« 四日市で瞬間停電、工場の操業に支障あり | トップページ | ネット選挙時代の到来 »

2010.12.10

東アジアのお子様国家

  1. サンケイ新聞より「民主活動家vs官製“中国人デモ対決” 平和賞授賞式を前に
  2. サンケイ新聞より「「傲慢」「危害」…中国政府いらだちピーク 平和賞授賞式を前に
  3. Newsweek 日本版 より「国連もノーベル賞より中国が大事?

ノーベル賞授賞式が近づいていますが、ノーベル平和賞に対する中国政府の「外交」がへんてこなことが、大々的に報道されています。

一番目の記事は、授賞式が行われるオスロで中国人のデモが対決するというもので、中国政府に反対する中国人と、中国政府を支持する中国人が、オスロでそれぞれデモを計画しているという。

二番目の記事には中国政府が、米国下院の劉氏の釈放を要求する決議案に対して「一部の米議員に誤った言行をやめ、傲慢(ごうまん)な態度を改めるよう促す」 と言っちゃったのですが、サンケイ新聞の記事の通り圧倒的多数も「定数435人の下院で、402対1」でありました。
どう見ても「一部の議員」ではないですわ。

三番目の記事は、国連人権高等弁務官がノーベル賞の授賞式に出席しない、ということなのですが、高等弁務官はノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏に対して、以前はかなり肩入れをしていた、だから代理を送るなど何らかの動きを期待したのだが、何もしないと声明した。

そこで、中国が国連事務総長の潘基文を通じて圧力を掛け、潘基文が中国に屈したのが問題だ、という記事です。

これをまとめて読んでみると、中国というのはお子様国家なのではないか?という印象があります。
まして、孔子平和賞を作るというのにいたっては、ヒステリーとしか言いようがないでしょう。

友愛とかノンキなことを言う政治家にも困りますが、お子様巨大国家というのはもっとまずいよ。


サンケイ新聞より「民主活動家vs官製“中国人デモ対決” 平和賞授賞式を前に

2010.12.10 09:29

【オスロ=矢板明夫】
中国の民主活動家、劉暁波氏に対する10日のノーベル平和賞授賞式に合わせて、オスロ入りした中国の民主活動家ら約100人が9日、中国大使館前で「劉氏を釈放せよ」「最後のベルリンの壁を壊せ」と書かれた横断幕を掲げてデモ行進した。

中国当局を支持しノーベル賞委員会に抗議するノルウェー在住の中国人によるデモも計画されており、中国人同士によるデモ対決となっている。

在ノルウェー中国大使館前のデモは、米国在住の民主活動家、楊建利氏が呼びかけた。
デモには牧野聖修衆院議員(民主党)も参加、「日本は中国の民主化問題について隣国としてもっと関わるべきだ」と述べた。

一方、ノルウェー在住の中国人によるデモは授賞式当日の10日午後に予定されており、「ノーベル賞委員会の中国に対する内政干渉」などを抗議することが目的としている。

同デモの主催者はメディアに対し「あくまで自発的な行動」と主張し、中国による官製デモとの見方を否定している。

しかし、国際人権団体によると、中国の外交官らは10月ごろから、在ノルウェーの中国人団体などを訪ねて「内政干渉抗議デモ」への参加を繰り返し要請、参加しない人に対し、「深刻な結果を招く」などと警告したという。

サンケイ新聞より「「傲慢」「危害」…中国政府いらだちピーク 平和賞授賞式を前に

2010.12.10 09:35

【北京=川越一】
中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞式を翌日に控えた9日、中国政府は劉氏の授賞に反対する立場を強いトーンで改めて主張、当局内のいらだちがピークに達していることをうかがわせた。

中国政府は、米下院が8日、劉氏の釈放を要求する決議案を圧倒的多数で採択したことに反発。

外務省の姜瑜報道官は9日の定例記者会見で、

「一部の米議員に誤った言行をやめ、傲慢(ごうまん)な態度を改めるよう促す」
と、米議会に対する敵対心をあらわにした。

姜報道官は、国際社会がノーベル平和賞に値すると認める劉氏の業績を

「一般的な評論の範疇(はんちゅう)を超えた、現実社会に危害を与える行為」
と表現。
「今年の平和賞に多くの人が反対している理由を考えるべきだ」
と国際世論に耳をふさいでいる。

また、報道規制も強めており、米CNNや英BBCのウェブサイトの閲覧を制限している。

Newsweek 日本版 より「国連もノーベル賞より中国が大事?

中国の民主化活動家、劉暁波のノーベル平和賞授賞式に国連人権高等弁務官が不参加を表明。
その裏には中国の圧力が見え隠れしている

2010年12月09日(木)16時46分

国連人権高等弁務官(UNHCHR)がノーベル賞授賞式への出席を辞退――例年なら問題にもならないような話かもしれないが、今年は話が別だ。ノーベル平和賞の受賞者が、中国の民主化活動家で収監中の劉暁波(リウ・シアオポー)だからだ。

出席辞退を発表したUNHCHRのナビ・ピレーの広報担当によれば、授賞式が開かれる12月10日は世界人権デーでもあり、スイスのジュネーブで行われる予定の別のイベントに出なければならないという。
ノーベル賞授賞式に出席するため、スイスに代理を送るつもりはないとしている。

ピレーの欠席は、潘基文(バン・キムン)国連事務総長に対し人権団体からの批判が高まるなかで発表された。

今も劉暁波は収監中で、妻の劉霞(リウ・シアン)も夫のノーベル賞受賞が決まってからは自宅軟禁されている。

しかし潘基文は、2人を解放するよう中国政府を説得することに失敗。受賞を祝福する声明も出していない。

劉暁波は1989年の天安門事件にも関わった民主化運動のリーダーの1人。
同時に、中国の知識人や人権運動家が政治改革や人権環境の向上を求めて発表した「08憲章」の起草者の1人でもある。

アメリカ在住の中国人反体制活動家で、ノーベル賞授賞式で劉暁波の代理人を務める楊建利(ヤン・チエンリー)は、ピレーの欠席は高等弁務官としての責任の放棄だと非難した。「中国政府から直接的な圧力を受けたに違いない」

他国の高官に欠席を迫る中国

特に疑わしいのは、欠席が発表されたタイミングだ。

「ノーベル平和賞が発表された後、潘基文と中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の会談が行われた。そこで潘が劉暁波に関する話題に一切触れずに終わった直後、ピレーの欠席が発表された」
と楊は指摘する(ニューヨーク・タイムズ紙はこれを潘の「恥ずべき沈黙」と呼んだ)。

一方のピレー側は、今回の欠席はあくまで世界人権デーのイベントが理由で、中国は無関係だとしている。

「彼女にとっては簡単に欠席できる催しではない。今回のイベントでは、これまで無名だった人権擁護者たちに光を当てようとしている。そのために何カ月も前から準備してきた」
と、ピレーの広報担当は言う。

ピレーを支持する人々に言わせれば、彼女はノーベル賞発表の前から、劉暁波に対する中国の姿勢を厳しく非難してきたという。
09年に中国の裁判所が劉暁波に対して懲役11年の刑を下したとき、ピレーは中国政府を批判した。

「劉暁波に対する有罪判決と厳しすぎる量刑は、中国で言論の自由への締め付けがさらに強まることを示している」
と、当時のピレーは語っている。
「人権の保護・促進に対する中国の取り組みに、不吉な影を落とす非情に残念な判決だ」

Reprinted with permission from Turtle Bay, 09/12/2010.(c) 2010 by The Washington Post Company.

12月 10, 2010 at 11:33 午前 日記・コラム・つぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50260827

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアのお子様国家:

コメント

コメントを書く