« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »

2011.04.04

鹿島港周辺の被害

毎日新聞より「東日本大震災:人工湾襲った「人災」 鹿島臨海工業地帯

鹿島臨海工業地帯は茨城県鹿嶋市と神栖市に広がる。東日本大震災の津波は、内陸を掘って造られた鹿島港に流れ込み、最奥部から住宅地にあふれ出た。

港のコンテナや周辺の車が巨大な鉄の塊と化し街を襲った。高い堤防もない。サイレンも壊れた。爪痕が残る現地を歩くと「津波被害は人災じゃないのか」と口にする被災者がいた。【立上修】

鹿島港は陸をY字形に掘り込んだ人工港湾だ。
鹿嶋市長栖地区(約300世帯)は、その北端から約500メートル先にある。北公共埠頭(ふとう)に置かれていた大量のコンテナが流されて散らばり、橋や建物などに遮られて残る。元々の海岸線からは約5キロの内陸だ。

「100年に1回かもしれないけど、港に4~5メートルの堤防があれば、こんな被害にはならなかった」。つなぎ姿で後片付けをする大川達也さん(64)が訴える。自宅の床上浸水は1メートルを超えた。65年に港の掘り込みが始まる前からここに住んでいる。「自然災害じゃなくて人災だよ。ドーンと津波っつうのは(鹿島の)陸(おか)では考えられなかった」

●県は浸水想定

07年3月に県が作製した「津波浸水想定区域図」がある。県史上最大の被害とされる延宝房総沖地震津波(1677年)のデータを基にしたシミュレーション図だ。埠頭部分に加えて、大川さん宅を含む古い集落がある長栖地区の一部が、浸水の予想範囲として色付けされている。

公表されているが、大川さんはその存在を知らなかったという。

津波とともに大川さん宅には乗用車13台も流れ着き、敷地内のクスノキの高い位置に傷を刻んだ。コンテナが直撃しなかったことが救いだ。津波が引いた田んぼにヘドロと塩水が残った。

「きれいに土を入れて種まきを日曜(3月13日)にやろうと思っていたのだが……。今年は稲作もできない」

●対策なお不明

鹿島港は、国の重要港湾に指定され、20万トン級の貨物船も接岸する。いま、損傷が少ない岸壁から応急復旧が進む。県港湾課の担当者の一人は「結果論からすれば、何か津波対策はできたかもしれない。どういう視点をどこまで具体的に持っておくのかは今も分からない」と話す。

岡村勝美さん(75)の2階建ての自宅も床上浸水し、地盤沈下で傾いていた。「ついのすみかにするつもり」と6年前、長栖地区に引っ越してきたという。

浸水想定区域図では色付けはない。「私たちはまだいい。災害としてあきらめないかんけど、年金がなくなったらお手上げ。いらん金が出ていくから不安ですよ」。その横で妻の節子さん(72)は、ゆっくりとうなずいていた。

鹿嶋市では防災無線が地震で壊れて使えなかった。サイレンは鳴らなかった。津波で70歳の男性1人が命を落としている。男性は電動車椅子を使って近隣地区から長栖地区の友人宅などを訪ねていたという。

毎日新聞 2011年4月4日 12時44分(最終更新 4月4日 14時11分)

一度だけ、思いついて神栖市役所のところまで行ったことがあります。
他にも、神栖市については井戸水から砒素が検出されたが、それが廃棄されたものだった、という中西準子先生のレポートなどを読んでいたので、なんとなく気にしている場所でした。

Up

中央の白い建物が、神栖市役所ですが巨大な池というか、小さな湖のような水路に面しています。
片側二車線の道は、市役所から離れたところを通っていますが、この道を走る間も「いかにも水郷」といった感じで、地面が水面に近いところです。

現地でははるか東北方向が、鹿島港であることは知っていましたが、あまり意識していませんでした。
それが

鹿嶋市長栖地区(約300世帯)は、その北端から約500メートル先にある。北公共埠頭(ふとう)に置かれていた大量のコンテナが流されて散らばり、橋や建物などに遮られて残る。元々の海岸線からは約5キロの内陸だ。
ということだから「どうなっているのだ?」とGoogle Earth を見てみました。
ご承知の方もいらっしゃるでしょうが、Google Earth は写真を被災状況に切り替えています。
鹿島港周辺の写真は、震災の翌日3月12日付けになっています。

Up1

写真の右端が、コンテナー埠頭で白い四角の物がコンテナーです。
これが、写真のあっちこっちに散らばっている。

どうやって片付けるのでしょうか?まあ、もう三週間ですから、片付けたのだろうとは思いますが、あんな巨大な物が流されてきたら、家も壊れてしまいます。

鹿島臨海工業地帯が、被害を受けたとは知っていましたが、このような事になっているとは、驚きました。

4月 4, 2011 at 07:41 午後 天災 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

東電は全く信用できない

テレビ朝日ニュースより「【原発】東京電力が会見で謝罪「判断が甘かった」

(04/03 00:21)

東京電力は、原発の海辺の確認をしていなかったことを明らかにして「判断が甘かった」と謝罪しました。

結局、流出元を突き止められても汚水を止めることはできませんでした。

3日朝になって、ようやく現地に水を止める専門家を送り込むということです。

また、東京電力は「電線が詰まっている管だったために、水が入っているとは思わなかった」とも釈明していますが、海への汚染水の流出が発覚してから1週間、その間もずっと放射性物質が海に垂れ流されてきたことになります。

そもそも、元々の水の出どころは、原子炉の水が流れ出ているとみられる2号機のタービン建屋の地下に管がつながっているとみられています。

その水を止めない限り、いくら穴をふさいでも限界がありますが、2号機の地下の水の排水も始まるめどが立っていません。

そして、建屋の水が汚染されていることで、肝心な原子炉の冷却システムの復旧作業は足踏み状態です。

事故発生から3週間を迎えて、事態はいまだに改善の兆しは見えていません。

東電は、全く調査をしていないように見えます。

因果関係を考えず、調査もせず、見つかったことに対してだけ対応しているわけで、これでは「子どもの使い」でしょう。

さっさと、米軍管理にでもしてしまった方が世界のためです。

「判断が甘かったと謝罪した」というのは、「判断していなかった」であって謝罪の対象ではないでしょう。
「甘い」というのは程度問題を指す言葉であって、なんにもやっていないことを指す言葉でない。
だから謝罪の対象にはならない。

ここまで、ひどいのは世界的にも珍しい事だ。
外国であれば、戒厳令でも出て来るのではないだろうか?

東電は、今後この事態が解決したときにどうなっている、と想定しているの聞いてみたいし、マスコミは取材する責任として追及するべきだ。

4月 3, 2011 at 10:23 午前 事故と社会 | | コメント (1) | トラックバック (0)

アメリカでの旅客機をめぐる事件

サンケイ新聞より「米機の天井に穴、急降下し、緊急着陸 乗員1人けが 雷か金属疲労か

2011.4.3 07:22

AP通信によると、米サウスウエスト航空のボーイング737が1日、米南部上空を飛行中、天井部分に突然穴が開き、機内の気圧が低下したためアリゾナ州の米軍基地に緊急着陸した。乗客乗員118人のうち、客室乗務員1人が軽傷を負った。

連邦捜査局(FBI)や運輸安全委員会(NTSB)によると、テロの可能性は低く、穴は雷か金属疲労が原因でできた可能性があるという。

同機は高度約1万1千メートルを飛行中、機体の天井部分に長さ約2メートルの裂け目のような穴が開いたため、3350メートルの高度まで急降下した。

同機はアリゾナ州フェニックスからカリフォルニア州サクラメントに向けて飛び立ったばかりで、機内は一時パニックになったという。

朝日新聞より「米航空機飛行中、天井に穴 緊急着陸 乗員1人軽傷

2011年4月3日5時6分

米アリゾナ州で1日、飛行中のサウスウエスト航空機(ボーイング737型)の天井に穴が空き、同州内の空港に緊急着陸した。米メディアによると、客室乗務員1人が軽傷、乗客118人にけがはなかった。

AP通信によると、同州フェニックス発カリフォルニア州サクラメント行きで、高度約1万8百メートルを飛行中、乗客が「銃声のような音」を聞いた。

機内の与圧が失われたため、同機は高度を約3千3百メートルまで下げた後に緊急着陸。着陸の瞬間、乗客から歓声が上がったという。

米メディアが伝えた写真では、天井に少なくとも数十センチ大の破れたような穴が空いているのがわかる。原因は不明だが、米連邦捜査局(FBI)はテロや犯罪行為ではない、としている。

サウスウエストは米国の格安航空会社で、事故機は同社が保有する最も古い機種。

CNN.co.jp より「飛行中の機内天井に穴、気圧減少で緊急着陸

2011.04.02 Sat posted at: 15:03 JST

(CNN) 米連邦航空局(FAA)は1日、格安航空大手サウスウェスト航空の旅客機がアリゾナ州上空を飛行中、機体天井に穴が開き、機内気圧が減少したため同州ユマにある米海兵隊空軍基地・国際空港に緊急着陸したと発表した。

機種はボーイング社製737型機の812便で、同州フェニックスを離陸し、カリフォルニア州サクラメントへ向かっていた。乗客の証言によると、気圧減少などは離陸から約35分後に発生した。

空軍基地には米東部時間の1日午後7時7分ごろに緊急着陸していた。

同航空は乗務員が機内上部に穴を発見したとの声明を発表した。乗客118人に負傷者はいないが、多数が急降下に伴う耳鳴りの症状を訴えたとし、乗務員1人が高度落下で軽傷を負ったと述べた。

FAAは気圧減少の原因は不明とし、機長は高度3万6000フィート(約1万973メートル)から1万1000フィートへの急降下を適切に切り抜けたと評価した。乗客によると気圧減少から1分弱で酸素マスクが降りてきたといい、乗客からも機長や乗務員の対応をたたえる声が出た。

座席番号11Cにいた乗客はCNNの取材に対し、

最初に3、4分間弾けた音がし、次に大きな爆発音が発生、機内の空気が外へ吸い出されるような状況だった
と証言した。
爆発音など聞こえたのは座席の約2.5列分の上部の天井としている。一部の乗客がパニック状態になり叫び声が上がったとも述べた。

後ろの機体天井に長さが3~4フィート(約90~120センチ)、幅1フィートの穴が開いているのを見付け、配線コードなどがむきだしになり、天井パネルが外れて上下に揺れていたとも証言した。

この事件は、動画投稿サイト LiveLeak で先に見ました。
Flight from Phoenix to Sacramento diverted, hole in the jet’s fuselage

しかし、この音声入りのビデオは、かなり事態が落ち着いた後に撮影されていて、天井が落ちてきた風にしか見えません。
また、酸素マスクも見えません。

つまり「穴が開いた」のは機内のパネルであって、そのサイズが2メートルぐらいのようです。
そして、報道では圧力減少があったから緊急降下した、とあるので与圧が破れたのも確かなようですが、機体そのものが部分的に破壊した、と言うほどではないように思えます。

ところが、CNN にはもっとトンでもないニュースが載っています。

CNN.co.jp より「米旅客機の機体に穴 客室から銃弾回収か

2011.03.30 Wed posted at: 11:22 JST

(CNN) 米ノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス空港で28日、着陸した旅客機の機体に穴が開いているのを操縦士が発見した。

政府当局者ら3人が29日、CNNに語ったところによると、外部から撃ち込まれた銃弾が貫通したとみられる

この旅客機はフィラデルフィア発のUSエアウェイズ1161便で、定員144人。定刻通り午後4時ごろに到着し、次の運航に向けた準備が行われていた。同社によると、機体後方の客室の窓の上に穴が開いているのを操縦士が発見したため運航を中止し、連邦捜査局(FBI)に通報したという。

情報筋によると、機内から銃弾1個が見つかった。乗客が降りた後で撃ち込まれたとみられる。当局者の1人は、テロとの関連はないとの見方を示している。銃声を聞いたとの報告はないという。

FBIは機体を捜査したうえで、28日中にUSエアウェイズに引き渡した。同社は独自の調査を実施中としている。運航再開に先立ち、連邦航空局(FAA)の検査を受けて認定を得る必要がある。

旅客機に銃弾を撃ち込むというのでは、危なくってしょうがないですね。

4月 3, 2011 at 10:06 午前 事故と社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)