« 安愚楽牧場・消費者庁の動き | トップページ | 世田谷の不思議な放射線量 »

2011.10.05

二足歩行台車

NHKニュースより「2足歩行で荷物運ぶ ロボット開発

10月5日 16時51分

人が押すと2本の足で歩く「ロボット」を名古屋工業大学の研究グループが開発し、山の斜面や荒れた地面などでも楽に荷物を運ぶことができるとして実用化を目指しています。

名古屋工業大学の佐野明人教授らの研究グループが開発したロボットは、2本の足と荷台があり、人がつかんで押す取っ手が付いています。

通常、2足歩行のロボットは、センサーやコンピューターで体の重心を計算しながら歩きますが、今回のロボットは、モーターなどの動力も使わず、人が後ろから押す力と重力だけで2本の足を振り子のように交互に前に出して歩きます。

滑らかな歩行のため、足の関節には「ダンパー」と呼ばれる衝撃を吸収する材料が取り付けられ、関節を伸ばした状態で着地する際の衝撃を和らげ、反対の足がスムーズに前に出るようにしています。

10キロから20キロ程度の重さの荷物を運ぶことができ、10センチ程度の段差ならつまづくことはないということです。

研究グループによりますと、操作に慣れれば、山の斜面や荒れた地面でも楽に荷物を運ぶことができるということで、農地や工事現場での実用化を目指しています。

佐野教授は

「動力はなくても予想以上に軽い力で押すことができるので、省エネの時代に使える技術になるはずだ。いずれは農業の現場で高齢者が簡単に使えるように改良したい」
と話しています。

ぜひとも動画を見て下さい。

昔、おもりを机の端などから垂らすと、糸に引っ張れて歩くオモチャがありましたが、似たような原理ですね。

あまり広範囲なこと狙わなければ、実用になりそうな気がします。

人の足に付けて、ジャンプ力を飛躍的に高くする、カーボン製の板バネがありますが、この「ロボット」に付けたらおもしろそう。
しかし、「ロボット」はないだろう。一種の台車だろうけど、なんか名前考えるべきですな。

10月 5, 2011 at 07:34 午後 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52916631

この記事へのトラックバック一覧です: 二足歩行台車:

コメント

素晴らしいです。
「ねこぐるま」ってありますから、なんか動物の名前が欲しいですね。

投稿: お代官 | 2011/10/07 18:04:47

コメントを書く