« 都立高校はこっちに行ってはダメだよ | トップページ | 児童相談所の親権強化 »

2011.01.15

検察はバカの集団になったのか?

毎日新聞より「陸山会事件:石川議員が再聴取を録音 「自供誘導」主張へ

小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏を「起訴相当」とした検察審査会の1回目の議決(昨年4月)を受けて昨年5月、元秘書の石川知裕衆院議員=同法違反で起訴=が検察に再聴取された際、取り調べの模様を録音していたことが分かった。

関係者によると、捜査段階で容疑を認める供述をしたとされる石川議員に、検事が

「勾留中の供述と任意調べの供述が変遷すると検審に悪い影響を与える」
などと、認めた供述を維持するよう迫ったという。

石川議員は2月7日の初公判で起訴内容を否認する方針。

供述は誘導されたもので、信用性や任意性を否定するものとして録音した内容を書面化し、公判前整理手続きの中で裁判所に証拠申請している。

大阪地検特捜部を舞台にした一連の事件を受けて設置された法相の諮問機関「検察の在り方検討会議」でも議論の対象となることが予想される。

関係者によると、再聴取は昨年5月17日に東京・霞が関の検察庁舎で約5時間にわたり行われた。

石川議員は元外務省主任分析官の佐藤優氏のアドバイスでICレコーダーを忍ばせたといい、冒頭で検事から

「録音をとってないよね」
と確認されたという。

この中で検事は

「石川さんが全面否認で来るならやってやろうじゃないか。特捜部は徹底抗戦する」
などと発言。 石川議員が
「小沢さんが、いかがわしいお金を集めて(土地購入の原資とされる)4億円をつくったなんて認められない。
4億円を隠そうと思ってやったのではない」
と否定すると、検事は
「それでは上が納得しない」
などと話したという。

さらに検事は

「石川さんも(小沢氏の)強制起訴は望まないだろう。
保釈後の供述を変えたとなると、小沢さんから強い圧力があって供述を変えたと検審は見る。
そうすると強制起訴になってしまう」
と話したという。

検察側は捜査時、水谷建設元幹部が石川議員に渡したと供述した5000万円を土地購入原資の一部と見ていたが、石川議員は一貫して否定。

一方で石川議員は「表にできないお金だと思い隠した」などと供述した調書にサインをしていた。

毎日新聞 2011年1月15日 2時30分

いやはや何ともしょうもない物が出てきたものですね。

先日、刑事事件の公判で、警察の調書と検察の調書が同じだから被疑者が語ったものとは認められない、として検察調書が証拠採用されなかった、ことがありました。

紀藤弁護士に以前聞いた話で、対象は民事裁判ですが、日記や手帳、家計簿といった日常の事柄を記載しているような、膨大なメモの中に、事件に関わる例えば「お金を振り込んだ」といった記述があると、裁判では「事件以外の記事を含めて、全体を後から作ることは出来ないから、事件についての記述も当時書き込んだものだと推定できる」と判断する、のだそうです。

つまり「決定的証拠一つ」では考えないということです。 これに対して、警察や検察の調書が他の書類に比して格段に重要視されてきたのは、上記の説明のように膨大な情報をきちんと振り分けて捜査をした上での供述調書である、というお約束だったからでしょう。

それが「検察の都合」などと言い出したら、その時点で検察の捜査全体の信用が失われてしまうのは必然です。

捜査なのだから、都合が良いも悪いも無くて、真実に近づくためにどうやって事実を積み上げるか、そこには可能な限りの客観的な公平性が確保されていて当然です。
その中には、供述が変わって当然、だとして供述の変遷も捜査の一環であり「全部まとめると事件の事実がこのようであるから、真実はこうであった」と展開しないのだろうか?
変遷のない事件の事実なんてあり得ないだろう。

なんというか、検察全体の頭の悪さにあきれるばかりです。

1月 15, 2011 at 10:48 午前 事件と裁判 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50589984

この記事へのトラックバック一覧です: 検察はバカの集団になったのか?:

コメント

コメントを書く