« 中国・高速旅客鉄道追突 | トップページ | 中国の高速鉄道、日本の原発 »

2011.07.25

中国・高速鉄道追突その2

朝日新聞より「事故車両の運転席、当局が現場の穴に埋める 中国脱線

中国浙江省で23日夜に起きた高速鉄道の追突・脱線事故から一夜明けた24日早朝、中国当局は、追突したとみられる車両の運転席部分を、現場に掘った穴に埋めてしまった。

事故から約半日後の24日午前4時半過ぎ、現場に入った記者が一部始終を目撃した。

夜明け前。現場では、落下した1両の車体が、一部は地面に突き刺さり、高架に寄りかかるように立っていた。

わきの地面の上では、追突した後続列車とみられる先頭車両が、真っ二つになっていた。切断部分は鉄板や部品がめくれ、後ろ半分は原形をとどめていなかった。

空が明るくなり始めた午前6時ごろ、7台のショベルカーがすぐ横の野菜畑に穴を掘り始めた。

深さ4~5メートル、幅も約20メートルと大きい。

午前7時半過ぎ、ショベルカーがアームを振り下ろし、大破した先頭車両を砕き始めた。

計器が詰まっている運転席も壊した。
そして残骸を、廃棄物のように穴の中に押しやってしまった。(温州=奥寺淳)

なんともすごい話で、日本も事故原因調査という点では誉められたものではないのですが、調査しないことを前提に後処理をするというのでは、どこにも通用しません。

時刻表では、追突した列車が先に通過しているはずなのだそうで、どうも一体化した運行管理をしていないのではないのか?という印象が強いです。

同じ線路上を走っている列車の片方が、落雷で停車したのに速度を落とさないで追突した列車が走っていた、ということ自体が普通はあり得ません。
また、そもそも列車の無線通信はどうなっていたのか?

ひょっとすると、列車がどこを走っているのか?というデータがどこにも無い、つまり「予定しかない」管理体制であったのではないのか?と疑われます。

7月 25, 2011 at 08:45 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52301241

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・高速鉄道追突その2:

コメント

何やってんだろネ、埋めたり掘り返したりあの慌て様は。事故の発生、現場保存、原因調査、対策の実行が普通の手順なのだが、その手順を終えないですぐに列車を走らせるなんて私だったら怖くて乗れないね。

投稿: テスラ | 2011/07/26 22:06:56

コメントを書く