« PCや携帯電話でも受信料徴収するべき | トップページ | データセンターの生産性 »

2011.07.13

電信黒板なんて使えません=4割もいる

読売新聞より「ICTで指導できる教員は6割…文科省調査

パソコンや電子黒板などのICT(情報通信技術)を使って授業ができる教員は、全体の6割にとどまる
ことが文部科学省の調査で13日、わかった。

昨年度にICTの研修を受けた教員は2割で、同省では各学校や教育委員会に研修実施を呼びかけている。

東日本大震災のため回答できなかった岩手、宮城、福島県の373校を除く、全国の公立小中高校計約3万5600校の教員約87万人を対象に今年3月1日時点の状況を尋ねた。

都道府県別で授業中にICTを使って指導ができると答えた教員の割合は、上位の三重、愛媛県が8割を超えた一方、下位の島根、滋賀など19都府県は5割台にとどまった。

同省では、子供の情報教育充実などを目的に、学校へのICT配備を進めている。

電子黒板の学校配備数は6万474台となり、昨年3月末時点から4066台増えた。

(2011年7月13日21時00分 読売新聞)

最初この記事のタイトルを読んだときに「ネット安全教育の出来る教員」と誤読してしまった。
6割もいるのか?と思ったのだが、PCや電信黒板を使ってというのでは、教員にとって日常業務をICT化するだけの話で、「出来ない」と答えた教員が4割もいるというのは、ものすごく絶望的な印象です。

昨今では、普通の会社で「PCは使えません」といっても通用しないですよ。 下手すれば、クビだ。

それを、文科省の調査に「使えません」と答えられるというのはどういう事だ?

むしろ、「装置があれば、すぐにでも使えるが、まだ職場に装置がないから使う機会がない」といった回答が常識だろう。
どこをどうやると、こんな結果になるのだろう?
明らかに、一般的な職業人として、現代社会に不適応な教員が4割は居る、と見るべきだろう。

7月 13, 2011 at 11:17 午後 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52199277

この記事へのトラックバック一覧です: 電信黒板なんて使えません=4割もいる:

コメント

>昨今では、普通の会社で「PCは使えません」といっても通用しないですよ。 下手すれば、クビだ。
>それを、文科省の調査に「使えません」と答えられるというのはどういう事だ?
>むしろ、「装置があれば、すぐにでも使えるが、まだ職場に装置がないから使う機会がない」といった回答が常識だろう。

 普通のPCじゃなくICTでしょ。
 ICTの普及率は100%じゃないし、触った事もない機器なら使えるかどうか本人には判らないだろうから「使えません」という答えになるでしょう。
http://www.rbbtoday.com/article/2010/11/05/71804.html

投稿: e10go | 2011/07/14 18:42:06

「パソコンや電子黒板などのICT(情報通信技術)を使って授業ができる教員」ということなので、PCを使える教師も「ICTを使って」に含まれると読むべきでしょうね。もっともアンケートの文面によってはICTが普通のPCではないと思って回答されることもあるかもしれませんが。。。

ところで、「電信黒板」というのがもしもモールス信号で板書する道具だとしたら、使える教師は1パーセントを切るだろうなあ。

投稿: ym | 2011/07/15 6:35:44

教室で電子黒板をつかったときに、現場でメリットと感じることは、教師が常に子どもたちの方を見ていることなのだそうです。

板書だと、後ろ向きになってしまいますからね。

ただ、当然次々に出すコンテンツを事前に用意する必要があるわけで、パワーポイントのページ作りと同じことでしょう。

電子黒板自体は、一種のディスプレーなのだから、使えないというのはPCを使ってコンテンツをつくることが苦手である、ということではないか?と思います。

しかし、そのような人を職場で許せる率は、いまや一割以下でしょうから、4割は多すぎると思うし、その対策は是非とも必要でしょう。

投稿: 酔うぞ | 2011/07/17 8:07:42

 電子黒板にもホワイトボードや大画面ディスプレイなど色々ありますが、パソコンを使ったインタラクティブ・ホワイトボードタイプでは教育・訓練を受けないで使うのは無理でしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=gGxI1XkDCYI

 電子黒板の無い学校では、現物を見た事の無い教師もいるでしょうね。
 使えるようになるには研修や教育を受ける必要があるけど、研修の受講率は低いです。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/__icsFiles/afieldfile/2011/07/14/1308365_1.pdf
 研修の受講率を上げる必要があるでしょう。

投稿: e10go | 2011/07/17 20:00:15

結局は、人の問題になっていくわけです。

それが、訓練を提供する側なのか、受ける側なのかは特に区別する必要もないと思います。

というのは、人というのはなんか屁理屈をつければどうにでも言い訳できるわけで(逆に言えば強制も出来る)「人の言い分だけで判断するのは危ない」のはいつでも事実でしょう。

ところが、今回の4割という数字の出し方がどういうアンケートによったのか分かりませんが、それにしても「いささか問題じゃないのか?」と私には思えます。

そして、それはあまり合理的あるいは事実基づく判断ではないのだろう、とも思うのです。
いわば感覚的な物でしょう。

正直なところ、電子黒板が出始めたときに「これは学校で使える物ではないだろう」と思いました。

ところが、意外と使えています。

そして、使っている学校ではそこそこ好評で、増設するという話も出てきています。

もし、以下にしても使いにくいという物であれば、かんたんに見捨てられるだろうし、増設も困難でしょう。

つまり、一方では「進め」であり片方では「止まれ」であるわけだから、それはどこかがヘンだ。

で、わたしは「4割」が信頼できる数字なのか?
と思っています。

投稿: 酔うぞ | 2011/07/17 22:57:05

コメントを書く