« 秋田弁護士殺害事件・二警察官を告発 | トップページ | 阿久根市・市議補選・無投票当選ではあるが »

2011.01.08

タブレット端末ブームなのだそうだが

朝日新聞より「打倒アップル! ライバル各社の戦略 世界最大の家電見本市「CES」

2011年1月7日

世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー」(CES、全米家電協会主催)が6日、米ラスベガスで開幕。

参加各社は、画面を触って操作するタッチパネル式の「タブレット」と呼ばれる携帯型情報端末などを披露。カラーの電子ペーパー端末なども展示された。

9日までの開催。
主催者によると、参加国は130カ国、出展社数は2500社、来場者数は12万人と見込まれる。

(米ラスベガス=林智彦、文・写真とも)

【写真特集】世界最大の家電見本市「CES」が開幕

出展各社が新技術、新製品をアピールするCESは、その年の技術動向を占う場として、家電業界にとどまらずテクノロジー業界やメディアからも広く注目を集めてきた。

昨年のトレンドは3Dテレビと電子書籍リーダーだったが、今年は、タブレットとネットテレビの年になると言われ、40種類以上のタブレット新製品が展示された。

タブレットといえば、昨年、CESの閉幕後にアップルが発表したiPad(アイパッド)が世界的なブームとなった。
タブレット状のパソコンはそれまでもあったものの、アップルのモバイル端末用OS「iOS(アイオーエス)」の卓越したデザインと革新的な操作性が、それまでになかった市場を切り開いたと評価された。

無料の携帯用OS(基本ソフト)「アンドロイド」でアップルに対抗するグーグルは、アンドロイドを着実にバージョンアップするとともに、タブレット用に特化したOSの開発も進めてきた。
その名も「アンドロイド3.0(通称Honeycomb=「ハニーコム」ハチの巣)」。

ハードウェアメーカーは、アイパッド対抗製品を作るにあたって、「ハニーコム」を採用してソフト面での魅力を高めるか、ハード自体に工夫をして利便性を高めるか、あるいはこの二つの混合という戦略を取り始めている。そのことがはっきりしたのが今回のCESといえそうだ。

グーグルと協力して「ハニーコム」自体の能力で勝負しようとしているのが、米モトローラと韓国のLG。

モトローラは「XOOM(ズーム)」、LGは「G―Slate」というタブレットを発表した。XOOMはCESの基調講演にも登場、同社の力の入れ方がうかがわれた。

展示場のデモ機は動画が表示されるだけのものだったが、基調講演で見た使い勝手、デザイン性はアイパッドをもしのぐかと思われる水準で、会場の評判もよかった。

ハードウェアの魅力に注力したメーカーとしてはサムスン、レノボ、デルなどが会場で目を引いた。

タブレットはそれまでパソコンに縁のなかった層には受けているが、パソコンを使いこなしている層の中には、タッチ入力よりキーボードを使った方が入力が確実で早いことを理由に抵抗感を示す人もいる。
この抵抗感をやわらげるため、これらのメーカーが出した答えは、「合体・変形メカ」だ。

サムスンは、「スライディングPC 7シリーズ」でタブレットの下部からキーボードがせり出してくる変形メカニズムを採用、ノートとしてもタブレットとしても使えるようにした。

レノボは、本体と画面部分が外れ、画面部分だけでも使用可能な「合体メカ」を採用した「IdeaPad U1Hybrid」を発表。

またデルは、すでに発売している「インスパイロン・デュオ」で、画面全体が回転してノートPC的にもタブレット的にも使えるようにした。

これらのメーカーとは一線を画す向きもある。リサーチ・イン・モーション(RIM)は「PlayBook」という独自OSによるタブレットを発表した。これもかなりの人気で、行列ができていた。

日本メーカーではパナソニック、東芝、シャープ、NECがタブレット端末を発表したが、どれも端末よりもネットワークサービス(クラウド)との連携を強調した製品だった(写真はパナソニックの「ビエラ・タブレット」)。

どのアプローチが成功するのか、1月中にも発表が予想されている次期アイパッドの動向とも相まって、激しい戦いが始まりそうだ。

わたしは、旧型タブレットと分類される NEC のピュアタブレットを使っていました。
実際に使って見ると、人に説明するといった場面では非常に便利です。
タブレットですから、ペンが使えるのでパワーポイントの操作では、ペンでアンダーラインを示すなどレーザーポインターの比ではない表現が手軽に使えます。

しかし、当時(2003年)の技術では、性能と電池容量と重量のバランスが難しくて、モバイル環境では短時間しか動かせないのが致命的でありました。

プレゼンなど他人に見せるのではなく、自分で見るという点からは、この電池が持たない、を筆頭にいくつかの問題がありました。

  • サイズが大きすぎる
  • 明るいところでは非常に見にくい
  • 動作が遅い
  • Windows の操作がタブレットには合わない。
  • そもそもPCの情報を外部で見ること自体に疑問がある
  • 電子ブックが無い。

こんな経験があったので、Kindleを買ったのですが、必要な項目は次のように絞りました。

電池寿命時間ではダメで日数単位が必須
PCである必然性はない例えばワードで文章作ったりしない。
電子プックは欲しい未だに入手できないが、期待している。
PDFは読みたいこれさえ出来れば、資料が持ち歩ける。
電子ペーパーが欲しい電池寿命と、外部での見やすさ
B5サイズ以下が欲しい。

Kindleにして良かったとなりますが、Kindleだけだとプレゼンテーションなどは出来ませんが、これはネットブックで済ませています。

こんな経験から見ると、どうもタブレットにはいくつかのポイントがあって、そこに当てはまらないユーザーには、あまり有効ではないだろうと思われます。

  1. 人に見せる
  2. 書籍や手帳・資料の持ち歩き

AとBで液晶か電子ペーパーかが分かれます。
当然ですが、AでもBでも補助的なデバイスであって、資料の作成とかデータの整理といった、アプリケーションを使い分ける、大量の入力をする、といったことはデスクトップでやった方が良いに決まっています。
例えば、人に見せる場合を考えても、セールスとしてカタログを見せる場合にはタブレットであっても、その後注文を入力するのであれば、ノートPCの方がよいとなります。

つまり、用途が限定というかかなり特殊な分野であり、その意味では今まで適当なハードウェアがなかった電子ブックリーダーの方が現実的には用途が多いように思います。
カラー液晶で、きれいなタブレットPCには現実的な用途が意外なほど無いでしょう。

1月 8, 2011 at 02:21 午後 新商品やお買い物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50526320

この記事へのトラックバック一覧です: タブレット端末ブームなのだそうだが:

コメント

コメントを書く