« 神世界・組織犯罪処罰法で逮捕状 | トップページ | 陽電子頭脳誕生? »

2011.08.19

安愚楽牧場・被害の形

サンケイ新聞より「平均出資額は574万円 安愚楽牧場、最高3億円

2011.8.18 19:27

和牛オーナー制度を運営し、東京地裁に民事再生法の適用を申請した畜産会社、安愚楽牧場(栃木県)について、東京商工リサーチは18日、オーナー制度を利用して出資した7万3356人の平均出資額が574万円だったとする調査結果を発表した。

牧場側が提出した「民事再生手続開始申立書」を東京商工リサーチが分析、集計。
1人当たりの出資額の最高は3億500万円だった。1億円以上出資した人が135人いたが、1千万円未満が全体の84%と大部分を占めた。

出資者を都道府県別で見ると、東京(1万1740人)が最も多く、神奈川(9103人)、埼玉(6341人)、千葉(5220人)の首都圏各県が続いた。

愛知(4726人)と大阪(4180人)もそれぞれ5位と6位に入り、出資者が大都市圏に集中していた実態が浮かび上がった。

総数が7万3356人で、1億円以上出資した人が135人ですから、人数の比率は0.18%
出資総額が4210億円で、135人はだいたい150億円程度を出資していますから、3.2%を出資したことになります。

一千万円未満の出資者が、84%ですから、6万1千人程度となります。
従って、1万2千二百人程度が、一千万円~一億円の出資者となります。平均値を三千万円と仮定すると、3660億円となります。
17%ぐらいの人で、少なくとも1/3~1/2程度の出資をしていた計算になります。

朝日新聞より「安愚楽牧場関係の相談殺到 相談者の契約額平均1千万円

「和牛オーナー制度」が行き詰まり、民事再生法の適用を申請した安愚楽(あぐら)牧場(本社・栃木県)に関する相談が急増している。
国民生活センターの18日のまとめでは、経営状況の悪化が報じられた8月に入ってから、全国の消費生活センターに寄せられた相談は734件。相談者の契約金額は平均1067万円だった。

安愚楽牧場に関する相談は2006年度以降に926件あり、今年8月分だけで8割を占める。
多くが「経営が傾いていると聞いたが、どうしたらよいか」などの不安の声だ。
なかには1億円以上にのぼる契約をした人もいたという。

「全国安愚楽牧場被害対策弁護団」(団長・紀藤正樹弁護士)では、電話相談(03・3261・3026/平日午前11時~午後4時)も受け付けている。国民生活センターは「全国の消費生活センターでも被害弁護団の情報は把握しているので、問い合わせてほしい」と呼びかけている。

19日には、東京・両国国技館で午後1時と午後6時の2回、同社の債権者説明会が開かれる。

一千万円以上に限定しても、一万2千人以上なのですから、相談の電話がつながらないのも当然ですね。

8月 19, 2011 at 09:30 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52511947

この記事へのトラックバック一覧です: 安愚楽牧場・被害の形:

コメント

1万2千人では電話が10台あっても足りませんね。この事件の大きさがうかがわれます。

投稿: れ投資家 | 2011/08/19 14:49:43

コメントを書く