« プリウスがトップ | トップページ | オーストラリア政府の捕鯨政策がウィキリークスで暴露された »

2011.01.04

阿久根市・議会開催中に専決処分

読売新聞より「阿久根市、議会開会中でも専決処分…補正予算

鹿児島県阿久根市の市長職務代理者の仙波敏郎氏(61)は4日、一般会計と四つの特別会計で計約1億5000万円の補正予算を専決処分した。

市議会は9月議会の会期を今月21日まで延長しており、議会開会中の専決処分は異例。

9月議会の会期は当初、昨年11月24日までだったが、補正予算案の審議に対応するため昨年11月と12月、2度にわたり会期を延長。

仙波氏は「むやみな会期延長は違法」と補正予算案の提案を拒否した。

約6000万円の一般会計補正予算には、出直し市長選(今月9日告示、16日投開票)の経費や生活保護費などが含まれている。

浜之上大成議長は「議会は閉会していない。議会に予算案を提出すれば済むこと」と批判している。

地方自治法179条は、首長は議会を招集する時間的余裕がない時などに専決処分できると規定しているが、鹿児島大の平井一臣教授(政治学)は

「議会開会中の専決処分は聞いたことがない。議会が開会しようが閉会しようが関係なく、いつでも専決処分できることになり、(首長と議会の)二元代表制の否定につながりかねない」
と指摘している。

(2011年1月4日21時25分 読売新聞)

なんか来るところまで来てしまった、という感じですね。

そもそも、議会が会期を延長したことに対して、市長が「会期延長が違法だ」ということ自体がよく分からないですね。
市長の提案が、市議会で否決されるから、専決処分にした、と見えるわけでこれでは話にならないわけですが、どうなるのでしょうか?

1月 4, 2011 at 10:04 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50494196

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久根市・議会開催中に専決処分:

コメント

選挙費用や生活保護分だけだったら内容的には適切かもしれないけど、方法論からいうとやっぱりねぇ。

一連の専決処分、誰が入れ知恵したのか知れないけど、なんか公文書偽造同行使のような気がしてきた。
だって、本来無効な文書に市長印勝手に押して有効を装って行使してるんだから。詐欺と一緒(だまされてるのは市長支持の市民ね)。

投稿: ねこぴよ | 2011/01/04 23:48:54

コメントを書く