« 表現の自由の自殺の道連れにされたくはない | トップページ | 阿久根市・市長リコール成立 »

2010.12.04

DVDのコピー禁止の法制化

朝日新聞より「DVDコピー、家庭内も禁止へ 暗号で保護のソフト対象

2010年12月4日4時30分

DVDやブルーレイなどに収録されている市販の映画やテレビドラマなどの映像ソフトをコピー(複製)する行為は、家庭内であっても違法になりそうだ。

暗号化技術を使って保護されているソフトが対象で、保護を破るプログラムの製造や配布も禁止される。ネット上にあふれる「海賊版」を抑制するのが狙い。

文化庁が3日、方針を固めた。

文化審議会の小委員会のワーキングチームが報告書をまとめた。
早ければ、来年の通常国会に著作権法改正案を提出する。
複製行為については罰則は設けない。

映像ソフトを保護する技術は複数あるが、文化庁によると、現在は、情報を「暗号化」するタイプが主流という。
この技術を破るプログラムがネット上などで公開され、指南本も市販されており、一部の人はパソコンで映像ソフトを複製している。

現在の著作権法は、こうしたプログラムを製造・配布したり、このプログラムを使って家庭内で複製したりすることを規制していない。
複製された映像がファイル交換ソフトなどでネット上に出回り、映画業界が問題視してきた。

1999年の同法改正では、「信号」を付与してコピーを禁止する技術を破る行為を、規制の対象にした。

当時、「暗号化」技術については、複製そのものを防ぐものではないとみなして、規制しなかった。

文化庁は、小委員会で検討してきた、違法な海賊版ゲームソフトを使えるようにする装置「マジコン」の製造を禁止するのとセットで、著作権法を改正する方針だ。(赤田康和)

どうなのだろう?
マジコンと同列に扱えることなのだろうか?

マジコンというのは、ゲーム機のプロテクト破りだから、確かにDVDのプロテクト破りと論理的には同列と言えるのだろうが、ゲーム機ではゲーム機本体とソフトウェアの組み合わせは一対一であるから、マジコンでは簡単に禁止できるだろうし、副作用も少ないだろう。

しかし、DVDではプレーヤとソフトウェアの組み合わせは事実上無制限で、特にプレーヤーが進化すると、昔のDVDが見えないといった副作用が生じるのではないのか?

この点は、コピーコントロールCD(CCCD)が消滅してしまったのと同じようなことになる気がする。

結局、DVDに対して再生装置が適正であるかを保証しない限り、保護を破る装置というのは決められないから、それをどうやって決めるのだろう?

うまく行くとはちょっと思えないのだが。

12月 4, 2010 at 12:28 午後 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50206486

この記事へのトラックバック一覧です: DVDのコピー禁止の法制化:

コメント

どちらかというとダウンロード違法化のように
技術的には何の制限もできないから法律で抑止するしかないって事なんじゃないですかね。

ダウンロード違法化がどれだけ効果があったのかもよくわかりませんから、似たような結果になるでしょう。

投稿: サルガッソー | 2010/12/05 23:38:13

コメントを書く