« セシウム汚染除去技術 | トップページ | 安愚楽牧場・民事再生で清算はあり得ないだろう。 »

2011.09.02

安愚楽牧場・被害者説明会(東京)

全国安愚楽牧場被害対策弁護団(東京)の被害者説明会の手伝いをしてきました。

霞が関の弁護士会館の講堂クレオを仕切り無しで使って、3回の入れ替え制。
2000人以上は確実に参加していました。

クレオは定員800人ぐらいらしいのですが、

  1. 1回目 17:00~
  2. 2回目 18:20~
  3. 3回目 19:40~
で実施しました。

わたし自身は、15時に会場入りして、設営から手伝いましたが、1時間もしないうちに参加者が増えてきて、16時に入場を始めた頃には500人ぐらいが入場待ちしていました。

早めに来た参加者は、1時間以上も待ったことになりますが、17時に1回目が始まった時には、すでに2回目の参加者が一杯といった状況で、18時頃には弁護士会館前の歩道に長蛇の列が出来ていました。

非常に心配したのが、クレオは二階で一階への上り下りには階段を使わざる得ないので、転倒者が出たりすると大事故になる、と思っていましたが誘導が上手で全く心配なく進みました。

一回あたりの時間が1時間程度なので、若干の質疑応答あったものの、基本的には弁護団に参加するのための書類の作り方、その意味の説明といったところが中心でした。

被害者の方々が、弁護団に参加するかどうか?について、着手金が幾らぐらいになるのだろうか?と不安の声が飛び交っていますが、今日の説明で「弁護団としては着手金の額を、被害額の1%未満に抑えたい」との説明がありました。

弁護団への参加は、かなりの量の書類の提出が必要なのですが、一応のメドとして9月末を締切にしたい、との意向も発表されました。

もちろん、個別の事情で書類の完成が遅れるといった場合には個別に相談する、となっていますから、参加してみたいと思っている被害者の方は、「とりあえず参加の意思表明をする」事が重要かと思います。

9月 2, 2011 at 02:11 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52625491

この記事へのトラックバック一覧です: 安愚楽牧場・被害者説明会(東京):

» 経営破たんした「安愚楽牧場」の被害対策弁護団説明会に2,000人余りの出資者が参加 トラックバック 365日のうた
経営破たんした「安愚楽牧場」の被害対策弁護団説明会に 2,000人余りの出資者が参加 FNN(09/01 22:56)配信引用 損害賠償訴訟や、刑事告訴なども起こすということですかね。 だとすると弁護団に参加した人だけは多く弁済金が戻るかもしれないですね。 (隠し資産があればだ..... 続きを読む

受信: 2011/09/02 14:17:20

コメント

powerpuff meです。
いつもありがとうございます。

16時に既に500人くらいが待っていたなんて凄いですね。
遠方からも参加された方がいたと聞きました。

投稿: powerpuff me | 2011/09/02 2:48:07

コメントを書く