« ニューズウィークの記事が語ること | トップページ | 裁判員裁判制度の意味について高裁はどう考えているのか? »

2011.03.29

社会をデジタル的に見ることの恐ろしさ

昨日から話題になっている、YouTube に記録された放送「原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送)」での武田邦彦教授の説明は、なんでこんな事になっているのかを、社会の問題(人災)だとして解説しています。

しかし、先生の見解は正しいと思うのだが、放送としてはどうなのか?と思うところが多々あります。
放送の進行は「先生に結果を教えろ」と迫っています。

しかし、先生は「こんな事になったのは、こんなところに原因があるのに、それをすり替えた」といったことを延々と説明しています。

そこで、原子力保安院が問題だ、となります。
わたしの考えでは、現時点では東電だって、政府だって大問題なのですが、この放送を見た方が「保安院を解体するべきだ」と発言されているのだけれども、保安院を解体するとうまくいくのはどういう仕組みなのか?ということを考えているとは思えない。

つまり、「誰が悪者か」という「結果」を放送は探しているのだけれど、誰かが悪いと言っても他に良くすることが出来ないのなら、悪いと言っても意味がないでしょう。
「こっちが良い」というものが無いときに、良い悪いを考えることには明らかに意味がない

こんな日本にどうしてなってしまったのか?と感じるのだが、結果だけを判断しているとこんな事になってしまって、結果としておそろしい無責任社会になっている。

これをどう建て直すのか?というのは、「結果は結果。問題は別だ」という声がキチンと通用する社会にすることしかない。

ところが、社会全体がデジタル的な、○×思考になっていて、だから「×なのは誰の責任だ」と平気に誰でも主張する、これ自体がまずいと強く思うのだ。

3月 29, 2011 at 11:10 午前 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/51245650

この記事へのトラックバック一覧です: 社会をデジタル的に見ることの恐ろしさ:

コメント

いやまさにおっしゃる通り。それに加え、天災だ、人災だと、起こったことの原因・責任の追及ばかりの論調がこれに拍車をかけているように思います。
原子力のおかげで、この何十年か私たちは、(比較的)安い電力を使って、リッチで都会的で快適な環境を、だれが苦労しているとか何が起こっているかなんて気にもかけないで享受してきたわけです。小さいかもしれないけど私たち全員に責任の一端はあるはず。
国民全員が当事者意識を持って、潔癖症にならないように心がけ、できることはなんだろうと考える。
ホース持って3号炉に水をかけることはできなくても、みんながそういうことを考えるだけでもずっと前に進むような気がします。

投稿: Masa | 2011/03/30 9:43:52

Masa さん

>原子力のおかげで、この何十年か私たちは、(比較的)安い電力を使って

日本の電気料金は世界の中で最も高い方ですよ。
http://www.intecs-jec.com/Prices%20Latest.htm

例えばそのために、アルミニウムの(電解)精錬はほとんど日本国内では行われなくなりました。
「アルミ精錬の悲劇」
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kid/npower/aluminum.htm

上記「アルミ精錬の悲劇」には興味深いことが書かれています。
>次第に肥大化してきた原子力産業は、現在全体で3兆円産業と呼ばれるまでになってきて、すでに設置してしまった生産ライン、配置してしまった人的資産などがあり、どうにも止まれなくなっている。

>電気事業法に守られた電力会社の放漫経営は、日本の電気料金を世界一高いものにしてしまい、

>結局、産業界全体から見ても、原発をこのまま放置していては自らが生き残れなくなってきており、原子力産業も国内的には縮小せざるを得ない。その代償としてねらわれているのがアジアの国々である。

>もっとも、日本国内のパチンコ産業は20兆円産業とも言われているから、それに比べれば原子力産業など些細な産業でしかなく、それを潰したとしても産業活動全体から見れば、充分に調整がきく範囲であろう。

投稿: エディ | 2011/03/30 14:40:14

エディさん、

自由化導入で,内外価格差は縮小しているようです。

http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/shiryo/ryokin-kokusaihikaku.pdf

自由化前は,発電コストに応じた利益を加えて料金とする公共料金的な総括原価方式だったので,むしろ高コストの方が都合が良かったようです。しかし,自由化後はコストを下げる必要が出てきたので,電事連が「原発には国の補助が必要である」と発言したりして,原発は電力会社のお荷物になっているフシがあります。ところが、公表された発電方式別のコスト比較では,原発は石炭火力やLNG火力と同程度で,石油火力と水力がその2,3倍で,どうも発電コストは良くわかりません。原発の発電コストも以前は10円/kWh程度で石油火力と同じようなものだったのが、最近では5円/kWhなのですね。石油火力は10~17円/kWhに上昇しています。

私は公表されている発電コストはどうも信じられなくて、電事連の発言に本音が表れているような気がして仕方がありません。

投稿: zorori | 2011/03/31 22:30:54

コメントを書く