« ネグレクトに判決 | トップページ | 法律の基礎的な面を見直すべきである »

2011.03.04

地デジ切り替えに難癖を付けてどうする?

朝日新聞より「「地デジ難民あふれる」識者ら、アナログ終了延期訴え

2011年3月4日19時15分

テレビの地上デジタル放送への完全移行をめぐり、砂川浩慶・立教大准教授やジャーナリストの坂本衛さんらが4日、東京都内で記者会見し、「このままでは地デジ難民が多数出る」として、7月24日に予定されているアナログ放送の終了を延期するよう訴えた。近く総務省に要求書を提出する。

要求書では「地上アナログ放送の終了を地域ごとに段階的に行うこと」「地デジ難民がゼロになるよう万全を期すこと」などを総務省とテレビ各局に求めている。

昨年9月の総務省の調査によると、地デジ受信機の普及率は90.3%。だが、要求書では「地デジに未対応で調査に非協力的な世帯が多数漏れており、実態を反映していない」と批判。「経済的弱者への支援も遅れている」と主張している。

なんだい?この主張は?

我が家はCATVだから結果的に地デジ対応なのだが、ついこの間までCATV回線で受信しているのがデジタル地上波放送だと気が付かなかった。
アナログ受信に切り替えることが出来るわけで、この機能が7月でなくなるということです。

それくらい無関心なのだから、仮にCATVを使っていなかったら、テレビ放送は見ない、というせん択をしたでしょうね。
と言う以前に、我が家がCATVを使い始めたのは、電波状況が極めて悪かったからで、もしCATVがなかったら、10年以上前にテレビを捨てている可能性が高いです。

つまり、テレビを見ない選択をする人たちはある程度以上の数になっていることは確実で、調査に非協力な世帯にも、テレビを強制的に見せるべきだ、と主張しているのでしょうか?

現時点で、「地上波テレビを必要としますか?」というアンケートがあれば、わたしは「不必要」と回答しますよ。
「実態を反映していない」というのは「地上波テレビを見たがっている人の数」の方じゃないでしょうかね?

3月 4, 2011 at 08:41 午後 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/51031691

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ切り替えに難癖を付けてどうする?:

コメント

コメントを書く