« アマゾンという黒船 | トップページ | 安愚楽牧場・破算手続に »

2011.11.01

小金井ゴミ戦争に発展するのか?・その一つの結末か?

読売新聞より「小金井市長、ゴミ収集危機で引責…辞意表明

東京都小金井市の佐藤和雄市長(54)は1日、自らの選挙戦での言動をきっかけに、可燃ゴミ収集停止の恐れが出ている問題の責任を取る形で、市議会議長に辞表を提出した。

地方自治法では、市長が20日以内に退職する場合は議会の同意が必要と定めている。佐藤市長の辞職は、1日午後にも開かれる市議会で諮られる予定。

佐藤市長は今年4月の統一地方選で初当選。市長選の選挙公報などで、可燃ゴミの焼却を依頼している周辺自治体に支払うゴミの委託処理費の増加分について、「ムダ使い」などと指摘したため、周辺市の反発を招いた。今年度排出見通しの可燃ゴミのうち未契約だった約5500トンの搬出先がいまだ決まらず、今月半ばにも収集停止の恐れが出ていた。

(2011年11月1日14時41分 読売新聞)

近来まれに見るひどい話ですね。
「小金井ゴミ戦争に発展するのか?」に書きましたが、今年の春の統一地方選挙で、現職を破って市長に当選した人です。
近隣の自治体にゴミ処理費を支払って、なるべく早く新焼却場を完成させるという選挙せん当時の実情以外の選択肢があると公約したのでしょう?
だから、「ごみ処理4年間で20億円」が無駄だと選挙戦で述べた。

そして、現実にはゴミ処理自体が出来なくなりそうなところに追い込まれたから、辞職って何です?
市長として、任務を遂行しなさいよ。
口から出まかせをいって、当選したら「出来ません」とはあり得ない話しだ。

いわば、選挙詐欺だろう。

11月 1, 2011 at 04:31 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/53137075

この記事へのトラックバック一覧です: 小金井ゴミ戦争に発展するのか?・その一つの結末か?:

» 佐藤・小金井市長:辞意表明 ごみ問題、展望なく 「認識が甘かった」  トラックバック 自分なりの判断のご紹介
タイはほとんど全土が 洪水といえるありさま。 いにしえから、「政(まつりごと)」 については、仁徳天皇の「民の竈」 という言葉があるように、その基本は 民の暮らしを守ることです。 ところで、エジプト文明を はじめとする古代文明の いず... 続きを読む

受信: 2011/11/03 11:13:42

コメント

「口からでまかせを言って当選したらできません」は民主党じゃ普通のできごとになっちゃってますからねぇ。
むしろ、どうにもならない状態を受け止めて辞めることで進めるなら民主党よりマシと思えるってのがなんとも。

投稿: めいさいらっぱ | 2011/11/02 11:26:12

ほんと、ありえません…。
解決と引換えなら、まだ100歩譲って許せても
それすらありませんし…。


結局、この市長を選んだのは、市民。
有権者も反省と自覚が必要だなぁと思います。
ツケは自分にくる!という…当たり前なんですが…(;´∀`)

投稿: BiLLARS(ビラーズ)まとめ | 2011/11/03 1:32:55

Facebookで、
「やれない(かも知れない)ことを公約にするのがけしからんということだと、選挙という民主制度の否定ではないのか」
という指摘がありました。

わたしは、今回はこれに該当しないと考えて強く非難するところです。

多くの自治体で、現職の首長が抱えている難題を交代した首長が一気に解決した例は多々あります。
この種の問題解決で、一番多いのが「バランスをちょっと傾ける」でしょうね。

例えば、保育園問題では、地域の保育園を必要とする人口が変動するから、恒久的になってしまう公立保育園を作りにくい、といったことがあります。
東京都では、公立にこだわらず私立に補助金を出すことで、公立と同等の金額で保育園を利用できるようにしました。


公立であるべきを公立並みに変えたから出来た施策です。

このような首長の決断で変えられることは多数あるのは自明ですが、それが小金井市のゴミ処理問題に適用できるのか?

市長が選挙で公約したことは、周辺自治体にに依頼しているゴミ処理費用を削減できるでした。
普通に考えると、新規に建設するゴミ焼却場がいつ出来るのかに密接にリンクする問題ですが、じつはゴミ焼却場の新規着工自体に取りかかれていません。

そのような状況では、とりあえずといっても周辺自治体にお金を払ってゴミ焼却を依頼する以外の手があるのか?と誰でも思うところです。

この市長、当選した途端に主変自治体から「選挙公約はなんだ」とクレームを付けられて、いきなり謝った。
そもそも、ここから意味不明。

根拠も思惑もなく、いわゆるアドバルーンで言いたいことを言ったから、当選した。
という状況にしかならないでしょう。
これは、逆説的な意味で民主主義の破壊行為です。

投稿: 酔うぞ | 2011/11/03 11:03:21

水ヲチ掲示板に情報提供がありました。
公約がEMでは、当選前から破綻していたといえましょう。

投稿: mimon | 2011/11/04 1:54:03

コメントを書く