« 737の背面飛行 | トップページ | 民法相続規定が改正か? »

2011.09.30

茶のしずく石鹸・仙台地裁第一回口頭弁論

読売新聞より「茶のしずく訴訟、悠香側が原告の請求棄却求める

化粧品販売会社「悠香(ゆうか)」(福岡県大野城市)の「茶のしずく石鹸」による小麦アレルギー問題で、石鹸を使用した仙台市の女性が健康被害を受けたとして、同社を相手取り、慰謝料や治療費など約240万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が仙台地裁(近藤和久裁判官)であった。

同社側は、症状と石鹸使用との因果関係を明らかにするよう求める答弁書を提出し、請求棄却を求めた。

訴えによると、女性は2009年5月頃に石鹸を購入。使用を始めた数か月後に息苦しさや体の強いかゆみなどを感じ、医師から使用をやめても呼吸困難の発作を起こす恐れがあると診断された、としている。

悠香は10年12月、アレルギー症状を訴える利用者が相次いだため、小麦成分を含まない製品に切り替えたが、答弁書では

「使用でアレルギー体質になるという十分な科学的裏付けはなかったが、万一の事態を防止するために行った」
とした。

(2011年9月30日19時47分 読売新聞)

問題の石鹸(旧製品)による被害は、全国で被害対策弁護団が結成されているほどのものです。
「茶のしずく石鹸被害救済東京弁護団」HPより「全国弁護団情報


全国の弁護団情報

【札幌弁護団】
 連絡先 〒060-0042
            札幌市中央区大通西7丁目 ダヴィンチ札幌パークフロント9階
               はやみち法律事務所
           弁護士 道尻 豊
           FAX 011-261-6692
                     メールアドレス a06s23@hotmail.co.jp
 ご連絡は郵便,FAX,メールとさせていただき,電話によるご連絡はご容赦ください。

【仙台弁護団】
 連絡先 〒980-0803
        仙台市青葉区国分町一丁目3番20号 肴町ビル2階 仙台中央法律事務所
        弁護士 野呂 圭  弁護士 花生耕子
         FAX022-227-2294
         メールアドレス  UIN22235@nifty.com
 ご連絡は郵便,FAX,メールとさせていただき,電話によるご連絡はご容赦ください。

【埼玉弁護団】
 連絡先 〒330-0802
       さいたま市大宮区宮町2-10 尾熊ビル2階 つかさ総合法律事務所
        弁護士 渡邉 仁
        FAX048-648-0733
        メールアドレス  watanabe@tsukasa-law.net
 ご連絡は郵便,FAX,メールとさせていただき,電話によるご連絡はご容赦ください。
 埼玉弁護団は9月下旬に相談会を実施する予定です(9月24日予定)。

【東京弁護団】
 連絡先 〒160-0004
       東京都新宿区四谷2-4 久保ビル9階 四谷の森法律事務所
       弁護士 中村忠史
 ご連絡は郵便またはホームページのメールとさせていただきます。
       E.mail: info@chanoshizuku-kyuusai-tokyo.jp
 電話・FAXによるご連絡はご容赦ください。
 ホームページは「茶のしずく被害救済東京弁護団」と検索してもアクセスできます。
       http://chanoshizuku-kyuusai-tokyo.jp/ 
東京弁護団は次のとおり被害者を対象とした説明会を行います。
 目  的 ① 弁護団を結成した目的と今後の活動について
       ② 小麦アレルギーについての病状や治療について
       ③ 事業者に対する責任追及を行うための準備について
 日  時 9月10日(土)(3回とも内容は同じものです。)
       1回目 午前10時30分から午後0時00分
       2回目 午後 1時30分から午後3時00分
       3回目 午後 4時00分から午後5時30分
 場  所 東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル4階
         スター研修センター神田(4階H401号室)
 地  図 東京弁護団の説明会の地図は次のURLをクリックしてご確認ください。
        http://kanda-kc.net/access/img/kanda_mjap.jpg
 交通機関 都営新宿線「小川町」駅,地下鉄丸の内泉「淡路町」駅,地下鉄千代田線,「新お茶の水」駅のB6出口から,徒歩3分
        JR山手線「神田」駅,地下鉄銀座線「神田」駅から,徒歩6分
 参加費用 無料 ※事前の予約は不要です。

【神奈川弁護団】
 弁護団長 弁護士 芳野直子 事務局長 弁護士 沢井功雄
 連絡先  〒231-8873
          横浜市中区相生町1-15 第二東商ビル7階 横浜法律事務所
              弁護士 太田伊早子(担当)
              FAX045-662-6578
 ご連絡は郵便,FAXとさせていただき,電話によるご連絡はご容赦ください。

【愛知弁護団】

 連絡先 (以下のとおり,説明会の会場へ直接お越しください。)
 愛知弁護団は次のとおり被害者を対象とした説明会を行います。
 目  的 ① 弁護団を結成した目的と今後の活動について
       ② 小麦アレルギーについての説明
       ③ 事業者に対する責任追及を行うための準備について
 場  所 愛知県弁護士会5階
       〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目4番2号
 地図・アクセス http://www.aiben.jp/page/frombars/map.html
 日  時 9月6日(火)(2回とも内容は同じものです。)
       1回目 午後2時00分から午後4時00分まで
       2回目 午後6時00分から午後8時00分まで
 参加費用 無料

【大阪弁護団】
 弁護団長 弁護士 児玉憲夫 事務局長 弁護士 日高清司
 連絡先  ホームページ  http://www.chaben-osaka.com(9月1日開設予定)
       メールアドレス  info@chaben-osaka.com
 専用FAXは9月8日以降に開設予定です。
 大阪弁護団は次のとおり被害者を対象とした説明会を行います。
 場  所  大阪弁護士会館2階
         〒530-0047 大阪市北区西天満1丁目12番5号
 アクセス   http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/index.php
 日  時  9月7日(水)午後1時00分から午後3時00分まで
 参加費用 無料

【福岡弁護団】
 福岡弁護団は次のとおり被害者を対象とした説明会を行います。
 目  的 被害者への情報提供と弁護団の方針について
 日  時 9月30日(金)午後1時~
 場  所 アクロス福岡 国際会議場
         〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目1番1号
 参加費用 無料
 ホームページ  http://www.chanoshizuku-higai-fukuoka.net/index.html
   

被害とはなにか?については、「茶のしずく被害者福岡弁護団」のHPより「「茶のしずく石鹸」被害とは?」では次のように説明しています。

「茶のしずく石鹸」は,2004年3月から,株式会社悠香(本社:福岡県大野城市)が販売している薬用洗顔石鹸です。

通信販売で大ヒットしていました が,2010年12月までの商品に含まれていた小麦由来成分によるものと思われるアレルギー被害が拡大しています。

「茶のしずく石鹸」によるアレルギー症状には,顔や目の回りのかぶれといった皮膚障害のほか,全身のかゆみや呼吸困難など,重篤な症状となるケースも少なくありません。

急性アレルギー反応(ア ナフィラキシー)を発症して一時意識不明になった人も複数みられるようです。

厚生労働省によれば,アレルギー被害の原因は,2010年12月7日以前に販売された「茶のしずく石鹸」に含まれていた「グルパール19S」という加水分解コムギ末(水解コムギ末)であるとされています。
「グルパール19S」は,他の加水分解コムギと比べ分子量が大きいことから,免疫 反応を引き起こしやすく,皮膚などから体内に吸収されたことによって運動誘発小麦アレルギーを引き起こしたものと考えられています。

運動誘発性というのは, パン,うどん,パスタなどの小麦製品を食べた後,運動をすることによってアレルギー症状が発症する性質のあることを意味しています。

株式会社悠香は2010年12月8日以降に販売された「茶のしずく石鹸」から,一切の小麦由来成分を取り除いており,2011年5月20日から,2010年12月7日以前に製造販売された「茶のしずく石鹸」の自主回収を行っています。

少々乱暴な説明をすると、この石鹸によって小麦アレルギーになってしまうと、小麦を含む食品を食べると、アレルギー症状が発生してしまう、という一生涯の問題になる可能性があります。

そして、今回の仙台地裁での第一回口頭弁論になったわけですが、被告メーカー側は原告(被害者)に「因果関係の立証」を求めました。
一応、厚労省の見解が出ていますから、原告側はこれで十分という姿勢で裁判を進めるのではないか?と思いますが、いわゆる公害裁判などではかつて、被害者に立証を求める一方で、企業側が各種データを隠すといったことがありました。

現在法案提出が予定されている、集団的消費者被害救済では、対象になりうる事件です。
このような状況の現在時点で、「原告(被害者)に被害原因の証明を求める」といった手法が通用するものかどうかを注目したいと思います。

9月 30, 2011 at 09:12 午後 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52873595

この記事へのトラックバック一覧です: 茶のしずく石鹸・仙台地裁第一回口頭弁論:

» 「茶のしずく石鹸」訴訟。会社側は”全面的に争う姿勢”を見せた模様。 謝ってもいないらしい。 トラックバック 【2chまとめ】ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/06/04(月) 18:43:22.19 ID:C1LCYdR10 ?2BP(1002)「茶のしずく石鹸」をめぐり、全国の消費者が販売元などを訴えた裁判の審理が東京地裁で始まり、販...... 続きを読む

受信: 2012/06/04 21:03:12

コメント

念のため、リウマチ・アレルギー情報センターの専用ページです。
国センの「小麦加水分解物を含有する「旧茶のしずく石鹸」(2010年12月7日以前の販売分)による危害状況について」です。
因果関係の立証は、医師の鑑別で十分すぎるくらいだと思います。

投稿: mimon | 2011/10/01 2:21:47

コメントを書く