« 中国・高速鉄道追突その2 | トップページ | 首相も経産相も役所も、現在の状況に適応できない。 »

2011.07.26

中国の高速鉄道、日本の原発

毎日新聞より「中国高速鉄道:早期「幕引き」に反発強まる

【温州(中国浙江省)隅俊之】
中国浙江省温州市で23日に起きた高速鉄道事故で、中国当局が事故車両を埋めたり、事故から1日半で運転を再開したりしたことに大惨事の「幕引き」を急ごうとしているとの反発が中国国内で強まっている。

救助活動が打ち切られた後の24日夕、車両から2歳の女児が見つかったことにも「救助活動の打ち切りが早過ぎた」との批判が出ている。

中国メディアによると、中国当局は24日朝の時点で「車両内からの生命反応はない」と発表。生存者がいる可能性は低いとして大規模な救助活動を打ち切り、重機を使った車両の撤去作業に重点が移された。
だが24日夕、追突されて高架橋にとどまっていた列車の最後尾車両で、救助隊員が車体を解体しながら遺体を収容した際、わずかに動く女児の手を見つけ、事故発生から約20時間ぶりに救出したという。

新華社電によると、事故の死者は25日夜までに39人に達した。

中国当局が早期の事態収拾を図ろうとする背景には、高速鉄道の信頼回復を急ぐ必要性に迫られている事情があるとみられる。
鉄道省の王勇平報道官は24日の記者会見で、「事故は国内的にも国際的にも重大な影響をもたらした」と認める一方で、「中国の高速鉄道の技術は先進的で我々は自信を持っている」と強調した。

毎日新聞 2011年7月26日 1時41分(最終更新 7月26日 9時18分)

原因も明らかでなく、世界初の高速鉄道の追突事故を起こしたのに、「中国の高速鉄道の技術は先進的で我々は自信を持っていると言われても滑稽に感じてしまいますが、日本でも3月11日以来の「安全です」発表は主にアメリカの現場などから、強く非難されていました。

日本は中国政府などを批判できる立場にはありません。

正に「人の振り見て我が振り直せ」そのものでありましょう。

7月 26, 2011 at 12:30 午後 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52312521

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の高速鉄道、日本の原発:

コメント

コメントを書く