« 東電OL殺人事件の再審の行方 | トップページ | 衆議院のシステムにアタック? »

2011.10.26

大王製紙元会長・特別背任で告訴?・その2

朝日新聞より「巨額借金、3月には把握 大王製紙役員、子会社に指摘

大王製紙(東証1部上場)の創業家出身の前会長・井川意高(もとたか)氏(47)による巨額借り入れ問題で、同社の経理担当役員が今年3月、前会長に貸し付けをした子会社の役員に対し、「顧問に伝えるべきだ」とする内容の電子メールを送っていたことが、同社関係者への取材でわかった。

顧問とは、前会長の父親の高雄(たかお)氏(74)。
メールは3月時点で同社幹部が多額の貸し付けを把握し、問題視したことを示す内容で、

「9月に関係会社から寄せられた情報で発覚した」
という同社の説明と食い違う。
3月に経営陣が適切に対処していれば、前会長への貸付額がさらに膨らむことを防げた可能性がある。

同社の発表などによると、前会長は9月までに7社以上の連結子会社から計約106億円を無担保で借り入れていたことが判明。
このうち約46億円は3月までに借り入れていた。しかし、結果として4月以降も子会社から前会長に約60億円の貸し付けが続いた。
前会長は子会社に「顧問には言わないでくれ」と口止めをしたうえで借金を申し込んでいたという。

結局は、経営陣が創業者一族の言いなりになっていた、ということになりますね。
それで、巨額借金がどういう用途に使われのか?については、共同通信より「カジノ口座に入金指示 子会社役員「逆らえない」

大王製紙の井川意高前会長(47)が子会社から100億円を超える資金を借り入れていた問題で、借入金の一部が子会社からカジノ運営会社の口座に直接入金されていたことが25日、関係者の話で分かった。

前会長の指示とみられ、既に捜査に着手した東京地検特捜部は借入金がカジノに使われていたことの裏付けとみている

また、子会社の役員が不透明な融資について、大王製紙の特別調査委員会の聞き取りに対し

「前会長には逆らえなかった」
との説明をしたことも新たに判明。

特別委は詰めの調査を進めており、週内にも結果をまとめ、刑事告訴する方針。

2011/10/26 05:21 【共同通信】

会社からカジノに直接送金って、いくら何でもひどすぎる。
送金した時点で、背任でしょう。
第一、カジノに送金できる会社というのがおかしい。

フタを開けてみたら、いろいろ出てきそうですね。

10月 26, 2011 at 08:52 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/53086515

この記事へのトラックバック一覧です: 大王製紙元会長・特別背任で告訴?・その2:

コメント

コメントを書く