« 海江田妄言大臣は解任しかない | トップページ | 中国・高速旅客鉄道追突 »

2011.07.24

オスロの大量殺人事件

朝日新聞より「「お前らを守るために来た」呼びかけた後に容疑者乱射

与党・労働党が青年集会を開いた島には、約600人の支持者らが集まっていた。参加者たちは発生したばかりのオスロ爆弾事件のニュースを不安げに語り始めていたという。そこに警察官姿のブレイビク容疑者が現れた。

ノルウェー赤十字の関係者によると、容疑者はテロ対策担当を名乗り、マシンガンや短銃で武装。
島の施設のメーンホールに若者を集めると、突然銃撃を始めたという。
少年たちが左右に分かれて逃げると、片側の集団はほぼ皆殺しにされ、泳いで逃げようとする人も発砲を受けた。

警察によると、乱射は約1時間半に及んだという。

集会に参加していたトールビョルン・ベールアイダさん(22)は朝日新聞の取材に、

「男は『お前らを守るために来たんだ。みんな出てこい』と呼びかけていた。
銃を向けられ、弾丸がすぐ横の集団に当たるのを見た。
撃つときに何も気にかけていないようだった。
全員が2回は撃たれるように、確かめているようだった」
と語った。
水中に身を隠して逃れたという。

エリック・キューシャガールさん(18)は

「女の子が泣いているのをみて、乱射に気が付いた。発砲音は静かで、ゲームかと思うほどだった。
みんな崖や林に隠れようとした。崖で男が20~30人に発砲するのをみた。
僕も水中に飛び込んで、途中のフィヨルドまで泳いだ。足がつって泳げなくなったけど、ボートに助けられた」
と語った。

集会を主催した労働党のステイン・ハネイム議員(27)は英BBCに

「彼はとても冷静な感じで、自分が何をしているのか理解しているようだった。島中を歩き回って何も話さずに銃を撃ち続けた」。
島の学校にあったベッドの下に2時間潜んでいた女性は、銃撃音がだんだん近くに迫ってくるのを聞いた。
「隣の教室に逃げた人は混乱して叫び声を上げていた。もうダメかと思った」と英スカイニュースに語った。

集会に参加した多くが14~18歳の若者だった。

事件の後しばらくしてもショック状態の人が多く、「今日のテレビは何をやっているのか」などと、事件と関係のない話題を話したがる子もいるという。

行方不明者もかなりの数に上っており、捜索隊が水中で捜しているという。

島のある湖の近くに住むメッテ・ヘイエルさん(56)は、集会に参加していた親類の娘ユーリアさん(16)が、約700メートル泳いで難を逃れたという。
「近所でこんなひどい事件が起きるなんて、考えられない」と憤りをあらわにした。

乱射事件の2時間前には、オスロ中心部が恐怖に包まれていた。22日午後3時半ごろだった。

「ドーンと大きな音がして、地震かと思うほど建物が揺れた」。近くにいた市民は口をそろえる。政府庁舎のすぐ外で起きた爆発の衝撃はすさまじかった。

現場から約200メートル離れた路上にいた出版会社員のベルガーさん(28)は爆風で自転車から振り落とされそうになった。店舗のガラスが砕け、いっせいに人が飛び出してきた。

泣き叫ぶ声、携帯電話で家族の安否を確認する人、片腕を吹き飛ばされて血を流す男性。数百人が走って逃げていた。元カメラマンのアンドレアスさん(35)は政府庁舎前で、犯行に使われたと見られる焼けこげた車が転がっているのを見た。男性が血まみれの女性に心臓マッサージをしたが、目を見開いたまま息絶えたようだった。

近くのホテルで仮眠を取っていた米国人パイロットのイアンさん(41)はこう語った。
「2001年の9・11テロの現場にいた。10年後に、平和なノルウェーでこんな光景を見るとは」

なんともすごい話ですが、ノルウェーデータ 2011によると、ノルウェーの人口は490万人です。その内15歳~19歳の人口は35万人ぐらい。

日本に比べると、4%(1/25)の人口規模です。
そこで、90人以上の殺害ですから、25倍すると2300人に相当するとなります。
あり得ない数字でしょう。

9.11のアメリカ同時多発テロで、ニューヨークの死者は、2749人だそうです。
つまり、オスロの事件はこれに匹敵する。

現場は、以下の写真の島で、長手が500メートルしかない。

Photo

陸とは、600メートル以上離れているようで、「700メートル泳いで逃げた」というのも分かります。
面積は、17万平方メートル程度ですから、900人もいたというのは、大学のキャンパスのような感じでしょう。

被害者も、青少年ですから、正に学校だったわけで、そこで現時点で90人以上、今なお水中を捜索中というのですから、どうやったらこんなことができるのか?と考えてしまいましたが、報道の通りだと1時間半も銃撃を続けたとなっています。

そもそも、それだけ銃撃を続ける武器弾薬を持ちこんだことにビックリしますが、そんな事がなぜ可能だったのか?という点も、問題でしょう。

以下の写真は、Live Leak のコンテンツ「Graphic* Aftermath pictures of shooting at Utoya + possible suspect.」に掲載されているものです。

1

2

7月 24, 2011 at 10:30 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52292049

この記事へのトラックバック一覧です: オスロの大量殺人事件:

コメント

コメントを書く