

2011年3月2日7時38分

大学入試の一部が試験中にネット上の掲示板に投稿された問題で、主要大学が携帯電話の扱いに頭を悩ませている。既存の対策では防ぎ切るのは難しく、新たな対策を取るには多くの経費や人手が必要――というジレンマがある。

2日に後期試験がある東京の私立の大正大では、あえて携帯電話を机の上に置くよう指示することにした。かばんにしまわせる従来の方針を転換した。企画調整部の高橋慈海課長は

「監督の目にさらされることで心理的な抑止効果があると考えた」。
このため、試験に使う8教室の試験監督を1~3人増やす。
「ただ、あまり監督がうろうろすると受験生に圧迫感を与える。巡回方法は工夫したい」

7日に試験がある東京の駒沢大も、口頭で電源を切るよう指示していたのを、机の上で電源を切り、かばんに入れるよう指示することに変更した。心理的な抑止効果を狙った措置だという。
京都市立芸術大でも同様の理由で、携帯を封筒に入れて封印し、かばんにしまうよう指示する。

「かばんのまとめ置き作戦」を検討しているのは、神戸大だ。
12日にある後期試験では、全ての会場で、携帯電話の電源を切ってかばんに入れさせたうえで、かばんを試験会場の教室の前方や隅にまとめて置くという。試験日が迫る中での苦肉の策だ。

東京の有名私大の多くは「電源を切り、かばんにしまう」ことを指示。トイレなどで席を立つ受験生には、「携帯は持っていませんね」と口頭で確認するというのが一般的だ。
慶応大は、その上で携帯電話や音楽プレーヤーを身につけることを「不正行為」と定め、発覚したら、その受験生の当該年度の入試結果をすべて無効にする決まり。だが、過去に実例はないという。

■電波の遮断可能だが高コスト

もっと抜本的な対策はないのだろうか。

携帯電話を一時的につながらなくする「携帯電話抑止装置」を設置する手もある。設置エリア内では妨害電波を発信し、携帯が電波をキャッチできなくする装置だ。コンサートホールのほか病院の検査室や、振り込め詐欺対策の一環として銀行の現金自動出入機(ATM)コーナーに設置されている例もある。だが、業者によると、大きな教室全体をカバーする装置を設置すると、100万円以上の費用がかかるという。

装置を開発した「マクロスジャパン」(東京)の役員は「レンタルもしている。入試日だけ大学内に設置することは技術的には可能」と話す。ただ、入試会場のような広い場所ではかなりの台数が必要になるという。

また、抑止装置は電波を妨害するため、使用には総務省の許可が必要。同省の移動通信課は「一定の条件を満たせば許可も検討する。ただ相当な費用がかかるだろうし、もっと有効な方法があるのではないか」と話している。

7年前に不正入試が発覚した韓国では小型の金属探知機が導入された。
東京のレンタル業者によると、小型金属探知機は1日1台4千円ほどで貸し出しているという。ゲート式の探知機を設置すると、20万円前後かかるという。
名古屋市のリース販売会社によると、携帯型の電波探知機のレンタル料は1日1台5千円。半径2メートル以内に電源の入った携帯電話があれば発見できるという。

何が問題なのか?ということになるのでしょうが、カンニングの本質が他人の力を借りて試験をすり抜ける、事でしょうから、携帯電話だけをブロックしてもダメなのは明らかです。

むしろ、携帯電話の使い方の問題とも言えるわけで、それなら「○○の使い方」として、その○○に何が当てはまるのか?となると、電子機器、腕時計、文房具、紙製品、なんでも入れることが出来ます。

そう考えると、機器類の問題として「携帯電話を・・・・」だと「これは携帯電話ではない」という反論が出てきます。

慶応大学が

慶応大は、その上で携帯電話や音楽プレーヤーを身につけることを「不正行為」と定め、発覚したら、その受験生の当該年度の入試結果をすべて無効にする決まり。だが、過去に実例はないという。
としているのは、かなり正しい方向を向いていると感じます。
しかし、補聴器やメガネといったものが通信機器や電子辞書の機能を持ったらどうするのか?

大学は、学内掲示を携帯メールに替えていて、すでに授業によっては携帯メールが使えないと単位認定されない授業もあります。
入試の時だけ、携帯電話全面禁止としても、何年かするとそれ自体が無理、という時代が来るようにも思います。

こうなれば、入学は緩くして、簡単には卒業できないようにする方が実際的ではないでしょうか?
なぜ、入試の不正が問題になるのか?と考えると「その一点を突破すれば、後は簡単」という仕組みになっているからで、突破するべきハードルが幾つもある場合、それら全てに不正をして挑戦するのはコスト割れになる、つまり現行の入試制度は不正のコストパフォーマンスが良すぎるから起きる現象である、と言えるでしょう。

3月 2, 2011 at 11:22 午前 教育問題各種 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.02.28

入試問題・ネット流出事件を考える

サンケイ新聞より「阪大「受験1.3万人、携帯禁止ムリ」 他大学も困惑

2011.2.28 08:45

京都大などで発覚した入試問題の投稿。どのように試験中に投稿したのかは不明だが、受験生らは怒り、大学側は困惑。大学側は被害届を出し、告訴も辞さない構えだが、不正行為はどこまで広がっているのかはわからず、捜査も含め今後の見通しは不透明だ。

怒る受験生

京大ではこの日、医学部の面接試験が行われた。 試験会場にいた神戸市の高校3年の男子生徒(18)は

「不正をして合格できるなら自分も…と思ってしまう。みんな一生懸命勉強して試験に臨んでいるのだから、ルールは守ってほしい」。
金沢市の高校3年の男子生徒(18)は
「試験会場は監視が厳しかったので、どういう方法でやったのか。投稿のせいで、受かるはずだった受験者が落ちることがあれば、本当に許せない」
と話した。

文学部を受験したという京都市の男子浪人生(20)は

「ネットに投稿された英訳問題は、僕の出来は良くなかった。不正をして合格になるのだとしたら絶対に許せない」
と怒りの表情をみせた。

携帯、口頭指示のみ

入学試験真っ最中のほかの大学にも困惑が広がった。

来月に後期試験を控える大阪大の入試担当者は

「どんな方法で行われたのか分からないので、対策の立てようがない」
と当惑。試験中は携帯電話を預かる対策も考えられるが、阪大の受験生は約1万3千人に及ぶ。
「管理が大変で混乱を招く。間違えて他人に返却すると個人情報が漏れる恐れもある」
と否定的だ。

携帯電話の持参禁止も現実的には困難。
最近は親が試験会場の近くで待機したり、車で送り迎えすることもあり、携帯電話がないと試験後に親子が連絡を取れず困るという。

同志社大はこの日、京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で、文化情報学部の入学試験(英語、数学)を実施。同志社大の問題も投稿されたと疑いが強いが、この日の試験は従来通り、携帯電話は電源を切ってかばんに入れるよう試験前に口頭で指示するだけとどめた。同大は

「教室への携帯電話持ち込みを禁止するなら受験者全員の持ち物検査をしなければならず、現実的には難しい」
とした。

必然なのか?

京大は27日夜、初の記者会見。塩田浩平副学長は

「厳正かつ公正であるべきわが国の入試制度の根幹を揺るがす重大事件であり、犯罪行為への強い憤りを覚える」
と非難した。

教育・入試担当の淡路敏之副学長は、京都府警に被害届を提出する理由を

「入試は大学の中で最も重要な業務であり、著しくその業務に支障をきたす恐れがある」
と説明した。一方、試験当日の監督態勢については、各会場に受験者の数に応じて2~10人を配置し
「万全な態勢をとった」
と強調した。

試験会場が携帯電話を預かるなんて事を考えるから「無理だ」となるわけで、単に「持ち込み禁止。持ちこんだ場合は自動的に失格」とすれば良いだろう。
試験会場は試験のことだけがまともに出来れば良いのであって、その前後のことなど責任の取りようがない。

ところで、こういった方法で携帯電話の試験会場持ち込みを完全に阻止できるのか?というとそれは無理だと思う。
本当にやるのであれば、基地局の機能を止める必要があるだろう。

要するに携帯電話システムそのものを止めようとなるのだが、これがどれほど難しいのか?となると、現在争乱が続いている中東各国でも、内部の情報がどんどんでてくることを見ても、全く止めることが出来ていない。
中国も北朝鮮すらも、携帯電話は止めることが出来ない。

大石英司氏の「対馬奪還戦争」では、兵士が携帯電話でツイッターに書き込んで戦局を動かしてしまうことがテーマになっています。

現実も小説も、携帯電話は止められません。
となると、たかが入試で携帯電話利用のカンニングを阻止することは不可能でしょう。
よって、ペナルティーだけが有効策だ、となります。

逆に言えば、携帯電話ぐらいではどうにもならない試験方法を開発する方が妥当かもしれません。

2月 28, 2011 at 03:13 午後 ネットワーク一般論 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.02.27

ニュージーランドの大地震・建物にヒビが入っていた?

朝日新聞より「昨年の地震でビルにひび、市当局は「安全」 NZ地震

2011年2月27日5時12分

ニュージーランド南部の地震で倒壊したカンタベリーテレビ(CTV)ビルが、昨年9月の地震で大きな損傷を受けていた。

現地の複数の証言で分かった。
建築技術者が耐震補強工事が必要と指摘したが、工事はなされなかった可能性が高い。
一方、クライストチャーチ市当局は前回地震後に点検し、ビルは安全と判断したという。

倒壊したCTVビルは1975年に建てられた。
ビル内にあったキングスエデュケーションで学んでいた多くの日本人留学生が生き埋めになっているとみられる。

CTVのアナウンサー、ロブ・コープウィリアムズさん(61)によると、昨年9月のマグニチュード(M)7.0の地震で、長いもので数メートルに及ぶひびが、室内の壁に何カ所もできた。

この地震ではCTVビルの裏側に隣接する3階建てビルも大きく損壊。昨年末から取り壊しが始まった。

CTVビルと壁が接触するような位置にあるビルを破壊するため、鉄球がぶつかるたびにCTVビルにも衝撃が伝わり、室内のひびが広がったという。
CTV社員はみな

「次に地震が来たらCTVビルが壊れるのではないか」
と心配していたという。
3階建てビルの取り壊しが終わったのは今回の地震の前日だったという。

キングスエデュケーションの留学生に部屋を貸している現地住民も

「窓枠がゆがんでいて、みな不安がっている」
などと聞かされた。
「建物の基礎がずれたのではないか」
と心配していたという。

CTVビル近くの建築関連企業の関係者によると、同社の建築技術者がビル管理者側の許可を得てビルを調査。

次の地震に備えて一部で補強工事が必要だと判断し、報告書を提出した。
だが管理者側は、工事を実施するために必要な詳細情報の提供を求めてこなかったという。

コープウィリアムズさんによると、補強工事はなかった。

「ビルのオーナーが大丈夫だと判断した、と聞かされた」
という。

米国の耐震設計会社が今回、現場に調査団を派遣した。
最高経営責任者の宮本英樹さんによると、倒壊したCTVビルのコンクリート片を調べると、中の鉄筋が現在の耐震基準で求められる量より少なかった、との報告が来たという。

地震後の市当局の耐震検査では、CTVビルは問題ないと判断されていた。

同市のボブ・パーカー市長は26日、記者団に対して

「(昨年9月の地震後に)検査を受けており、的確な結果が出ていると確信している」
と述べ、
「ひび割れがあったとは聞いていない。再度チェックした上で回答したい」
と話した。
(クライストチャーチ=上沢博之、長野剛、五十嵐大介)

これは結構問題になりそうな話ですね。

2月 27, 2011 at 10:11 午前 事故と社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)