« やっと、小学2年生も35人学級にすると言うのだが | トップページ | 小金井ゴミ戦争に発展するのか? »

2011.09.18

航空管制官・いろいろ問題

毎日新聞より「管制官:相次ぐ不祥事 業務取り巻くさまざまな問題浮かぶ

空の安全を守る管制官の不祥事が相次いでいる。国土交通省は有識者で構成する「航空管制事務適正化検討委員会」を設け再発防止策の検討に乗り出したが、モラル低下の背景には管制業務を取り巻くさまざまな問題が浮かんできた。【川上晃弘】

「こんなに問題になるなんて思わなかった。驚いた」。
米大統領専用機「エアフォースワン」の飛行計画などをブログに掲載していたことが9日明らかになった羽田空港の50代管制官は、省内の調査にこう話したという。

国交省幹部は

「大変なことをしたという自覚がない。こんなところから教えなければいけないのか」
とため息をつく。

16日に開かれた検討委の4回目の会合。

「管制官へのコンプライアンス(法令順守)の徹底が必要だ」
「組織のあり方を見直さないと、また同じことが起こる」。
不祥事が続く理由について、各委員が問題点を挙げた。

検討委は全国の管制官645人にアンケートを実施し、571人から回答を得た。

「他の職員の安全意識や緊張感が希薄になっているか」との問いに34.5%が「しばしばある」「時々ある」と回答。
「私語が多い」「業務への慣れから緊張感が薄れている」といった記述もあった。
「組織の規律が緩んでいると感じるか」との質問には「大いに感じる」「時々感じる」が43.3%を占めた。

航空需要の高まりにより、国内の空港で管制官が離着陸などを指示、誘導する航空機の数は急増。94年に約333万9000機だったが08年には1.5倍の約511万8000機に。
この間、管制官の数は1666人から1978人と2割増どまり。
特に羽田空港の管制業務は激務で、1分30秒に1度のペースで離着陸する航空機を8人程度の管制官が取り仕切る。
検討委では委員から「人数を増やせないのか」との質問も出たが、公務員の定数は法律で決められており、同省幹部は「(他の部署よりは)優遇されている」と答えた。

「大多数はまじめに頑張っているが、仕事量が増えても給料は上がらず、不満を抱く同僚も少なくない」と話すのは羽田空港での勤務経験のある40代管制官。

羽田は24時間勤務で早番、遅番、夜勤、夜勤明け、公休、昼番が続き、土日の休みはほとんどない。

職場でも管制官以外との接触は乏しく、閉鎖的な人間関係になりがちという。

「こうした生活で常識的な感覚を失うことが背景の一つかもしれない」。コンコルドの飛行計画をコピーし記念に持ち帰った同僚もいた
と明かす。

航空評論家の清水喜由さんは「有資格者だけの特殊な世界。人事交流も少なく、なれ合いが起きやすい」と指摘。「大きな事故が起こる前に、外部の目できちんと監査できる体制を整えることが必要だ」と訴える。

ノンフィクション作家の柳田邦男さんはツイッターやブログによる不祥事が目立つことに注目。

「自分で気付かぬうちにネット世界に依存している人が増え、現実社会の常識やモラルが通用しなくなっている。越えてはいけない一線があいまいになり、結果として職業倫理に反する行為をしてしまったのではないか」
と話し、情報社会の進展を踏まえた規範作りを求める。

◇最近の管制官による主な不祥事◇

10年10月福岡航空交通管制部の管制官が職場体験中の中学生2人に無線交信を読み上げさせる
11年05月福岡空港の管制官が離着陸しようとしていた2機に対し、着陸と離陸を同時に許可
11年07月東京航空交通管制部の管制官が短文投稿サイト「ツイッター」で施設見学ツアーを企画していたことが発覚
11年09月羽田空港の管制官が米大統領専用機「エアフォースワン」などの飛行計画をブログに掲載していたことが発覚
20年09月那覇空港の管制官が業務中に居眠りし、12分間応答不能に

このニュースで分かることは、「航空管制情報漏洩事件・国交省のバカな決定」で述べたかったことを、事実として証明したと言えるでしょう。

だから、カメラの持ち込みを禁止しても、手書きでデータを持ち出す可能性はあるわけです。
職場から個人的に情報を持ち出しても構わないと思っているところが職業人失格でしょう。
一言で言えば最初から職業人失格な人がこういう専門職に就いている。

この問題は、別に航空管制官だけの問題ではなくて、職業人としての社会常識教育といったものは、社会に関わることで自然に理解しているはずだと思われているのですが、それが現実は違っていたということです。

子どもたちに職業講話(キャリアー教育)をする場合にも、実は先生が仕事とはどういうものなのかを教えることが出来るほど整理していない、ところに良く出っくわします。
子どもたち、今では学校の先生と自分の親ぐらいしか大人と話す機会がないとも言えるので、社会常識を教わる機会がないのが心配ですが、それ以前にいろいろな職場で社会的には非常識なことがまかり通っているのがまず問題ですね。

9月 18, 2011 at 05:09 午後 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52763729

この記事へのトラックバック一覧です: 航空管制官・いろいろ問題:

コメント

コメントを書く