« オリンパス・上場廃止向かう | トップページ | ロボットが来るよ »

2011.11.12

福島第一原発の壊れ方

FNNニュースより「原子炉の年内冷温停止を目指す福島第1原発を事故後初めて報道陣に公開

原発事故から8カ月がたち、原子炉の年内の冷温停止を目指す福島第1原発が、12日、事故後初めて報道陣に公開された。激しく壊れた原子炉建屋が、爆発の衝撃を物語っていた。

12日午前10時41分、報道陣が初めて福島第1原発の敷地内に入った。

汚染水処理のためのタンクが、たくさん並んでいた。

目の前に現れたのは、福島第1原発の1号機から4号機の原子炉建屋。
建屋が爆発によって大きく壊れているのが確認できた。

4号機は、燃料プールのクレーンなどが丸裸の状態となっていた。
1号機の建屋には、白い巨大なカバーがかけられ、その手前の2号機は建屋が残っているのがわかった。

しかし、3号機と4号機は依然、建屋の上の部分が爆発で跡形もないほど壊れたままで、爆発の衝撃がわかる。

さらに、原子炉建屋に向かい、海の方向へ進んでいくと、4号機のタービン建屋の前は、海側は津波で大きく壊れていた。

12日現在は、横転した車などが残っているものの、ある程度片づけが進んでいた。

2号機と3号機の近くでは、一時的に1時間あたり500マイクロシーベルト(μSv)を検出することもあった。

収束作業の最前線基地となっている免震重要棟では、外で作業を終えた作業員が放射性物質の測定を行う。

福島第1原発の吉田昌郎所長が、報道陣のインタビューに初めて応じた。
吉田所長は

「ご迷惑、ご不便おかけしましたことについて、心よりおわび申し上げたい。
極端なこと言うと、死ぬだろうと思ったことが数度ありました。
周辺の住民の方が安心していただける程度のプラント(原子炉)は安定している。
だけど作業するのは、まだまだ厳しい状況があると」
と話した。

(11/12 17:46 福島テレビ)

1分27秒あたりで、「、原子炉建屋に向かい、海の方向へ進んでいくと、4号機のタービン建屋の前は、海側は津波で大きく壊れていた。」というシーンがでてきますが、タービン建屋の鉄骨が曲がっている。

ここまで来るとどう考えても建物の問題ではなくて、津波が直撃するようなところにこんな重要な施設を作ったことが問題でしょう。

その意味では、日本にある原子力発電所のかなり多くが、失格ですね。

千年に一度の津波かもしれないけれど、今回の大被害に遭った範囲は、日本全体で見れば、1/10とか1/20でしょう。
つまり、千年に一度ではなくて、百年に一度とか、五十年に一度だとも言える。

ということは、千年に一度では全く不十分で、津波が到達していないことが歴史に確実に記録されているようなところにしか、原発は作る事が出来ない。と考えるべきでしょう。

弁護士会館で開かれたシンポジウムで配られた資料では、諸外国で原発を設置しているところのほとんどが地震がない地区になっています。
アメリカでは原発の設置されている地区が非常に偏っている。

日本は地震国であり、原発が多数ある国、という非常に珍しい事になっています。

津波だけに絞って考えると、30メートルの津波というのはたぶん無いでしょう。
10メートルだと確実にある、だから15メートルにしますというのではダメなのではないだろうか?
そして、無理に30メートルの防波堤を作るくらいなら、標高50メートルと行ったところに建設する方が実際的ではないだろうか?

原発建設のコストが上昇するのは当然だし、廃棄物処理のコストをどう見るのか?という問題もある。
果たして原発の高コストに日本は耐えることができるのだろうか?

11月 12, 2011 at 11:55 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/53229999

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発の壊れ方:

コメント

コメントを書く