« 2010年4月25日 - 2010年5月1日 | トップページ | 2010年5月9日 - 2010年5月15日 »

2010.05.08

ネットによる人権侵害・・・・シンポジウム

「弁護士会館のイベント案内」で紹介した「ネットによる人権侵害――インターネットにおける表現の自由を考える」に参加してきました。

パネラーが

  • 紙谷雅子 氏(学習院大学法学部長)
  • 大村真一 氏(総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課企画官)
  • 江川紹子 氏(ジャーナリスト)
  • 丸橋透 氏(ニフティ株式会社法務部長)
でしたので、最初から「プロバイダ責任制限法の話が出て来るだろう」と予測して行きました

会場である、弁護士会館のクレオは何度も行っているところですから、さっさと階段を上がって、受付で資料をもらって入場してちょっとビックリ。

60歳代ぐらいの方が大勢居ます。

会場で意見のある人は、専用の用紙が用意されていて、意見や疑問などを書いて問題として司会者に採りあげてもらう、という型式でした。

この方式で、先に述べた方々が、パネルディスカッションが進まないうちにドンドン書いて提出しているのです。

司会者は「会場からの意見」として「わたしも当事者なのだが・・・・」という意見が多数来ているというのですね。

つまり会場の参加者の中に「検索されるのを止められないか」とか「削除するにはどうするのか?」といった問題を抱えている人たちが大勢来ていたのでした。

まあ、多くの方々は新聞記事のタイトル通りに「ネットによる人権侵害」という観点で「被害者救済」を求めて参加されたのではないのか?と想像します。

しかし、わたしは上記に書いた通り、プロバイダ責任制限法の話に触れるし、発言削除と、通信の秘密、表現の自由とのバランスの話になるだろう、と思っていましたし、現実にその通りになりました。

管理者が、削除要求を受けて、掲示を削除した場合、その事実を実名を表示して「○○氏からの削除要求を受けて削除しました」と書き込んだから、その記事で、管理者が名誉毀損で訴えられないか?

という質問がありました

こんな、コンニャク問答になるとは、「被害救済の手段」を求めて参加された方々にとっては「何なんだい!!」みたいな感想だったのではないかと思います。

そういう意味では、わたしが参加している情報ネットワーク法学会の研究会の色彩が非常に強くて、一般受けはしないでしょうが、この種の公開シンポジウムは繰り返し行うべきだと思います。

5月 8, 2010 at 11:58 午後 セキュリティと法学 | | コメント (1) | トラックバック (1)

特別支援学校生徒の転落事故

読売新聞より「遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く

7日午後1時25分頃、東京都練馬区の遊園地「としまえん」で、人気アトラクション「フライングカーペット」に乗っていた埼玉県立所沢特別支援学校(所沢市)の高等部1年の男子生徒(15)が転落した。

男子生徒は腕の骨を折るなどの重傷を負ったが、命に別条はないという。警視庁練馬署が詳しい状況を調べている。運営会社の豊島園は当分の間、フライングカーペットの運行を中止するとしている。

同署や豊島園によると、フライングカーペットは40人乗りの回転式遊具で、客の乗る「カーペット」が水平状態を保ったまま振り子のように前後に動いた後、回転し最大12メートルの高さまで上がる。

運行時は、安全バーを太もも付近に下げ、体を固定するが、転落した男子生徒はフライングカーペットが動き出した後、安全バーから両足を抜き、正座のような姿勢をとったという。

係員が緊急停止ボタンを押したが間に合わず、生徒は高さ約7メートル付近の位置から約10メートル斜め後方に振り落とされたという。

男子生徒は同校の遠足のため、教師を含む42人で訪れていた。

引率の教師は男子生徒の前列の斜め左に座っていた。

としまえんのフライングカーペットでは1992年8月、開園前の点検作業中に男性作業員(当時58歳)がカーペット部分の下敷きになって死亡する事故が起きているが、乗客の事故は初めてという。

としまえんでは、工藤真一管理課長が同日午後6時半から記者会見し、「けがをしたお客様の一日も早い回復を祈っています。警察の捜査には全面的に協力したい」と述べた。

◆足を引き抜く事態想定せず◆

豊島園によると、フライングカーペットの安全バーは締め付け過ぎないよう、太ももとの間に若干のすき間を残して固定している。
座席は4人がけで、1本の安全バーを隣に座った人たちと共有する仕組みだったという。

遊具の安全点検にあたる技術者の講習を行っている財団法人「日本建築設備・昇降機センター」(東京・港区)は「体格が全く同じでない限り、どうしても、大きな人に合わせざるをえない」と指摘している。

事故当時、生徒の隣には2人が座っていたが、豊島園では「3人とも体格に大きな差はなく、安全バーに必要以上のすき間はなかったと思う」としており、「乗客が自ら足を引き抜くような事態は想定していなかった」などと説明している。
(2010年5月8日03時11分 読売新聞)

この事故は、防げなかったと思います。

  1. 引率の教師は男子生徒の前列の斜め左に座っていた。
  2. 動き出した後、男子生徒は安全バーから両足を抜き、正座のような姿勢をとった
  3. 係員が緊急停止ボタンを押したが間に合わず、生徒は高さ約7メートル付近の位置から約10メートル斜め後方に振り落とされた。

ということですから、これ以上の安全策となると「乗せない」になると思います。
ニュース映像で見ると、4人一列ごとに安全バーが膝の前方から太ももの上に下りてくるような仕組みのようです。

そのために

「体格が全く同じでない限り、どうしても、大きな人に合わせざるをえない」
となるのでしょうが、では一列ではなくて個別に抑えるようにしたらどうか?となりますと、それでも今回のように「本人の意志で安全バーから抜け出した」という事態には対応出来ないだろう、と思います。

極めて難しい問題だと言えますね。

5月 8, 2010 at 08:49 午前 事故と社会 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

弁護士会館のイベント案内

朝日新聞より「「ネットによる人権侵害」考えるシンポ 東京で8日

東京の3弁護士会と日本弁護士連合会は8日、「ネットによる人権侵害――インターネットにおける表現の自由を考える」と題するシンポジウムを、千代田区霞が関1丁目の弁護士会館2階クレオで開く。

第1部で犯罪報道をテーマに昨年公開された映画「誰も守ってくれない」を上映、第2部で総務省担当者やニフティ法務部長らがパネル討論する。

午後0時半開場、1時開演。無料。定員先着500人。問い合わせは03・3595・8583。

日弁連が関わるイベントは日弁連のHPに掲載されますから、さっそく見てみました。
第19回憲法記念行事 「ネットによる人権侵害~インターネットにおける表現の自由を考える~」」

こちらのイベントは日弁連・東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会の共催です。詳細は第一東京弁護士会HP(→こちら)を参照下さい。

また、前日の5月7日(金)には、裁判所、検察庁、弁護士会を巡るスタンプラリーを実施します。スタンプラリーの応募方法等、詳細は第一東京弁護士会HP(→こちら)に掲載されています。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時 2010年5月8日(土)13:00~17:00(12:30開場)
場所 弁護士会館 2階講堂 クレオ
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)(→会場地図
参加費等 入場無料(先着500名)・予約不要
内容
第1部 映画「誰も守ってくれない」上映
第2部 パネルディスカッション
パネリスト
  • 紙谷雅子 氏(学習院大学法学部長)
  • 大村真一 氏(総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課企画官)
  • 江川紹子 氏(ジャーナリスト)
  • 丸橋透 氏(ニフティ株式会社法務部長)
コーディネーター
  • 上柳敏郎 氏(弁護士)
主催 日本弁護士連合会 東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会
問合せ先 第一東京弁護士会 人権法制課 
TEL:03-3595-8583

明日の昼ですが、総務省系のシンポジウムですね。
総務省の大村さん、ニフティ社の丸橋さんとは面識もあるので、ぜひとも参加しようと思っています。

映画「誰も守ってくれない」は、2008年製作され、2009 年1月公開。第32回モントリオール世界映画祭にて最優秀脚本賞受賞です。
詳しくは、こちらなどをご覧ください。

5月 7, 2010 at 09:09 午前 セキュリティと法学 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.05.05

新オフィス地区の苦闘

朝日新聞より「さいたま新都心10年 「関東の中心」になるはずが…

さいたま市のさいたま新都心が5日、2000年の「街びらき」から10周年を迎えた。

当時の為政者は「埼玉百年の大計」としたが、現在の就業人口は計画の3分の1程度。
複合ビル建設計画の見直しなど、新たな課題にも直面し、街づくりは正念場を迎えている。

大型連休の初日。JRさいたま新都心駅東側地区の商業施設「コクーン新都心」は、家族連れやカップルでにぎわった。
昼過ぎ、各レストラン前には入店を待つ行列ができ、1千台収容の駐車場は、ほぼ満車だった。

対照的だったのが、駅西側地区。
国の出先機関が入る合同庁舎周辺などは人影がまばらで、人出が目立ったのは、街びらき10年の記念行事が開かれていた「さいたまスーパーアリーナ」と、その周辺ぐらいだった。

新都心と呼ばれる開発地区は、東京ドーム約10個分の47.4ヘクタール。
日本郵政や民間企業のビル、ホテル、大型スーパーなども立ち並ぶ。

新都心誕生のきっかけは、国が打ち出した「業務核都市」構想。

1986年、東京への一極集中を緩和するため、浦和・大宮地区が首都圏の広域的な拠点の一つに選ばれた。

89年、横浜や千葉との誘致合戦の末、同跡地への政府機関の移転が決定。
91年に開発が着工され、国の約20機関が移転して2000年5月、街びらきにこぎつけた。

当時の土屋義彦知事は「埼玉百年の大計」と位置づけた。当初の5年間は、さいたま市の誕生や政令指定都市化、コクーン開業などもあり、計画は順調に進むかのようにも見えた。

■「にぎわい創出」課題

目算の狂いが目立ち始めたのは、06年。

合同庁舎の隣の「第8―1A街区」(2.4ヘクタール)にデジタル放送用タワーを誘致しようとしたが、「東京スカイツリー」(東京都墨田区)との競争に敗れた。観光などの目玉候補を失った。

昨年以降も、苦難が続いている。

同街区では、オフィスや商業施設などが入る高さ186メートルの複合ビルを、三菱地所などが建てる計画だった。

しかし、「オフィス需要低迷など経済状況の変化」を理由に、県や市に計画見直しを申し入れたことが表面化した。
計画継続に向けた協議が続いているが、期限は7月25日。「規模縮小は避けられない」(市関係者)との見方もある。

スーパーアリーナ内の「ジョン・レノン・ミュージアム」も、来館者減少などの理由で9月末の閉館が決定。
市観光政策課は「全国に発信できる観光資源だったのに」と落胆している。後継施設は未定で「どうしたら人が呼べるかを考えたい」(県都市整備政策課)という状況だ。

先行きが不透明な施設は、他にもある。現政権が掲げる国の出先機関の「原則廃止」が実現した場合、合同庁舎をどう活用するかという問題が浮上する。

完成前から見物客が大勢訪れるスカイツリーとは対照的に、新都心は今も「にぎわい創出」が課題だ。

県によると、街びらき前に5万7千人と計画していた就業人口は、1万9千人足らずにとどまっている。

県内の経済シンクタンクの担当者は

「民間企業が増えれば理想的だが、不況で東京都心でさえオフィス賃料が下がっている中、新都心まで来るメリットは見あたらない。商業施設もショッピングモールは県内各地にあり、にぎわいをどう生み出すかは難しい」
と話している。(平林大輔)

■さいたま新都心の歩み

1986年浦和・大宮地区が「業務核都市」に位置づけられる
  89年旧国鉄・大宮操車場跡地への政府機関の移転が決定
  91年新都心開発の着工式
2000年JRさいたま新都心駅開業(4月)、街びらき(5月)
  01年浦和、大宮、与野の3市が合併し、さいたま市が誕生(5月)
  03年さいたま市が政令指定都市に(4月)
  04年「コクーン新都心」開業(9月)
  06年デジタル放送用のタワー誘致に失敗(3月)
  09年タワー候補跡の「第8―1A街区」で計画見直し問題が浮上(11月)
  10年ジョン・レノン・ミュージアムの9月末での閉館が決まる(2月)

横浜のみなとみらい地区は1979年から始まりましたが、土地区画整理がようやく完了しようかという段階で、早い話がなかなか買い手が付かなかった。
神戸でも同じようなことになっています。

要するに、さいたま新都心特有の問題ではない。

どう考えても、東京、神奈川、埼玉、千葉と隣接した地区で、一斉に巨大オフィス用地を作って、全てが埋まることは考えられないわけで、結局は既存の地域からの移転が主になります。

そのような状況では、コストが安いことが一番になるでしょうから、目算通りの収益は期待できない。

さらに、高速道路の使いにくさは、横浜とは比べものにならないわけで、これではなかなか移動しないでしょう。

結局、「箱を作れば何とかなる」というやり方が、ダメだったと言うことで、時間を掛けて埋めていくべきなのでしょうが、何とかなるのかは疑問です。

もう、明らかに「過去の遺物」と化しつつあるのが、この種の「開発」でありましょう。

5月 5, 2010 at 09:03 午後 経済 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.04

夜の北朝鮮

わたしのPCの壁紙は、World Clocks Wallpaper にしています。

まあ、単純に日照を示す世界時計になっているだけなのですが、日本から中国・ロシアあたりの午前0時頃のを表示を切り取ったのが、以下の画像です。

Up

日本の東京から太平洋岸に向けて二紙に明るいのが分かります。
しかし、韓国の上側つまり北朝鮮は、真っ暗です。

中国も広大とは言え、全体に明るいのに対して、まるで砂漠や原始林地帯のように人の気配を感じさせません。

もちろんこの写真がリアルタイムの情報ではない、ことも含めて正確なものなのかはなんとも言いようがありませんが、他の衛星写真の情報も同じような事になっています。

日本の目と鼻の先にある北朝鮮が、こんな国であり、韓国・中国・台湾などとも全く様子が違う、のだということは覚えておくべきですね。

5月 4, 2010 at 12:32 午前 国際経済など | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.02

日本ペンネット発足

「日本ペンネット」旗揚げのお知らせ。

やや日刊カルト新聞「日本ペンネット」結成、5月22日に都内で旗揚げイベント
紀藤正樹弁護士のブログ日本ペンネット(英語名 THE JAPAN PEN NET or PEN NET JAPAN 略称 JPN or PENN )結成記念イベントが開催されます。
山口貴士弁護士のブログ「日本ペンネット」旗揚げ!

この話にはわたしも絡んでいますが、やや日刊カルト新聞にいきさつの説明があります。

「日本ペンネット」は、先日有罪が確定した「橋爪事件(平和神軍観察会事件)」を契機に、ジャーナリスト、ブロガー、一般市民を中心に結成されました。

「橋爪事件」とは、「平和神軍観察会 逝き逝きて平和神軍」の運営者・橋爪研吾氏が、ラーメン花月チェーンの運営会社「グロービートジャパン」と右翼カルト集団「日本平和神軍」との関係などをネット上でリポートし、グロービート社から名誉棄損を理由に告訴されていた事件です。

今年3月に最高裁が上告を棄却し有罪が確定してしまいました。また、この判決について、読売・産経・東京といった大手新聞が、事実確認取材もしないまま橋爪氏について事実無根の誹謗中傷報道を行いました。

「日本ペンネット」は、こうした状況を憂慮し、一般市民(特に社会的問題に関係する情報を扱う人々)の表現の自由を委縮させないことを目的として結成されました。

初期メンバーは11名で、そのうち代表に本紙主筆・藤倉、顧問に紀藤正樹弁護士が就任しました。今後、規約や入会規則等を整備し、イベントを開催するなど、広く一般市民の参加を呼びかけていきたいと考えています。

この記事に紹介されている通り、橋爪事件の最高裁有罪確定を受けて、今後のために何かをしようという話は、裁判を応援していた人たちの間では以前から話題になっていたことを形にしようというものです。

一つには、記録を残すという意味で「書籍化」が採りあげられています。
もう一つが、「旗揚げイベント」です。

2010年5月22日(土)12:30~

「日本ペンネット」旗揚げ!
最高裁と大マスコミはネット表現の敵ですか?
有罪確定の「平和神軍観察会」運営者を囲む会


ラーメン花月チェーンと右翼カルト「平和神軍」の関係(事実です)を暴いたら、訴えられて最高裁でも負けちゃった。大手新聞からは、取材もないまま愉快犯扱いされて誹謗中傷されちゃった。最高裁も大マスコミも「ネット表現の自由」の敵確定。いま、ブロガーは何をすべきか。“前科一犯”にされた「平和神軍観察会」運営者を囲み、裁判(係争中含む)経験者のブロガーたちが語る。
ネットで活動する一般市民を中心に、ネット表現の自由を守るため結成された「日本ペンネット」旗揚げイベント。紀藤正樹弁護士のサプライズ参加あるかも!?

【場所】
NakedLoft
東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
TEL: 03-3205-1556
【時間】12:00開場/12:30開演
【料金】前売¥1,000/当日¥1,200(共に飲食代別)、現在、Naked Loftにて電話予約受付け中
【出演】橋爪研吾(「平和神軍観察会 逝き逝きて平和神軍」運営者)/山口貴士(弁護士) /Beyond(「悪徳商法?マニアックス」運営者)/天羽優子(「水商売ウォッチング」運営者)
【司会】藤倉善郎(日本ペンネット代表、やや日刊カルト新聞社主筆)
【主催】日本ペンネット
【協賛】やや日刊カルト新聞社
【開場地図】

2003年に悪徳商法?マニアックスの主催者 Beyond 氏が、民事・刑事で訴えられて「考える会」を作った時に、わたしは会長を引きうけました。

当時は「インターネット上の表現の自由」という言葉が社会的にも有効だったと思います。
しかし、今では「インターネットってなあに?」という時代に変わってしまったと考えます。

インターネット=PC的だったものが、携帯電話を中心とするモバイル環境に移り、単なる「ネット」になってしまった。
そこで「インターネット上の・・・・」といった表現はまずいだろう、という意見を出しました。

要するに、より大きな市民的な表現の自由、同時に日本だけでなく世界的にも通用するように、そして長期的に続けられるように、といった観点から「日本ペンネット」と決まりました。
紀藤弁護士のブログより

市民の表現の自由を委縮させる「橋爪事件」のような事件をなくすため、
表現の自由を守るため、4月29日、この問題を憂えるジャーナリスト、ブロガー、一般市民を中心に、日本ペンネット(英語名 THE JAPAN PEN NET or PEN NET JAPAN 略称 JPN or PENN )が結成されました。
僕は、この団体の顧問に就任しました。

ペンネットという言葉には、もちろん表現者にとって「ペン」が重要である、という思いが込められています。
つまり、社会情勢や文化が変わっても市民の情報発信の重要性を確認する場として続けられるようにしたい、といったことで決まったネーミングです。

イベントが5月22日(土曜)なので、それまでにいろいろな事が急速に進む予定になっています、今後も随時進行状況をお知らせします。

5月 2, 2010 at 10:31 午前 ネットワーク一般論 | | コメント (0) | トラックバック (0)