« 安愚楽牧場・負債総額4330億円 | トップページ | 安愚楽牧場・あり得ない高利回り »

2011.08.16

安愚楽牧場・清算するという

朝日新聞より「安愚楽牧場、存続させず清算の方針

「和牛オーナー制度」を運営する安愚楽(あぐら)牧場(本社・栃木県)の経営が行き詰まった問題で、民事再生法の適用を東京地裁に申請している同社は、最終的に会社を存続させずに清算する方針であることがわかった。

同社が申し立てた負債額は4330億円で、約7万3千人のオーナーには出資額の10分の1以下しか返せない見込みとしている。

民間の信用調査会社東京商工リサーチによると、負債額は「今年の倒産で最大」という。

今月9日に東京地裁に提出された申請書によると、同社は、会社を清算する方針にもかかわらず、破産手続きではなく再生を目指す手続きを選んだのは「管理する和牛14万6千頭の存命を優先する必要があるから」と説明。

牛の飼育を約380の牧場で当面続けるには、えさを取引先から購入したり、従業員を雇い続けたりする必要があることを挙げ、「様々な混乱を回避するため」としている。

申請書で同社は、オーナーら債権者への弁済については、同社や子会社が運営する牧場や食品加工事業、ホテル事業といった資産を売却した代金を充てる、と説明している。

和牛14万6千頭は、食用牛全体の1割、和牛子牛だけだと50%に近い、膨大であることは確かなのですが、意外なほど低価格で42万円程度です。
指定市場における子牛価格の推移

一頭40万円として、14万6千頭では、584億円になります。
確かに、全部を売却しても「1割程度しか返済できない」ですね。」

しかしここまで明々白々に破たんしている事業に「出資」が集まる理由は他にあるでしょう。
一言で言えば「実情を隠すか、ごまかして出資を募っていた」でしょう。
出資法違反ではないでしょうかね?

8月 16, 2011 at 09:16 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52487465

この記事へのトラックバック一覧です: 安愚楽牧場・清算するという:

コメント

本当のところはよくわかりませんが、おそらく安愚楽の金融手法になにか隠されたものがあるのではないかと思います。

投稿: れ投資家 | 2011/08/16 14:56:07

コメントを書く