« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »

2011.10.14

続・世田谷の不思議な放射線

「世田谷の不思議な放射線量」はラジウムの放置でした。
読売新聞より「世田谷の高放射線量…民家床下にラジウムか

東京都世田谷区の住宅街の区道で高い放射線量が検出された問題で、文部科学省は13日、区道に隣接する民家の床下にあった瓶の中の放射性物質が原因だったと発表した。

がん治療などに使われるラジウム226と推定され、鉛容器などに封入して安全対策を取った。

同省では「セシウムは検出されておらず、原発事故の影響ではない」としている。
同省や警視庁世田谷署は適切な届け出がされていなかった可能性があるとみており、保管状況の調査を急いでいる。

同省や区によると、民家の床下から見つかったのは、木箱の中に入った数十本の試験管のような瓶など。茶色に変色しており、中に白い粉状の物質が見えたという。
瓶の上で放射線量を調べると、胃のX線検診の1回分に相当する毎時600マイクロ・シーベルトだったという。

同省職員が鉛容器に入れて金属管で封入し、民家の敷地境界から離れた場所に置いた。

放射線量はこの日午前、敷地内の木の根元付近では同約8・40マイクロ・シーベルト、建物の壁面で同約18・6マイクロ・シーベルトが検出されたが、応急措置により、敷地と道路の境界付近の放射線量は同0・1~0・35マイクロ・シーベルトにまで下がったという。

同省の簡易検査の結果、ラジウム226とみられることが判明。
一般的に時計の文字盤などに塗る蛍光塗料や医療器具などに使われるという。

半減期は1620年。同省では「民家付近を歩いて通過する程度では、年間の被曝線量は1ミリ・シーベルト以下にとどまり、健康への影響を心配する状況にはない」とした。

(2011年10月14日03時05分 読売新聞)

さすがにこれにはいささか驚きました。
何十年か前には、ラジウム紛失や夜光塗料を塗る筆をなめて被爆、といった事件がありましたが、近年は聞いたことが無いし、そもそも床下に放置なんてのは昔から無かった。

こんなものを放置したけしからん奴がいたことには驚くし、探し出して調べるべきだろうと思う。
しかし、もっとビックリしたのは一部の人たちが、「国の責任だ」と喚いていることだ。

ある意味、プロパガンダとして振り上げた拳が下ろせなくなったからなのだろうが、どうも以下のような論理になったらしい。

  1. 国の放射線発表は信用できない。
  2. 世田谷区でホットスポットが見つかったのは、国が原発事故汚染の発表をごまかしている証拠
  3. ラジウムが見つかって、放置であることが明らかになったから、放置を見逃した国の責任
  4. 放射性物質の行方は国が完全に把握するべき
  5. 国に怒りをぶつける

普通に考えて、放置した個人の責任が優先だろう。
そりゃ国には管理する責任はあるが、事務処理の問題であって、日本中をくまなく放射線量測定する義務があると言うことなのか?
有名な話しであるが、ローマは日本の何倍もバックグラウンドの放射線量が多かった、おそらくは大理石の多用のためだろう。

どうも、ヒステリックに放射線量と騒いでいる人たちは、以前は放射線量が0だったと思いこんでいるのではないのだろうか?
放射線以外にも、重金属とか、有毒ガスとかは、火山などから放出されている。

だから、0であるべきだ論は意味がないのであって、健康被害がどのような仕組みで起きるのか?を理解する方が優先だ。

0であるべきだ論のような架空の話しを信じ込む人たちが、健康食品被害とか、カルト宗教被害とかに陥るのではないのか?と思ってしまう。

3月の時点で、多くの技術者が発言を抑制したと感じるし、わたし自身も抑えてしまった。
しかし、今振り返ってみるとそれゆえに、とんでもない発言が多数出てきたのに、評価されずに一人歩きしてしまったと感じる。
3月の時点で、多少とも考えている人たちは、世のために発言を増やして、科学的知識の平均値を維持するべきだったのではないのか?

なぜ、風評被害になるのか?と親しい知人の女性に聞いたら「なんとなく怖い」だそうだ。
これ自体はもっともだと思うが、判断基準の安全な方を0という現実的では無い物に置いているから、当該産地のデータが基準以下だと聞いて「ほら基準以下とは言え汚染されている。他の産地のは報告がないから汚染は0なのだ」ということになってしまうのだそうだ。

これでは、どうにもならない。

10月 14, 2011 at 09:45 午前 医療・生命・衛生 | | コメント (4) | トラックバック (0)

大王製紙元会長・特別背任で告訴?

毎日新聞より「大王製紙:元会長借り入れ問題 東京地検が本格捜査へ

総合製紙大手の大王製紙の井川意高(もとたか)元会長(47)が子会社から総額80億円超の資金を個人的に借り入れて辞任した問題で、東京地検特捜部は会社法違反(特別背任)の疑いで本格捜査に乗り出す方向で検討を始めた模様だ。

同社は9月、弁護士を中心にした特別調査委員会を設置して刑事告訴も視野に事実関係の解明を進めるとしており、オーナー企業トップによる巨額の借り入れが刑事事件に発展する可能性が出てきた。

井川元会長は大王製紙の創業者の孫。
07年6月から社長を務め今年6月に会長に就任したが、問題が発覚した9月に辞任した。

大王製紙の発表や関係者によると、井川元会長は子会社7社から10年度に約23億5000万円、今年4~9月に約60億円を借り入れた。
このうち約30億円は9月までに返済済みという。子会社7社側では、取締役会の決議や貸借契約書など必要な手続きを踏まずに多額の資金を貸し出していたケースが多数見つかったとされる。

大王製紙は9月7日に関連会社の総務担当から「オーナーへの貸し付けはいかがなものか」と内部通報のメールを受け、52の全子会社を調査。
聞き取り調査に井川元会長は借り入れの事実を認めたが、使途については「今は言えない」などと回答を拒んだという。

元会長辞任に伴い9月16日に記者会見した佐光正義社長は「オーナーだから貸したというのがあるかもしれない」などと説明。刑事告訴の可能性について言及していた。

毎日新聞 2011年10月14日 2時30分

この事件は、内部調査委員会が元会長に事情説明を求めていたが、元会長が拒否したから特別背任で告訴するという方向になったようです。

2ちゃんねるでは「お殿様」などと揶揄されていて、井川一族の動向は以前から問題視されていたようでもあります。

しかし、この元会長は東大法学部卒なんですよね。
それが、早い話が使い込みをやって、その上説明拒否で特別背任で告訴、ってどういう頭の構造をしているのだろう?

事件が解明されると、このバカ元会長の考えていたことも明らかになるのかもしれない、そっちの方が興味深い。

10月 14, 2011 at 09:05 午前 事件と裁判 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.13

東日本大震災・仙台で地滑りが収まらない

読売新聞より「仙台市丘陵部の住宅地、今も地滑り…京大調査

東日本大震災で地滑り被害があった仙台市丘陵部の住宅地で、震災から7か月たっても地滑りが続いていることが、京都大学防災研究所の調査で分かった。

余震や大雨の影響とみられるが、同研究所は「これほど長期間にわたる地滑りは異常」としている。

調査区域は1950~60年代に造成された同市太白区の「緑ヶ丘4丁目」(約200戸)。

震災後の市の調査によると、地滑りによりほぼ全戸が損壊した。同研究所斜面災害研究センターの釜井俊孝教授(地震学)は5月から、センサー付きの杭5本を宅地の中心部から半径50メートルの地点に打ち込み、水平面の変化を調査。7月上旬から10月6日までに地表が0・5度傾いたことを確認した。

(2011年10月13日07時22分 読売新聞)

ここは、海岸からは10キロ内陸の土地です。
いくら造成地とは言え、地震から半年過ぎても地滑りが収まらないというのは、何が起きているのか非常に気になります。

千年に一度の災害ではないようですが、仮に千年に一度のことであれば、今までのことを全部考え直すべきでしょう。
それが「今までと同じ」で続けているのは、かなりヘンだしそもそも千年に一度の抜本的改革のチャンスでもあるはずです。

元に戻すことを目的にするよりも、将来の目標をどんどん出していくことの方が大切ではないのか、と強く思います。

10月 13, 2011 at 11:00 午前 天災 | | コメント (1) | トラックバック (0)

世田谷の不思議な放射線量

NHKニュースより「世田谷区の道路で高い放射線量

10月12日 18時18分

今月初め、東京・世田谷区の区道で1時間当たり最大で2.7マイクロシーベルトという高い放射線量が検出され、世田谷区は、この場所に立ち入らないよう呼びかけるとともに今後の除染を検討しています。

高い放射線量が検出されたのは、世田谷区弦巻の区道の歩道部分です。
世田谷区によりますと、今月3日、区民から「放射線量が高い場所がある」という情報が寄せられたため、区が測定したところ、1時間当たり最大でおよそ2.8マイクロシーベルトと周辺に比べて高い放射線が検出されたということです。

このため高圧の洗浄器を使って歩道部分の洗浄を行いましたが、放射線量はあまり下がらず、1時間当たり最大で2.707マイクロシーベルトが検出されたということです。

原因について世田谷区が専門家に聞いたところ、問題の場所は雨水が集まって放射線量が高くなったことが考えられるということです。

この区道は小学校の通学路にもなっていることから、区は、12日朝からこの場所をコーンで囲って立ち入らないよう呼びかけるとともに今後の除染を検討しています。

世田谷区は、ことし7月から8月にかけて区内の小中学校や保育園、それに幼稚園で放射線量を測定しており、その際、高い放射線量は検出されていませんでした。

世田谷区は、子どもへの影響を重視し、今月下旬から来月下旬にかけて区内の砂場がある258か所の公園について調査することにしています。

東京・世田谷区で検出された1時間当たり2.7マイクロシーベルトという放射線量は、文部科学省が積算の放射線量を計算する際に用いている、1日のうち、屋外で8時間、屋内で16時間過ごすという条件で計算すると、1日の被ばく量が38.88マイクロシーベルト、1年間にすると14.2ミリシーベルトになります。

これは国が避難の目安としている年間の放射線量の20ミリシーベルトを下回っています。

計画的避難区域に指定されている福島県の飯舘村役場では、12日、移動式のモニタリングポストを使って計測された放射線量が1時間当たり2.1マイクロシーベルトで、世田谷区の値はこれよりもやや高くなっています。

首都圏では、比較的高い茨城県の北茨城市で、12日、0.14マイクロシーベルトが計測されています。

放射線影響研究所の長瀧重信元理事長は

「文部科学省などによる上空からの測定では、世田谷区では放射線量の高い場所は確認されなかったので、このような値が出たことに驚いている。
ただ、地形や天候の関係で局地的に高い線量になることはあり得ると思う。
周辺の土壌や草木などから放射性物質の種類を調べたり、どこから放射線が出ているのか調べて原因を突きとめるとともに、ほかにもこうした場所がないか調査する必要がある」
と話しています。

世田谷区環境総合対策室の斉藤洋子室長は

「現場は小学校の通学路で、近くには幼稚園や保育園もある。心配する保護者の方がいると思うので、専門家とも相談してできるだけ速やかに除染などの対応をとりたい」
と話していました。

NHKニュースより「世田谷 放射線量下がらず対応検討

10月13日 4時11分

東京・世田谷区の区道で、1時間当たり最大で2.7マイクロシーベルトという高い放射線量が検出されました。

世田谷区は、道路の表面を除染しても放射線量が下がらないため、専門家に相談して対応を決めることにしています。

世田谷区によりますと、高い放射線量が検出されたのは、世田谷区弦巻の区道の長さ10メートル、幅1メートルの歩道部分です。

区が今月4日に測定したところ、1時間当たり最大でおよそ2.8マイクロシーベルトと周辺に比べて特に高い放射線量が検出されたということです。

このため世田谷区は、高圧の洗浄器を使って道路の表面を洗浄しましたが、1時間当たり最大で2.707マイクロシーベルトと放射線量はあまり下がらなかったということです。
これは年間の放射線量に換算すると14.2ミリシーベルトで、国が避難の目安としている20ミリシーベルトを下回っていますが、計画的避難区域に指定されている福島県の飯舘村役場の12日の測定値よりもやや高くなっています。

この区道は、ふだんは小学校の通学路になっていて、近くに幼稚園もあることから、区はこの場所をコーンで囲って立ち入らないよう呼びかけています。

放射線量は、通常、汚染されている路面に近いほど数値が高く、路面から離れて高い場所で測ると低くなります。

ところが今回の場合、路面付近よりも50センチから1メートル離れた場所の方が高い数値が検出されたところもあるということです。

さらに道路の表面を除染しても放射線量が下がらないことから、世田谷区はどのように除染していくべきか、専門家に相談して今後の対応を決めることにしています。

テレビの画面を見ていただきたいのですが、文字通りの「10メートル×1メートル」の範囲だけなので、普通は雨で流された堆積物で高い放射線量を示した、と考えるわけですが道路表面を洗っても放射線量が下がらない、という不思議な結果が出ました。

そこで改めてテレビ画面をよくよく見てみると、歩道に民家の植木というか整理されていない植物がはみ出ています。
さらに地面よりも50センチ上の方が高く放射線レベルを示した、というのですからこの植物を調べる事が必要でしょう。

仮に、この植木?が原因で高い放射線量が出ていたとして、その理由が問題になりますね。
10倍程度は高いといって良いでしょうから、単なる誤差の範囲とも思えない。
もし、バラツキがこれほどあるのなら、もっと綿密な調査が必要だとなります。

どのような結論になるにしても、非常に重要な問題だと思います。

10月 13, 2011 at 09:49 午前 医療・生命・衛生 | | コメント (2) | トラックバック (0)