« 戦力の逐次投入を繰り返して、全滅する気なのか? | トップページ | 高速逆走・確信犯? »

2011.06.24

もんじゅ・燃料交換装置を抜き取った

読売新聞より「「もんじゅ」炉内落下の装置、回収完了

日本原子力研究開発機構は24日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で昨年8月に原子炉容器内に落下した核燃料交換用の炉内中継装置(長さ12メートル、重さ3・3トン)を引き抜く作業を終えた、と発表した。

回収した装置を詳細に点検し、落下の衝撃で炉内を傷つけていないか確認する。

発表によると、クレーンで装置を引き抜く作業を始めて約8時間後の24日午前4時55分に回収を終えた。機構は引き抜き作業のために取り外した炉上部の機器を元に戻し、今秋頃に復旧させる。

このトラブルで機構は、「2012年度内」としていた本格運転開始時期を「13年度内」に変更。今年度内に、発電を伴う出力40%での試験運転を行う予定だ。
ただ福島第一原発事故を受け、安全性に対する福井県や敦賀市の見方は厳しくなっており、計画がずれ込む可能性もある。

(2011年6月24日07時48分 読売新聞)

ちょっと探し出せないのですが、落下した燃料交換装置はマシニングセンターの自動工具交換装置のような構造で、爪が下りていって掴んで引き上げる構造でした。

こんなモノがどうして失敗できるのか?と思ったら、プルボルトに相当する部分が、四角形のようです。
丸ければどちらに回転しても爪が掴むことに問題は無いのですが、四角形だから回転したら掴めない。それで落下した。ということのようです。

しかも、どうも斜めになったらしく、引き抜くことが出来なくなった。
そこで、引っかかっているところを含めて全体を抜いてしまったらしい。
この話が真実であれば、部品が引っかかって抜けないから、分解してしまった。という種類の話になります。

しかも、これナトリウムが入っている状態でやったのですね。
そうなると、元に戻せないのではないか?

ナトリウム冷却炉だから、大変だというところが多くて、こんな事では実用化などほど遠いと思うのです。

6月 24, 2011 at 10:31 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/52028650

この記事へのトラックバック一覧です: もんじゅ・燃料交換装置を抜き取った:

コメント

こちらは、常陽用のものですが、時期的にもんじゅのも同型だと思います(7/9ページ以降)。
http://www.fujielectric.co.jp/about/company/jihou_2003/pdf/76-06/03.pdf
要求仕様がややこしいので、構造も凝ったものになっていますね。

投稿: mimon | 2011/06/26 21:10:26

コメントを書く