« 阿久根市・市議補選・無投票当選ではあるが | トップページ | 拳銃にヒビが入った »

2011.01.10

横澤彪氏・逝去

朝日新聞より「横澤彪さん死去 「ひょうきん族」「いいとも」手がける

2011年1月10日1時0分

「オレたちひょうきん族」などのヒット番組を手がけ、お笑いブームを巻き起こしたフジテレビ元プロデューサーの横澤彪(よこざわ・たけし)さんが8日夜、肺炎のため東京都内の病院で死去した。
73歳だった。通夜・葬儀の日程は未定。

1962年に東京大学文学部卒業後、フジテレビに入社した。

80年代に「THE MANZAI」「オレたちひょうきん族」「笑っていいとも!」などのお笑い番組を手がけた。

80年に始めた「THE MANZAI」は、従来の演芸番組のスタイルを脱し、豪華なセットと若者向けの演出で爆発的な人気となり、漫才ブームに火を付けた。

81年からの「オレたちひょうきん族」はアドリブの面白さを前面に出し、けいこを重ねたコントが中心だったお笑い番組の流れを変えた。
人気コーナー「ひょうきん懺悔(ざんげ)室」に自ら神父役で出演した。

手がけた番組で、タモリ、ビートたけし、明石家さんまの3人が全国区の人気を集め、「お笑いビッグ3」と言われるスターになった。ほかにも、島田紳助、山田邦子、片岡鶴太郎らのタレントが番組から育った。

95年に吉本興業に移り、東京支社長や専務として同社タレントの東京進出に尽力した。
95年4月からは4年間、朝日新聞でコラム「横澤彪のショービズ・笑ビズ」を連載した。

05年に悪性リンパ腫と診断され、闘病を続けてきた。インターネットサイト「J―CASTニュース」では昨年12月30日までテレビ評を連載していた。

同ニュース発行人の蜷川真夫さんは

「毎日テレビを見て、4年間で執筆のためのノートは22冊にもなった。最期までテレビ人として現役だった。『最近のテレビはタレント頼みで作り手がだらしない』と嘆いていた」
と悼んだ。

タレント・西川のりおさんの話

僕が世の中に出られるようになったのは横澤さんのおかげ。まだ全国に進出できず、がっくりしているときに「もう一度やらないか」と声をかけてくれた。横澤さんと一緒に仕事をした「THE MANZAI」や「オレたちひょうきん族」が、今でも僕の青春。人生の道しるべのような人でした。

わたしはSFファンでもあったので、フジテレビというと野田昌宏氏を思い出します。
ウィキペディから略歴の一部を引用しますと。

  • 1933年生まれ、2008年6月6日没
  • 1959年フジテレビ入社(フジテレビ創業が1957年)
  • 『日清ちびっこのどじまん』『祭りだ!ワッショイ!』『第三の眼』『ひらけ!ポンキッキ』『料理の鉄人』『発掘!あるある大事典』『クイズ$ミリオネア』などを手がける。多数。

横澤彪氏が1962年にフジテレビに入社しているわけですから、お二人はほとんど同期であります。
そして、「ママとあそぼう!ピンポンパン」「THE MANZAI」「スター千一夜」「笑っていいとも!」「オレたちひょうきん族」を制作しているわけですから、フジテレビのカラーはこの二人が作ったと言っても良いくらいです。

今年中にはアナログテレビ放送が無くなるわけで、まさしくテレビの人であったし、今の日本にはこのような馬力を発揮する場面がないのを残念と捉えるのか、ふがいないと捉えるのか考えてしまうところです。

1月 10, 2011 at 11:50 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50544135

この記事へのトラックバック一覧です: 横澤彪氏・逝去:

コメント

コメントを書く