« 入試問題・ネット流出事件を考える | トップページ | ニュージーランド地震・隣のビル解体作業で壁に穴を開けた? »

2011.03.02

大学入試・携帯電話問題

朝日新聞より「入試の携帯対策、大学は…「机上へ」「バッグまとめる」

2011年3月2日7時38分

大学入試の一部が試験中にネット上の掲示板に投稿された問題で、主要大学が携帯電話の扱いに頭を悩ませている。既存の対策では防ぎ切るのは難しく、新たな対策を取るには多くの経費や人手が必要――というジレンマがある。

2日に後期試験がある東京の私立の大正大では、あえて携帯電話を机の上に置くよう指示することにした。かばんにしまわせる従来の方針を転換した。企画調整部の高橋慈海課長は

「監督の目にさらされることで心理的な抑止効果があると考えた」。
このため、試験に使う8教室の試験監督を1~3人増やす。
「ただ、あまり監督がうろうろすると受験生に圧迫感を与える。巡回方法は工夫したい」

7日に試験がある東京の駒沢大も、口頭で電源を切るよう指示していたのを、机の上で電源を切り、かばんに入れるよう指示することに変更した。心理的な抑止効果を狙った措置だという。
京都市立芸術大でも同様の理由で、携帯を封筒に入れて封印し、かばんにしまうよう指示する。

「かばんのまとめ置き作戦」を検討しているのは、神戸大だ。
12日にある後期試験では、全ての会場で、携帯電話の電源を切ってかばんに入れさせたうえで、かばんを試験会場の教室の前方や隅にまとめて置くという。試験日が迫る中での苦肉の策だ。

東京の有名私大の多くは「電源を切り、かばんにしまう」ことを指示。トイレなどで席を立つ受験生には、「携帯は持っていませんね」と口頭で確認するというのが一般的だ。
慶応大は、その上で携帯電話や音楽プレーヤーを身につけることを「不正行為」と定め、発覚したら、その受験生の当該年度の入試結果をすべて無効にする決まり。だが、過去に実例はないという。

■電波の遮断可能だが高コスト

もっと抜本的な対策はないのだろうか。

携帯電話を一時的につながらなくする「携帯電話抑止装置」を設置する手もある。設置エリア内では妨害電波を発信し、携帯が電波をキャッチできなくする装置だ。コンサートホールのほか病院の検査室や、振り込め詐欺対策の一環として銀行の現金自動出入機(ATM)コーナーに設置されている例もある。だが、業者によると、大きな教室全体をカバーする装置を設置すると、100万円以上の費用がかかるという。

装置を開発した「マクロスジャパン」(東京)の役員は「レンタルもしている。入試日だけ大学内に設置することは技術的には可能」と話す。ただ、入試会場のような広い場所ではかなりの台数が必要になるという。

また、抑止装置は電波を妨害するため、使用には総務省の許可が必要。同省の移動通信課は「一定の条件を満たせば許可も検討する。ただ相当な費用がかかるだろうし、もっと有効な方法があるのではないか」と話している。

7年前に不正入試が発覚した韓国では小型の金属探知機が導入された。
東京のレンタル業者によると、小型金属探知機は1日1台4千円ほどで貸し出しているという。ゲート式の探知機を設置すると、20万円前後かかるという。
名古屋市のリース販売会社によると、携帯型の電波探知機のレンタル料は1日1台5千円。半径2メートル以内に電源の入った携帯電話があれば発見できるという。

何が問題なのか?ということになるのでしょうが、カンニングの本質が他人の力を借りて試験をすり抜ける、事でしょうから、携帯電話だけをブロックしてもダメなのは明らかです。

むしろ、携帯電話の使い方の問題とも言えるわけで、それなら「○○の使い方」として、その○○に何が当てはまるのか?となると、電子機器、腕時計、文房具、紙製品、なんでも入れることが出来ます。

そう考えると、機器類の問題として「携帯電話を・・・・」だと「これは携帯電話ではない」という反論が出てきます。

慶応大学が

慶応大は、その上で携帯電話や音楽プレーヤーを身につけることを「不正行為」と定め、発覚したら、その受験生の当該年度の入試結果をすべて無効にする決まり。だが、過去に実例はないという。
としているのは、かなり正しい方向を向いていると感じます。
しかし、補聴器やメガネといったものが通信機器や電子辞書の機能を持ったらどうするのか?

大学は、学内掲示を携帯メールに替えていて、すでに授業によっては携帯メールが使えないと単位認定されない授業もあります。
入試の時だけ、携帯電話全面禁止としても、何年かするとそれ自体が無理、という時代が来るようにも思います。

こうなれば、入学は緩くして、簡単には卒業できないようにする方が実際的ではないでしょうか?
なぜ、入試の不正が問題になるのか?と考えると「その一点を突破すれば、後は簡単」という仕組みになっているからで、突破するべきハードルが幾つもある場合、それら全てに不正をして挑戦するのはコスト割れになる、つまり現行の入試制度は不正のコストパフォーマンスが良すぎるから起きる現象である、と言えるでしょう。

3月 2, 2011 at 11:22 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/51011217

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試・携帯電話問題:

コメント

入学者を増やすと、設備やスタッフも増やさないといけなくなりますが、
入学金とか授業料も増えるので、
大学にとってはこれが一番いい方法かもですね。

投稿: tambo | 2011/03/03 14:17:41

コメントを書く