« ニュージーランドの大地震・建物にヒビが入っていた? | トップページ | 大学入試・携帯電話問題 »

2011.02.28

入試問題・ネット流出事件を考える

サンケイ新聞より「阪大「受験1.3万人、携帯禁止ムリ」 他大学も困惑

2011.2.28 08:45

京都大などで発覚した入試問題の投稿。どのように試験中に投稿したのかは不明だが、受験生らは怒り、大学側は困惑。大学側は被害届を出し、告訴も辞さない構えだが、不正行為はどこまで広がっているのかはわからず、捜査も含め今後の見通しは不透明だ。

怒る受験生

京大ではこの日、医学部の面接試験が行われた。 試験会場にいた神戸市の高校3年の男子生徒(18)は

「不正をして合格できるなら自分も…と思ってしまう。みんな一生懸命勉強して試験に臨んでいるのだから、ルールは守ってほしい」。
金沢市の高校3年の男子生徒(18)は
「試験会場は監視が厳しかったので、どういう方法でやったのか。投稿のせいで、受かるはずだった受験者が落ちることがあれば、本当に許せない」
と話した。

文学部を受験したという京都市の男子浪人生(20)は

「ネットに投稿された英訳問題は、僕の出来は良くなかった。不正をして合格になるのだとしたら絶対に許せない」
と怒りの表情をみせた。

携帯、口頭指示のみ

入学試験真っ最中のほかの大学にも困惑が広がった。

来月に後期試験を控える大阪大の入試担当者は

「どんな方法で行われたのか分からないので、対策の立てようがない」
と当惑。試験中は携帯電話を預かる対策も考えられるが、阪大の受験生は約1万3千人に及ぶ。
「管理が大変で混乱を招く。間違えて他人に返却すると個人情報が漏れる恐れもある」
と否定的だ。

携帯電話の持参禁止も現実的には困難。
最近は親が試験会場の近くで待機したり、車で送り迎えすることもあり、携帯電話がないと試験後に親子が連絡を取れず困るという。

同志社大はこの日、京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で、文化情報学部の入学試験(英語、数学)を実施。同志社大の問題も投稿されたと疑いが強いが、この日の試験は従来通り、携帯電話は電源を切ってかばんに入れるよう試験前に口頭で指示するだけとどめた。同大は

「教室への携帯電話持ち込みを禁止するなら受験者全員の持ち物検査をしなければならず、現実的には難しい」
とした。

必然なのか?

京大は27日夜、初の記者会見。塩田浩平副学長は

「厳正かつ公正であるべきわが国の入試制度の根幹を揺るがす重大事件であり、犯罪行為への強い憤りを覚える」
と非難した。

教育・入試担当の淡路敏之副学長は、京都府警に被害届を提出する理由を

「入試は大学の中で最も重要な業務であり、著しくその業務に支障をきたす恐れがある」
と説明した。一方、試験当日の監督態勢については、各会場に受験者の数に応じて2~10人を配置し
「万全な態勢をとった」
と強調した。

試験会場が携帯電話を預かるなんて事を考えるから「無理だ」となるわけで、単に「持ち込み禁止。持ちこんだ場合は自動的に失格」とすれば良いだろう。
試験会場は試験のことだけがまともに出来れば良いのであって、その前後のことなど責任の取りようがない。

ところで、こういった方法で携帯電話の試験会場持ち込みを完全に阻止できるのか?というとそれは無理だと思う。
本当にやるのであれば、基地局の機能を止める必要があるだろう。

要するに携帯電話システムそのものを止めようとなるのだが、これがどれほど難しいのか?となると、現在争乱が続いている中東各国でも、内部の情報がどんどんでてくることを見ても、全く止めることが出来ていない。
中国も北朝鮮すらも、携帯電話は止めることが出来ない。

大石英司氏の「対馬奪還戦争」では、兵士が携帯電話でツイッターに書き込んで戦局を動かしてしまうことがテーマになっています。

現実も小説も、携帯電話は止められません。
となると、たかが入試で携帯電話利用のカンニングを阻止することは不可能でしょう。
よって、ペナルティーだけが有効策だ、となります。

逆に言えば、携帯電話ぐらいではどうにもならない試験方法を開発する方が妥当かもしれません。

2月 28, 2011 at 03:13 午後 ネットワーク一般論 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50994873

この記事へのトラックバック一覧です: 入試問題・ネット流出事件を考える:

コメント

携帯電話の通話・通信を不可能にする装置がありますが、問題があるのでしょうか?

通信機能抑止装置 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E4%BF%A1%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%8A%91%E6%AD%A2%E8%A3%85%E7%BD%AE

投稿: 多分役立たず(HNです) | 2011/02/28 23:34:05

テレビでやっていましたが、あまりに短時間で問題をネット上にアップしているので、試験会場から掲示板に書き込みはしていないだろ、と言われています。

そこで、携帯電話で撮影したのか?となりますが、メガネ型のカメラなどで、送信していた、つまり携帯電話は使っていないのでは?というのです。

こうなると、携帯電話の通話を抑止するのでは追いつかないと言えます。

だからと言って、電波遮蔽も出来ないし、というのが現場の声のようです。

投稿: 酔うぞ | 2011/03/01 14:30:50

ほかの人の研究を盗み取って自分のやった研究のように偽装している京都大学が、受験生に不正をとがめることはできない。広域暴力団と共謀している京都大学は、今までに数え切れない不正を犯し続けてきた。他人の研究に名前だけのせて自分の研究だと偽ったり、陰ではわいろをばらまいてマスコミ人などに受賞活動を行い日本には京都大学しか大学がないようにふるまって、あちこちから莫大な不正なカネを集めたりしている。また、公共の電波をハイジャックして、新井泉さんのような人物に虐待や個人攻撃を犯し続けて、京都大学の都合で何の罪もない国民を監禁迫害したあげくその人の人生や健康を長い間破壊し続けている。そのあげく、もともとの研究をやった新井泉さんを、「そんな人物はまったく知らない。」「そんな人物は生きていない。」「そんな人物は存在しない。」とあちこちで言い張って、生きたまま新井泉さんを殺害して死人扱いしている。などなど、現在では京都大学は広域犯罪組織とともにあらゆる犯罪を犯しまくっているのだ。京都大学の強盗殺人鬼どもは自分だけが幸せをつかめるように生まれてきたと犯罪を誇示しているのだ。つまり、実際には京都大学の都合のいい犯罪を犯し放題なのだ。今回の事件も、つかまらないで数々の不正を犯している京都大学が、不正を犯せる立場にいない一人の小さな国民をいじめぬいたものである。今回の受験生の特定も、公務員の犯罪組織を使って、普段は個人に対する虐待や迫害に大学職員が使っている犯罪網を、皮肉にも利用したものである。犯罪ネットワークを駆使してつかまらないで犯罪を犯すことのできる京都大学を絶対に許すわけにはいかない。

投稿: 犯罪をできる立場の京都大学という教育機関が、犯罪をできない立場の一人の子供の人生を破壊した。 | 2011/03/05 14:55:28

コメントを書く