« 電動アシスト自転車の事故 | トップページ | 幼稚園の私学助成を廃止? »

2011.01.28

テレビ離れは世代を超えて

東京新聞より「地デジ化まで半年ですが… 若者はテレビ離れ?

2011年1月24日 朝刊

七月二十四日の地上波の完全デジタル化まで、あと半年に迫った。テレビ業界や総務省は、デジタル対応テレビへの買い替えなどが遅れる“地デジ難民”が出ないよう、今後取り組みを加速させる。

一方で、インターネットでの情報収集や動画視聴をしている若い世代で、完全デジタル化を機にテレビ視聴をやめるという調査結果もあり、その動向が注目されている。
テレビとの距離感について、上智大学の学生に聞いてみた。 (早川由紀美)

協力してもらったのは、新聞学科の学生たち。ゼミの後、残ってもらった二十一人に、

「余暇の過ごし方でテレビよりもネットを優先する」
という人を聞くと十四人が手を挙げた。
「浪人のころから見なくなった。純粋に面白くなくなった」
「興味が偏ってきた。サッカーが見られればいい」
などがその理由だ。

自宅から通学している斎藤千明さん(20)は、リビングとは別に自分の部屋にあるアナログテレビを地デジ対応に買い替えるかどうか、迷っているという。

「集中して見るなら、録画をしておいてリビングで見ればいい。インターネットをするようになって部屋のテレビを熱心には見なくなった。ユーチューブやミクシィの方が面白い」

佐藤駿さん(20)は

「テレビ離れはコンテンツの質の低下ではないところに原因がある」
と考えている。

電車広告でテレビ東京のドラマ「モリのアサガオ」を知り、見たいと思ったが放送日時を忘れてしまい、そのままになった。

「ドキュメンタリーなどで見たい番組があっても、それに自分の時間を合わせるほどには意識を向けていない」。
DVDレンタルや、ゲーム機などへの有料配信など、見逃した番組を気軽に見られる仕組みを充実してほしい
という。
熱心なテレビファンではないものの、環境が整えば番組を見たいという潜在的な欲求はあるようだ。

就職活動中の学生は、情報収集に不可欠なネットに軸足を置かざるを得ないという事情もある。
一方で

「テレビを見ながら家族で話し合うことも多いため、重要なコミュニケーションツール」
=花山りささん(21)=という声もある。

「テレビをやめてもいいと思う人」に手を挙げてもらうと、「日本のバラエティーは笑いのコードが合わない」という留学生一人だけだった。

テレビをやめない理由について、宮島紗穂さん(20)は

「わが家は一人一台テレビがある環境で育ってきた。
今まで二十年間生きてきて、テレビがなかったことはないから」
と説明してくれた。

最後に「テレビに一言」というお題で一人ずつ紙に書いて掲げてもらうと、

  1. 「生活の一部」
  2. 「空気みたいな存在」
  3. 「寂しいときに、ふとつけるもの」
などの言葉が並んだ。蜜月関係とはいえないものの、長年連れ添った夫婦のような情愛が、学生とテレビの間には流れているようだ。

◆「残るは高齢者世帯」地デジ普及でNHK

日本民間放送連盟の広瀬道貞会長は二十日の定例会見で

「デジタル放送受信機の普及台数が一億数千万台になったもようで、このままいけばアナログと変わらない台数で七月を迎えられそう」
と地デジ化に向けた環境が整いつつあるとの見通しを示した。
だが、「世帯普及率が100%でなければテレビ離れにつながる」との懸念も。
NHK経営企画局の土屋円専任局長は
「各種調査で、残っているのは高齢者世帯。最後は手に手をとって一緒に渡るような取り組みが必要になるだろう」
と話す。

一方、電通総研が二〇〇九年八月に実施したウェブ調査では、地デジ化を機に自らの意思でテレビ視聴をやめると答えたのは2・9%。特に二十代男性では6・6%と高くなっている。

学生たちの声にも「是非とも欲しい」といった観点が無いようですね。
いわば消極的な肯定、といったところでしょうか?

我が家は、CATVユーザーなので地デジのためにTvを買い換える事はしませんでしたが、大型テレビにした時には、勝手に地デジ対応になっていました。
我が家も、地デジ対応済みとカウントされるのでしょうが、地上波放送(デジタル)を見ているのかとなるとちょっとニュースを見るぐらいで、特に番組を見ているとは言えません。

わたし自身は、小学生の時に白黒テレビが家に来た世代ですから、アメリカのテレビドラマなどはとてもよく見ていた方です。
今でも、「ルート66」のDVDを見たりしています。

だから、今ではFoxなどで、テレビドラマを見てますね。しかし地上波ではほとんどやっていないから見ない。

学生が指摘している

「ドキュメンタリーなどで見たい番組があっても、それに自分の時間を合わせるほどには意識を向けていない」。

DVDレンタルや、ゲーム機などへの有料配信など、見逃した番組を気軽に見られる仕組みを充実してほしい

はCATVで見ていても、結構重大な問題ですが、CATVでは番組が専門化しているから、比較的短時間で再放送されるので、見逃した感は少ないです。
しかし、こちらから見に行きたい、となると現在は番組予約や録画ですが、潜在的にはオンデマンド放送の要求が大きいという事でしょう。

現時点でオンデマンドを実現しているが、ネットなのだから放送はネットと一体にならないと成立しないとも言えます。

結局、この10年間ぐらいの地デジ騒動を考えてみると、放送関係者はアナログからデジタルに変わるから、白黒テレビ開始の頃に戻れる、と思っていたのではないだろうか?
あの頃に急速に消えたのが、貸本屋です。子供たちにとっては、貸本屋で漫画などを借りるのが普通だったのですが、テレビの普及にあわせて消えていった。
しかし、その後週刊誌として漫画本が登場します。これこそがイノベーションでしょう。
今の放送業界に、こういった動きはあるのだろうか?

1月 28, 2011 at 11:25 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50708150

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ離れは世代を超えて:

コメント

コメントを書く