« 個人メールを攻撃する、サイバー戦争 | トップページ | オスロの大量殺人事件 »

2011.07.24

海江田妄言大臣は解任しかない

朝日新聞より「「線量計つけず作業、日本人の誇り」 海江田氏が称賛

海江田万里経済産業相は23日のテレビ東京の番組で、東京電力福島第一原子力発電所事故後の作業に関連し、

「現場の人たちは線量計をつけて入ると(線量が)上がって法律では働けなくなるから、線量計を置いて入った人がたくさんいる」
と明らかにした。
「頑張ってくれた現場の人は尊いし、日本人が誇っていい」
と称賛する美談として述べた。

番組終了後、記者団に対し、線量計なしで作業した日時は確かでないとしたうえで、

「勇気のある人たちという話として聞いた。今はそんなことやっていない。決して勧められることではない
と語った。

労働安全衛生法では、原発で働く作業員らの健康管理に関連し、緊急作業時に作業員は被曝(ひばく)線量の測定装置を身につけて線量を計るよう義務づけられている。

作業員らが被曝線量の測定装置をつけずに作業をしていたのなら、法違反にあたる。厚生労働省は、多くの作業員に線量計を持たせずに作業をさせたとして5月30日付で東電に対し、労働安全衛生法違反だとして是正勧告している。

これは、即時解任しかないだろう。

何が問題かというと、

「法律を守らない方がよい」
といっている点だ。

こんな事を言っていたら、「殺人の理由も分かる」とか、その時々の事情に合わせて、勝手に解釈することを許すことになってしまう。
それは社会が何千年も掛けて法律を整備してきたこと自体に対する裏切りであって、良き市民として許されざる態度だ。
それが大臣をやっている、というのでは近代どころか、有史以前の国家になってしまう。

ここまで、最悪の大臣があっただろうか?

丁度、オスロで大量殺人事件があったが、この犯人像はキリスト教原理主義者だと言われている。
こういう場合、「教義は分かる」とか言い出すだろう、という危惧を感じるわけで、政治は社会の指針を作るものであるから、このような人物は政界から追放するべきである。

7月 24, 2011 at 09:43 午前 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52291699

この記事へのトラックバック一覧です: 海江田妄言大臣は解任しかない:

コメント

コメントを書く