« 警官発砲事件、殺人罪に訴因変更 | トップページ | 電動アシスト自転車の事故 »

2011.01.27

本離れの加速

朝日新聞より「本の販売、6年連続減 週刊誌離れや書籍の新刊減が顕著

2011年1月27日7時56分

出版科学研究所は25日、取次ルートにおける2010年の書籍・雑誌の推定販売金額が1兆8748億円だったと発表した。

前年比で3.1%、608億円の減少で前年を下回るのは6年連続だ。

雑誌は13年連続、書籍は4年連続の減少だった。
同研究所は「低落に歯止めがかかる気配はない」といい、書籍の新刊点数が減ったのが大きな特徴だった。

販売金額は、ピークだった1996年の2兆6563億円と比べ、3割ほども減っている。

売り上げの6割ほどを占める

雑誌は、前年比3.0%減の1兆535億円。

月刊誌が2.4%減だったのに対して、
週刊誌が5.2%減で「週刊誌離れ」が加速している。

創刊点数は110点で、ここ40年間で最少だった。休刊は前年より27点増え、216点だった。

書籍は、前年比3.3%減の8213億円。

100万部以上のミリオンセラーは「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」「1Q84 BOOK3」「KAGEROU」「バンド1本でやせる! 巻くだけダイエット」「体脂肪計タニタの社員食堂」の5点だった。
「売れる本は突出して売れるが、それ以外の本は低調という二極化が顕著」という。

書籍の新刊点数は7万4714点で、前年より4.9%減った。

今の基準で統計を取り始めた95年以降、最大の減り幅。出版社の体力が落ちているのと、本の問屋にあたる取次会社がコスト減のために配本部数を抑制したのが理由だ。
同研究所は

「これまでにない動き。新刊点数は増え続けてきたが、天井を打った。今後は市場規模に見合った供給になっていくとみられる」
と分析している。

返品率は書籍が39.0%、雑誌が35.5%で、いずれも前年より改善した。(西秀治)

週刊誌が担っていた情報流通の多くがネット利用に移行しているから、週刊誌離れは当然だろうと思う。

本離とか言われているのに新刊書がなぜ沢山出てくるのか?と考えると、わたしには大半の理由が取次制度(と再販制)を利用した資金繰りのための発行であったのだろう、と思われます。

新刊点数が減るというのは、出版業界全体としてやってられない、という事なのだろう。
こうなると、何か売れるものは無いのか?と出版界は考えるだろうが、読者から見るとネットを利用していると本がいかにも場所ふさぎであり、かつ検索がやりにくい事がすごく問題になってきた。

情報の検索性という観点では、電子化する方向しかないわけで、わたし自身は模範六法CD版やゼンリンの地図のDVDは紙の時代に比べて、何百倍あるいは何千倍もアクセスしている。

だったら、週刊誌の電子記事化やシリーズで発行している小説の電子書籍化などは、読者に十分に受け入れられるものだと思う。

とにもかくにも、新刊書の電子書籍化を強く望むものです。

1月 27, 2011 at 10:04 午前 書籍・雑誌 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50699386

この記事へのトラックバック一覧です: 本離れの加速:

コメント

コメントを書く