« 宇宙船ドラゴンの帰還 | トップページ | 東アジアのお子様国家 »

2010.12.10

四日市で瞬間停電、工場の操業に支障あり

朝日新聞より「電圧低下0.07秒、月100億円減収の恐れ 東芝工場

2010年12月10日5時1分

「0.07秒」の電圧低下が、日本のものづくりを揺るがしている。

8日早朝、中部電力管内で電圧が一瞬低下。
東芝の半導体製造の主力である四日市工場が一部操業を停止した。
コスモ石油四日市製油所も操業を停止したままだ。高い品質の電力に頼る日本の製造現場のもろさを露呈した。

東芝四日市工場は、電源を切っても記録データが保たれる「NAND型フラッシュメモリー」を生産している。
パソコン用のメモリーカードやスマートフォン(多機能携帯電話)、デジタルカメラ向けの需要が急増し、フル操業を続けるなかで事態は起きた。

半導体工場は精密な製造装置が多く、電圧の安定した質の高い電気が欠かせない。
このため、落雷などで電圧が変動した影響を製造装置に伝えないように「UPS」(無停電電源装置)を備えるのが一般的だ。

東芝によると、四日市工場も主な製造装置にUPSを付けていたが、製造装置のあるクリーンルームの空調設備が停止。
電圧低下の落ち幅や時間が想定よりも大きく、対応しきれなかったという。

半導体製造では、ほこり一つない状態が必要だ。いったん止まると設備の洗浄や製造途中の半製品の撤去、設備の点検を経ないと、再開できない。

東芝は現在、設備が正常に動くか確認中で

「7割程度が復旧し、10日には通常通りの操業に戻る見通し」。
ただ、来年1~2月の出荷量は最大2割減る恐れがあるという。同社は1~3月のフラッシュメモリーの売上高を約1700億円と予想。
単純計算では2割減ると月額100億円程度の減収になるとみられ、業績への影響も懸念される。

コスモ石油四日市製油所では、電圧低下の影響で停電が3時間弱続いた。
自家発電設備は平時から動いており、非常時には完全に切り替わるはずが、この電源まで止まった。
原因を調査中だ。

中部電力によると、今回、少なくとも大口の取引先146件に影響が出た。
四日市火力発電所にある変電設備のスイッチの不具合が原因だが、なぜ起きたかは不明だ。

専門家の中には、精密装置は、電圧が2割を超えて下がり、その状態が0.01秒以上続くと、影響を受けやすいという見方がある。
今回は電圧が約0.07秒間、最大で半分程度低下したとされ、「瞬間的な電圧低下としては比較的大規模」との指摘もある

電圧低下の影響を被った主な企業

東芝「フラッシュメモリー」の生産ラインが停止。全面再開は早くても10日
三菱マテリアル運転中の炉が一時停止し、月産ベースで5~10%の減産見込み。
コスモ石油2基の精製装置が停止。稼働は1基が週内、もう1基は来週中の見通し。供給は在庫で対応。
ホンダ部品の加工設備の一部が停止。すぐに復旧し、生産計画に影響なし
東ソーポリエチレンの3本の製造ラインや電気分解プラントが半日停止
三菱ケミカルHDポリカーボネートの加工装置が一時的に停止。実害はなし
トヨタ車体生産ラインの操業開始に1時間の遅れ。残業でカバー

ずいぶん大規模な「瞬停」だと感じます。
設備側の対策を上回る事態になったのが、ちょっと不思議な気もしますが、基本的にはこのような事もあるということで、対策を強化するしかないですね。

自動車会社は、扱っている物が目に見えるサイズだけれども、半導体製造や化学プラントでは目に見えないサイズであって、そこに電力問題が影響した、というのは興味深い点です。

電力供給は、地域サービスだから企業から見れば、立地条件になりうるわけで、自治体も深刻に考えるべきでしょう。

しかし、朝日新聞の「電圧低下が、日本のものづくりを揺るがしている」というキャプションは、なんか違和感を感じるな。
これは、あたしだけの個人的感想でしょうかね?

12月 10, 2010 at 10:47 午前 もの作り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50260586

この記事へのトラックバック一覧です: 四日市で瞬間停電、工場の操業に支障あり:

コメント

こんばんは。

どうせ、何も知らない記者が、自分の知っている常識の範囲でご高説…でしょうね。

ボブスレーの競技会場で「高々0.07秒で…」って言ったら袋叩きでしょう。

化学メーカーの工場に勤務しているcomにしてみれば、シャットダウンして当然だし、緊急遮断シーケンスのテストを実生産中にやってしまった…という感じですかね。

投稿: com | 2010/12/11 22:20:44

コメントを書く