« 民法相続規定が改正か? | トップページ | 二足歩行台車 »

2011.10.05

安愚楽牧場・消費者庁の動き

読売新聞より「安愚楽牧場を消費者庁が調査、景表法違反の疑い

和牛オーナー制度で知られ、民事再生手続き中の「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市)について、景品表示法違反などの疑いがあるとみて、消費者庁が調査に乗り出したことが4日、わかった。

同庁は、行政処分の必要性を検討する。

被害対策弁護団などが、東日本大震災以後に同社の経営が悪化した後も新たな出資者を募っていたと指摘し、経営の実態解明を求めていることを受けた措置で、同庁は資料を分析するなどして、違法な勧誘などがなかったか調べる。

景品表示法は、商品の広告などで虚偽表示や誇大広告で不当に顧客を勧誘することを禁じている。

同社は、雌牛のオーナーを募って契約金を集め、直営や委託牧場で牛を飼育。
生まれた子牛を同社が買い取ることで高利回りを実現する金融商品として注目された。ところが、震災や原発事故などの影響で経営が悪化し、8月、民事再生法の適用を東京地裁に申請。
民間の信用調査機関によると、負債総額は約4300億円で、オーナーは全国約7万3000人に上る。

(2011年10月5日03時03分 読売新聞)

景品表示法違反って、潰れてから発動するというのはヘンでしょう。

景表法の考え方は、本質的に「表示だけがおかしい」ということだと考えます。
もしビジネス全体がインチキといった場合に、景表法で判断することは正しいのだろうか?

農水省に和牛預託商法の危険性を見逃したという不作為の過失責任がある、と見るのが妥当ではないのか?

10月 5, 2011 at 07:25 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52916576

この記事へのトラックバック一覧です: 安愚楽牧場・消費者庁の動き:

コメント

>景品表示法違反って、潰れてから発動するというのはヘンでしょう。

同感です。
何でこうなる前に早く発動してくれなかったのかと憤りを感じます。
それに行政処分になった場合、何か良い方向へ向かうのでしょうか?


投稿: powerpuff me | 2011/10/05 22:09:59

景表法の有利誤認条項ですよね。
普通に解釈すれば、出資者を一般消費者とみなすのは、難しいと思います。だから発動が遅れたのではないでしょうか。
知識・情報レベルとしては一般消費者なのに、事業活動をすると、なかなか法の保護が受けられないので、投資詐欺まがいの行為を規制しにくいのですよね。
景表法と独禁法の谷間みたいな所を埋める判例が引き出せたら、一歩前進すると思います。

投稿: mimon | 2011/10/06 2:39:58

コメントを書く