« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月3日 - 2011年7月9日 »

2011.06.29

もんじゅを運転するといっているのだが

中日新聞より「もんじゅ「出力試験遅れても」 石橋・敦賀本部長代理、中日福井支社で懇談

2011年6月28日

日本原子力研究開発機構の石橋達郎敦賀本部長代理が27日、福井市大手3丁目の中日新聞福井支社を訪れ、大河原保顧問と懇談した。

福島第1原発事故で日本の核燃料サイクル政策の見直し議論が避けられない情勢を踏まえ、本年度中を目指す高速増殖原型炉「もんじゅ」(敦賀市)の40%出力試験は「遅れてもやむを得ない」との見方を示した。

西川一誠知事が停止中原発の再稼働を容認していないことにも触れ

「軽水炉の安定した運転が再開されない限り、高速増殖炉はその先にあるもの」と見通した。もんじゅの年間維持費は140億~150億円が必要で、2012年度政府予算案の夏の概算要求も「どう扱われるか気になる」
と述べた。

24日に原子炉容器内から回収した炉内中継装置は

「今のところ外観上、異常はなかった」
と語った。

今後、約1カ月かけて装置や原子炉内の損傷の有無を確認する。

「(早ければ)秋には復旧できる。苦しい立場だが(40%出力試験に入れるよう)淡々と準備を進めるだけ」
と話した。 

  (尾嶋隆宏)

「今のところ外観上、異常はなかった」
ってそういう問題なのか?中継装置が落下したことが問題だし、取り出すのがこれほど大変だったことが問題だろう。

溶けているナトリウムのプールの中を細工するのには、不活性ガスでナトリウムの表面を覆って空気との接触をあゃだんしておこなうひつようがある。
もちろん、金属ナトリウムなのだから内部を光学的に見ることも難しい。

そんな事に機材を落とすというのは、いわば月面に忘れ物をしたようなもので、回収することが極めて困難なのに、落下させてしまったこと問題だろう。

だとすると、「回収したら無傷だった」なんて話はどうでも良いわけで、他にも落下氏ら回収するのに問題がある機材に何があるのか?が問題になるし、落下しないように対策せざるを得ないだろう。

そういった「対策」ができない限り、再度の落下は避けられないだろうし、その場合回収できないとか、高速増殖炉本体を破損するといったことになるかもしれない。

こんな事は誰でも考えつくことなのに、「復旧できる」とは何をどう復旧するのだろうか?
こんなバカなこと発言するような人物が仕切っていて、もんじゅがうまく可動するわけがないだろう。
さっさっと廃炉にしてしまえ。

6月 29, 2011 at 09:13 午前 もの作り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.28

高速逆走・確信犯?

サンケイ新聞より「上信越道で逆走トラック、1人死亡 群馬県警パトカーが追跡中

2011.6.28 09:55

28日午前0時45分ごろ、群馬県藤岡市篠塚の上信越自動車道上り車線で、パトカーに追跡され逆走した軽トラックが大型トラックと衝突、軽トラックが炎上し、中で1人が死亡した。
大型トラックの神奈川県愛川町の男性(40)も軽傷を負った。

死亡したのは男性とみられ、群馬県警が身元確認を急いでいる。

同県警によると、軽トラックは28日午前0時15分ごろ、群馬県渋川市内の市道で一時停止を怠ったとしてパトカーに停止を求められたが逃げ、渋川伊香保インターチェンジから関越道に入り、上り車線を走行。

埼玉県上里町の上里サービスエリアでUターンし、藤岡ジャンクションを経て現場まで約6・6キロを逆走した。

最初記事を読んだときには、何が起きたのか直感的には理解できませんでした。
落ち着いて読んでみると、次のようなことが起きたようです。

  1. 渋川伊香保インターから、関越道上り線を東京方面に向かった。
  2. 上里SAに入り、駐車場内でUターン。
  3. 関越道上り線を逆走して、新潟方面に向かった。
  4. 藤岡ジャンクションで、上信越道に向かった。
  5. 事故現場で正面衝突

簡単に書きましたが、藤岡ジャンクションで、上信越道に向かうために「右側に向かう」必要があります。
しかもこのあたりは、ものすごく幅が広いですから、直感に出来ないようにも思うのです。

一時停止を怠ったから、追跡されたという事ですが、パニックで衝動的に行動したのだとすると、こんなことができるのか?と思います。

それにしても、6.6キロの逆走を許したのは、問題ではないだろうか?
また、わたしが何度も書いているのだけど、錯誤による逆走を逆走しているドライバーに知らせても、止まらないだろうから、「逆走してくるぞ」と普通に走っているドライバーに通知する方が現実的ではないか?と思う。

こういう、おそらくは確信犯などに積極的に対応する方策を考えるべきだと思う。

6月 28, 2011 at 11:03 午前 事件と裁判 | | コメント (1) | トラックバック (0)