« 責任追及ではなくて原因解明を優先する社会にするべきだ | トップページ | ニューズウィークの記事が語ること »

2011.03.27

「謝罪する」を報道するマスコミはバカなのだ

朝日新聞より「東電、2号機の高放射線量を事前把握 作業員らに伝えず

2011年3月26日18時32分

東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)3号機のタービン建屋内で起きた作業員3人の被曝(ひばく)で、3人が作業に入る6日前の18日、2号機のタービン建屋地下で、通常時に比べて異常に高い放射線量を確認しながら、東電は作業員に注意喚起をしていなかったことがわかった。

東電は「情報共有が早ければ被曝を防げた可能性がある」と認め、謝罪した。

東電福島事務所によると、6日前の18日、2号機のタービン建屋地下1階で放射線量を測定したところ、作業員の被曝線量の上限(250ミリシーベルト)を上回る毎時500ミリシーベルトだった。

一方、3人の作業員が3号機で作業を始めたのは、24日午前10時半ごろ。
作業員には2号機の情報は伝わっていなかった。

前日にはなかった水が深さ15センチになっていたが、3人は前日の作業では線量が低かったこと、「タービン建屋は通常、線量が高い場所でない」と思っていたことなどから、水につかって作業をして、局所被曝した。
18日のデータが事前に伝わっていれば、作業員らの思い込みを防げた可能性がある。

東電福島事務所の担当者は「情報共有が悪かったために24日の被曝が起きた。おわびしたい。今後は社内の情報共有に努めたい」と述べた。

東電や経済産業省原子力安全・保安院によると、1、2号機のタービン建屋地下にも高い放射線量の水がたまっていることがわかった。1号機では、24日に水を採取して分析。

3号機と同様、通常の原子炉内の冷却水より約1万倍強い、1立方センチ当たり380万ベクレル(放射能の単位)の放射能が検出された。

含まれている放射性物質の種類は3号機とほぼ同じだった。燃料に含まれる物質が検出されているうえ、半減期の短い物質が多いことから、原子炉内から漏れ出した可能性が高いという。

2号機の水は、表面付近の放射線量が毎時200~300ミリシーベルトだった。これにより、1~3号機について、今後、配管の損傷などからどういう経路で漏出が広がったのかを調べていくことになる。

水の深さは3号機で最大1.5メートル、2号機は1メートル、1号機は40センチ。4号機でも、放射性物質の状況は不明だが、80センチの水がたまっているという。1号機では、ポンプを使って建屋内のタンクに排水する作業を進めている。

また、2号機では26日午前、消防ポンプで原子炉に送り込んでいた海水を真水に切り替えた。海水に含まれる塩分の悪影響を防ぐためで、これで原子炉を冷却する必要がある1~3号機すべてが真水の注水になった。

午後には2号機の中央制御室の照明が点灯した。1、3号機に続き3基目。

「責任追及ではなくて原因解明を優先する社会にするべきだ」では、社会全体として、現在は原因究明よりも責任追及の方が価値がある、となっているからマスコミも一般企業も政府も後で責任を追及されないように、情報を出さなくなる。

「物言えば唇寒し・・・」
ということなのだが、今回のように「言わないから伝わらなかった」という事実があったときにどうするべきか?についても、「拡大しない方がよい」として「謝罪で済ませる」事になるわけだ。

今回の事件は、

  1. 事前に汚染した水が溜まっている事は把握していた。
  2. その情報は共有されなかった。
  3. 情報を知らないまま作業した。
  4. その結果被爆した。
なのですから、情報共有しなかった原因に問題があるのは明らかです。

情報共有しなかったから、情報共有すればよいと言うのは、一見まっとうな見解のように見えますが、事故を起こさねば良かった、というほどの話しであって対策でもなんでもない。

そういう風に見てみると、結局のところ「謝罪する」しかない。

謝罪とはなんのために謝罪するのか?
マスコミは、社会は、謝罪すれば後は何もしなくて良いと考えているのか?

日本の事故に対する考え方は、極端に善菅義務に偏っているのでしょう。
責任者をより強く処罰すれば、処罰を恐れてより安全に管理するだろう、という想定になっているのでしょう。

それでは安全にならないことは、多くの研究が示していて、航空機事故などではたびたび裁判にもなっている。
しかし、今も原因追及の方が処罰よりも優先するべきだ、という意見は少数派のままであり、そういう社会に沿って、東電も原因など明らかにするべきではない、と対応しているのだろうと思う。

政府も同様です。

その結果、非常にデコボコになった情報に社会は振り回されています。
そのデコボコの情報を拡大して流しているのがマスコミ。

マスメディアが、情報を加工しないでそのまま流す、ネット中継だけに限定した方がまだマシではないのか?
東電や政府のよく分からない説明に対して、国民が「何を言っているのか分からない」とぶつける方がマシで、マスコミが分からないところ穴埋めするのは、結果として東電などの言い分を補ってしまっているのだ。

3月 27, 2011 at 09:12 午前 事故と社会 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/51227373

この記事へのトラックバック一覧です: 「謝罪する」を報道するマスコミはバカなのだ:

コメント

当面出来る事として放射線量を絶対値で表示する方法があります。つまり全てシーベルトで表示して、何倍というような相対表示は混乱の元になるのでやめることになります。国民一人一人はおかれている環境がバラバラなのでシーベルトで表示された放射線量を元に自分で数値がもたらす影響を判断することになります。この事はマスコミ等が自分たちの判断で相対表示をすることを許さないという意味になります。

投稿: 田吾作 | 2011/03/28 0:08:21

コメントを書く