« 安愚楽牧場・民事再生で清算はあり得ないだろう。 | トップページ | ニューデリーの高等裁判所で爆弾テロ »

2011.09.06

安愚楽牧場・民事再生手続開始決定

読売新聞より「安愚楽牧場の民事再生手続き、地裁が開始決定

和牛オーナー制度で知られる「安愚楽牧場」(栃木県那須塩原市)の経営破綻問題で、東京地裁は6日、同社に対する民事再生手続きの開始を決定した。

負債総額は、今年の企業倒産ででは最大規模の約4330億円に上るとみられる。

民事再生申立書などによると、このうち約4200億円が全国約7万3000人の和牛オーナーに対する債務。

破綻処理にあたっては、預託先の牧場などにいる牛を直ちに処分することが難しいため、形式上は事業存続を前提とした手続きを進め、最終的には会社を清算する方向。

同社のこれまでの説明では、所有する資産を売却して債権者への弁済に充てる。畜産事業では約40か所の直営牧場の牛や施設を引き受ける企業・団体を探し、ホテル事業などは施設を譲渡するという。

(2011年9月6日20時54分 読売新聞)

安愚楽牧場 責任追及を

和牛オーナー制度を運営していた安愚楽(あぐら)牧場(栃木県那須塩原市)が民事再生法の適用を申請した問題で、県弁護士会によるオーナー向け説明会が5日、神戸市中央区の県弁護士会館で行われた。

同弁護士会有志で結成した弁護団(団長=鈴木尉久(やすひさ)弁護士)が、オーナーやその家族ら約200人に弁護団の活動方針などを説明。オーナーからは役員らの責任追及を望む声が上がった。

弁護団の曽我智史弁護士が

「売り上げの8割はオーナーからの出資金で、解約が増えればいつ破綻してもおかしくなかった」
と指摘。
弁護団の役割を「実態解明」とし、役員らに対する民事訴訟や刑事告訴の可能性もあると述べた。

会場からは質問が相次いだ。

「破綻寸前にも勧誘しており、詐欺ではないか」
との質問には、曽我弁護士が
「役員が破綻を知りながら勧誘したのなら、損害賠償の請求も考えられる」
と回答。また、
「現時点でどれくらい弁済されるのか」
との問いには、
「再生計画案が作成されていないのでまだわからない」
と説明した。

妻がオーナーとして700万円出資したという川西市の男性(60)は

「完全な自転車操業だったと思う。粉飾決算などの不正がなかったのかを知るため、弁護団に協力するつもりだ。役員の責任追及に期待したい」
と話していた。

説明会は姫路市でも11日に行われる。問い合わせは、同弁護士会分館事務局(078・341・8227)。

(2011年9月6日 読売新聞)

負債総額、4330億円で、そのうち和牛オーナーへの債務が、4200億円。
これで倒産直前まで黒字だといっていたのですから、出資金を売上げにしていたわけです。

これは自転車操業以外の何者でもないわけで、実体は出資であるのに出資法を無視していた、となります。
仮に、4000億円を5万頭の牛の売却でまかなうとすると、一頭800万円となります。
牛一頭は、安愚楽牧場でも40万円で計算していたのですから、5%にしかならない。

どこをどうやると、これほどデタラメなことが出来るか、もっと早く農水省が警告を出すなどが出来なかったのか?
いかに私企業の暴走とは言え、ここまで巨大な事件になってしまっては、社会不安そのものであって、社会の安定こそが第一の使命である、行政に責任がないとなれば、何でもアリになってしまう。
行政にも結果責任を取らせるべきだ。

9月 6, 2011 at 09:29 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52664163

この記事へのトラックバック一覧です: 安愚楽牧場・民事再生手続開始決定:

コメント

コメントを書く