« 中国の高速鉄道、日本の原発 | トップページ | 軽率ツイートって、そういう問題か? »

2011.07.26

首相も経産相も役所も、現在の状況に適応できない。

毎日新聞より「海江田経産相:電力需給情報開示 首相との相互不信に拍車

海江田万里経済産業相は25日の参院予算委員会で、菅直人首相が経産省に対し電力需給に関するすべての情報を開示するよう文書で求めたことについて「持っている情報を隠し立てしたことは一度もない」と批判した。

外部からの情報公開請求に担当府省が応じないケースがしばしば問題になるが、首相が特定の府省に情報開示の指示文書を突きつけるのは異例。
電力不足が全国的に広がるなかで、所管大臣の海江田氏と首相との相互不信に拍車がかかっている。

問題の文書は首相が内閣官房の国家戦略室に指示して作成させた。「脱原発」を打ち出した首相は民間企業の自家発電や水力発電による「埋蔵電力」を需給計画に組み込みたい考え。経産省が「自家発電の余剰分は160万キロワット」と報告すると、首相は「そんなに少ないはずがない」と激怒し、詳細なデータを提出するよう求めた。

「経産省から話を聞く中で明確にならなかった点について、国家戦略室のスタッフがもう少し具体的に示してもらいたいとの趣旨で出した」

首相は25日の参院予算委で、情報開示を求めた経緯を説明したが、背景に官民挙げて原発を推進してきた経産省への不信感があるのは明らか。同省内からは「どうすれば信じてくれるのか分からない」との不満も漏れる。

海江田氏は答弁で「(指示を)文書でいただいたが、これまでと同じようにしっかりと(情報を)出すつもりだ」と情報隠しを強く否定。加藤修一氏(公明)が「隠し玉、埋蔵電力はないのか」とただすと、「そういう言葉を使う人の中には、何か隠しているんじゃないかという思いがあって使う人がいる」と述べ、経産省の報告を信用しない首相の姿勢を暗に批判した。

海江田氏は九州電力玄海原発の再稼働を首相に止められ、「いずれ責任を取る」と辞任の可能性も示唆。首相はその後も政府内調整なしの「脱原発」会見など海江田氏の面目をつぶすような振る舞いを続けており、野党は「閣内の意思疎通が全くとれていない」と政権批判を一層強めている。【西田進一郎】

経産省が「自家発電の余剰分は160万キロワット」と報告すると、首相は「そんなに少ないはずがない」と激怒し、詳細なデータを提出するよう求めた。

こんな具合に「怒って」も意味無いでしょう。

この問題に直結するのか分かりませんが、日本では行政というか日本国の運営自体が、縦型というかカスケード構造を良しとしていて、平行して別のところで同じことをする、という仕組み自体がありません。
仮にそういう仕組みを作っても「上なのか下なのか」とやってしまう。

原発問題を例にしても、「推進するのか、廃止するのか」という白黒しかない、のは日本全体に広がっている構図です。

これ自体は決定の問題だから良いように見えますが、代替案といったものやメリット対デメリットといったものを総合して考える機能自体が無くなってしまっている。

そこらを総合的に考えよう、と近年注目されているのが畑村先生の「失敗学」とか、中西準子先生の「リスクマネジメント」でしょう。

では、今までの行政ではこのような事を全くやっていなかったのか?と言うと、じつはお役人は非常に有能なので「全く正反対の報告書を作れる」などと以前から言われていました。
いかにも、日本的なさじ加減の世界だったのだな、と感じます。

こんな、いい加減なことをやっているから、公害問題についての広範囲な検討も、何年経っても変わらない。
同じことを繰り返しています。

そうこうしているうちに、どんどんと「有用だ」とされるものだけが残って、それ以外消えていくからますます社会は余裕が無くなってくる。

わたし自身は、「反団地運動」を展開するべきだと思っています。

団地といっても住宅団地だけを指すのではなく、工業団地なども対象にします。

大昔の事になりますが「杉並ゴミ戦争」というのがありました。
これは、本質的に「自宅のそばにゴミ処理工場を置くな」というもので、「そばに置くな」だから「他所に持っていけ」これでは、衝突になって当然でなぜその当然のことが大運動に出来たのかが今でも不思議です。

幼稚園児のいる家庭は、近くに幼稚園が必要と言い、病院や葬儀場などを嫌悪する傾向があります。
これが、高齢者の多い地区になると、幼稚園はうるさいと嫌われます。

この事自体は、当たり前ですが団地化すると年代が揃ってしまいます。つまり社会が単純化します。
団地化の目的は、単純化によってコストダウンを図るもので、言葉を変えれば「問題の先送り」でありましょう。

社会は多様化していて当然であって、商店街、住宅、工場、農場、病院、葬祭場、刑務所、学校などが同一地区にある方が本来の社会のあり方である、と思っています。

首相と経産相のケンカは、単純化しすぎの社会にしか適応できない人たちの、バカなケンカなのだと思います。

7月 26, 2011 at 01:07 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52312727

この記事へのトラックバック一覧です: 首相も経産相も役所も、現在の状況に適応できない。:

コメント

コメントを書く