« 2011年1月23日 - 2011年1月29日 | トップページ | 2011年2月6日 - 2011年2月12日 »

2011.02.05

もんじゅの事故は、回復できないと思う。

朝日新聞より「もんじゅの装置落下 復旧に9億4千万円

2011年2月5日7時31分

日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で燃料交換装置が炉内に落下したトラブルで、落下した装置を引き抜くための追加工事や試験などの復旧作業に、新たに約9億4千万円の追加費用がかかることが4日、わかった。

機構によると、1月28日にもんじゅの復旧作業について東芝と契約した。

復旧作業では、炉のふたにひっかかった燃料交換装置を取り外すのに必要な機器を新たに設計・製作したり、外した燃料交換装置を分解調査したりする。

もんじゅにはこれまで約9千億円の費用がかかっている。
運転開始後の1995年に冷却材のナトリウムが漏れる事故を起こした後、事故現場を撮ったビデオを改ざんしたことなどが発覚して批判を受け、長期間停止していた。

昨年5月に運転を再開したが、第1段階の試験終了後の8月末、燃料交換に使う「炉内中継装置」(重さ3.3トン)を原子炉に落とした。

装置の一部が落下の衝撃で膨らみ、ふたにひっかかって抜けなくなり、運転できない状態になっている。

次の段階の試験開始は2011年度中を目指すが、復旧作業に時間がかかるため、当初より半年ほど延びている。
(小堀龍之)

これはずいぶんひどい話で、「炉内中継装置のこれまでの状況及び今後の進め方(PDF)」独立行政法人日本原子力研究開発機構、に説明が出ていますが、なぜ落下したのか?というところがすごいです。

  1. 平成22年8月26日(水)14時48分頃、原子炉機器輸送ケーシングを用いて炉内中継装置を取り出す作業中、原子炉容器内より約2m吊り上げた時点で、炉内中継装置が落下した。
  2. 落下した原因は、爪開閉ロッドの回転により、グリッパの爪が正常に作動せず、つかみ不足により落下したものと推定。
  3. 作業を実施したところ、炉内中継装置が ・平成22年10月13日に炉内中継装置の引抜き引き抜けないことを確認。
  4. 引き抜けない原因は、落下時の衝撃により炉内中継装置の接続部で変形が生じ、燃料出入孔スリーブの入口部で接触しているためと推定。
  5. 炉内中継装置と燃料出入孔スリーブの一体引抜きによる炉内中継装置の引抜き復旧工事(準備含む)の方法を検討

PDFの図を見ると分かりますが、マシニングセンターなどの自動工具交換装置の考え方で出来ています。
しかし、爪が回転してしまう構造であり、それによって片吊状態になってしまった。
何でこの段階で停止する仕組みになっていないのかが理解し難いところです。

そもそも、まっすぐ引き抜く仕組みなのだから、穴の構造は基本的にはストレートか上開きであるべきところが、中に段差というか出っ張りがある。
そこに引っかかってしまって、それを無理に引っ張ったものだから変形してしまって、身動きできなくなってしまった。

そのために全体を引き抜く事になったという事のようです。

しかし、爪が回転すると開き角度が変わってしまう、といった危うい設計があっちこっちにあるとしか思えないのですから、今後順調に動くとは思えないです。

仕組みとして、国(独立法人)がやること自体に無理があるのではないかと思いますね。

2月 5, 2011 at 11:48 午前 もの作り | | コメント (3) | トラックバック (0)

青パト運用費としては、高すぎるのではないのか?

東京新聞より「「青パト」削減を中止 目黒区、殺傷事件を受け

2011年2月5日 07時07分

犯罪防止や安全対策で実施しているパトロール事業について、新年度から財政難に伴う縮小方針を決めていた東京都目黒区は、今年一月に区内で起きた夫婦殺傷事件を受けて方針を転換し、前年度並みを維持することにした。四日発表した二〇一一年度予算案に一億一千九百万円を計上した。

区は、防犯や安全対策のため、青色回転灯を付けた通称「青パト」の車で二十四時間、区内を巡回している。
○四年度からの事業で、本年度は全四台の車体を警察車両と同じ白黒に塗り替えて、犯罪抑止力の向上を図っていた。

一方で、区は○九年度の歳入が前年度から百億円も減少するなど財政が悪化。昨年十二月には新年度に向けた緊急財政対策として、三十六事業を廃止・縮小し、三十億円の財源を確保する方針を発表した。

この中でパトロール事業は、夜間・早朝時間帯の車を三から二台にして、一千万円を減額するはずだったが、一一年度は三台を維持し、不測の事態に備えて新たに全車両に刺股(さすまた)を配備することにした。

区は「財政は厳しいが、区民の不安に対応するため、緊急臨時的に予算を追加することにした」と説明している。
(東京新聞)

一件して美談のように見えますが、よくよく読むとかなり異様な話だと思えます。

夜間・早朝時間帯の車を三から二台にして、一千万円を減額するはずだった

つまり、夜間早朝の時間帯に、青パト一台を運用する経費が千万円だとなります。
要するに人件費ですよね。そして、3台が同時に動くとすると、夜間早朝で3千万円。もし、3交代制だとすると、9千万円。

青パト3台に年間1億円を使うのですか?
実際の予算計上は、1億1千900万円・・・・・。

どういう事なのでしょうか?
青パトは、結局は「火の用心」の巡回のようなものでしょう。それがこれほどの予算を投入しないと出来ないものなのか?
商店の配送車などが青パトをやっているところも多々あります。そういう形式で、これほどの費用が掛かるとは思えないし、そもそも作業効率として悪すぎるでしょう。
常識的には、直接運用費=人件費は300万円程度。多くて500万円で出来ると思います。

3台動かして、1億2千万円では自動車代が7%ぐらいにしかならない、6年も使う事にすれば、2%程度になってしまうでしょう。
一体どういう計算で、1億2千万円になるのだ?

2月 5, 2011 at 11:21 午前 国内の政治・行政・司法 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.04

IPv4 終了

読売新聞より「IPアドレス枯渇迫る、日本分10月在庫切れも

インターネット上の住所を示す現行のIPアドレス全43億個が、まもなく“枯渇”する。

世界各地のアドレス管理団体に対する最後の配分は4日未明にも終了し、日本の割り当て分は今年10月頃にも底をつく見通しだ。

接続事業者(プロバイダー)が新規ユーザー用に次世代アドレスの導入を進めているが、今後、ユーザー自身が端末の設定変更などを求められるケースもありそうだ。

1981年から使われ始めた現行のアドレスは数字の組み合わせで約43億通りあり、国際管理団体「ICANN」が世界5地域の管理団体を通じて配分してきた。

既に42億個以上が使用され、4日未明に配分される約8400万個で在庫切れとなる。

アジア・太平洋地域には約1680万個が割り当てられるが、中国で経済発展に伴い需要が高まっているほか、日本でもスマートフォンの普及などで必要数が増えていることから、10月頃にはなくなる見通しだ。

(2011年2月4日03時05分 読売新聞)

ずっと以前から指摘されていた問題ですが、現時に来ちゃいましたね。

色々な問題は指摘されていますが、現実にどのような事になるのか、ぢょっと注目している必要があるでしょう。

2月 4, 2011 at 08:13 午前 ネットワーク一般論 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.02.02

コースターの安全バーは期待に反していると思う

読売新聞より「安全バー確認は日頃から目視…聴取でバイト説明

東京都文京区の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」で会社員(34)が小型コースターから転落死した事故で、安全バーの固定状況を点検する担当だったアルバイトの女子大生が警視庁の事情聴取に対し、

「確認は日頃から目視で済ませていた」
と説明していることが、捜査関係者への取材でわかった。

遊園地を運営する東京ドーム社(文京区)は

「従業員にはバーを手で触って確認するよう指導していた」
としているが、同庁は、同社の安全教育が適切だったかどうかについても調べを進めている。

同庁幹部によると、女子大生は安全バーの固定状況を確認し、発車ボタンを押す業務を一人で担当していた。

同庁の事情聴取には、

「利用者の体格などによってバーの固定具合が不安な場合は手で触っていたが、それ以外は目視で済ませていた」
と話しているという。

(2011年2月2日03時04分 読売新聞)

この事件は、安全バーがロックされていなかったから、転落したという事なのですが、どういう機構になっていたのでしょうかね?

自動車などのシートベルトでも、うまく固定できない、外せない、ということが起きます。
これが、公開されているコースターなどではかなり難しい課題になります。

例えば、付ける方は手動で、開放する方は動力、という仕組みがありますが、動力で開くのであれば制御しているわけだから、当然ロックしているか否かをシステムで監視できます。

今回の事故では、係員の警察での証言では「固定具合が不安な場合は、手で触って確認していた」となっていますから、係員が手で触るとロック状態が確認出来るものだったとなりますが、ラッチが入る仕組みだったのでしょうか?
つまり、ドアのような仕組みで閉める時は勝手に閉まるが、開く時には何かひっぱるなどしないとロックが外れない。

ドアと同様であれば、確実に引っ張ってチェックするか?と言えば、それは信用できないですね。

いわゆるバカよけの考え方を採用して、インターロックを作動させておけば、発進する事が出来ないのだから、事故にはならないでしょう。
被害者は、どうも「安全装置で機械的にチェックされていて、安全バーが降りていない時には、発進しないだろう」と期待していたのではないかと思われます。

遊園地の安全装置に、チェックミスを見逃すような機構を採用していたこと自体が、安全設計という観点では過失よりもむしろ故意に近いのではないのか?と思います。

2月 2, 2011 at 10:29 午前 もの作り | | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.01.30

非行の増加じゃなくて、善行の減少が大問題だ

東京新聞より「少年非行、減っているのに… 「増加と感じる」75%

2011年1月30日 朝刊

少年の刑法犯が減り続け、周囲で子どもの非行をあまり見聞きしていないのに、少年非行が「増えている」と感じている人が75・6%に上ることが二十九日、内閣府の世論調査から分かった。

非行の背景として、携帯電話やネットの普及で見知らぬ人が出会える環境があると回答した人は63・4%もいた。

内閣府によると、調査は昨年十一~十二月、全国の成人三千人を対象に面接形式で実施、千八百八十六人が答えた。

身の回りで実際に少年非行が起きていないと答えた人は44・3%で、二〇〇五年一月の前回調査の34・9%から10ポイント近く増加した。

〇五~〇九年に少年の刑法犯の摘発者数は三割近く減少したが、今回の調査で非行が「減っている」と答えた人は3%しかいなかった。

担当者は、テレビ、新聞などの影響で非行が深刻化しているとの認識が社会にあるとみている。

また、他人の子への無関心や地域のきずなが希薄化している社会風潮が問題だと六割近くの人が考えながら、約半数は問題行動を見ても「見て見ぬふりをする」と答えている。

NPOの活動で多くの学校に行っていますが、問題があるとされる生徒の学校内の行動でも「問題なんて無いじゃないか」という感じです。

明らかに最近の少年たちはおとなしくなっています。

少年非行を増加と感じる人は、報道などによって感じるのでしょうが、内容がネット利用であったり、DVであったりと以前は見られなかった物が出てきたから、その部分だけを見て「増加した」と感じているのでしょう。
その点では、今回の調査の設問に問題があったのではないだろうか?
「少年非行が悪質化したが、件数は減った。 Yes or No」と聞けば、Yes の回答が多かったのではないだろうか?

むしろ、少年たちのあまりのおとなしさというか、萎縮が日本の脅威であると強く思います。

1月 30, 2011 at 11:16 午前 教育問題各種 | | コメント (0) | トラックバック (0)