« シルバー精工・倒産 | トップページ | 日本の出版業界と電子書籍 »

2010.12.28

渋谷区教育委員会の情報非公開決定の程度

毎日新聞より「渋谷区教委:ブログの「中傷」恐れ、給食費情報非公開

東京都渋谷区教育委員会が、市民団体メンバーの情報公開請求に対し「文書を開示した場合、ブログやメディアで『中傷』される恐れがある」として非公開の決定をしていたことが分かった。
専門家からは「誰にでも平等に情報を公開するという制度の趣旨に反している」との指摘が出ている。【日下部聡】

請求したのは「渋谷オンブズマン」の堀切稔仁事務局長(42)。

堀切氏によると同オンブズマンは、区立中学1校の給食に関し、「給食費に比べて食材が粗末だ」などとして、会計に不透明な点があるとみて調査を進めている。

この問題に関する会合があったとみられる、昨年9~12月の区教委職員、全区立中校長・副校長らの「旅行命令簿」など出張の記録を9月8日に情報公開請求したが、今月16日にすべて非公開との決定が出た。

区教委の通知書は、

「請求人所属団体のブログは、保護者、教職員など関係者の個人名を挙げて、誹謗(ひぼう)中傷する記事及びコメントが掲載されている」
などと指摘。
公開請求の権利乱用を戒め、得た情報の適正使用を定めた区情報公開条例に違反するとして、非公開にしたと説明している。

さらに、

「一部メディア」に同様の記事が掲載され、学校現場が混乱し、「正常な学校運営に支障を及ぼす」
ことなども理由に挙げている。

同オンブズマンのブログには、保護者や卒業生と学校側のやり取りが校長、教諭らの実名を挙げて記載されている。
また、この経緯を週刊誌「週刊金曜日」が記事にした。

堀切事務局長は

「ブログに書いたのは調査の結果であり、誹謗中傷ではない。別件で区は旅行命令簿を開示しており、区教委は都合の悪い事実を隠そうとしているとしか思えない」
と話しており、非公開決定取り消しを求めて提訴する考えを示した。

区教委は

「通知書に書いた通り。あくまでも条例に適合するかどうかで判断した」
(庶務課)と説明している。

山田健太専修大准教授(言論法)は

「どんな人に対しても、請求の目的を問わずに開示するのが情報公開制度の原則。
目的を理由に非公開とするのは制度の本旨に反している。
個別の情報を審査せずに全体を非公開とするのもおかしい。(区教委は)制度をよく理解していないと思わざるを得ない」
と話している。

毎日新聞 2010年12月28日 15時00分(最終更新 12月28日 17時16分)

イタタタタ・・・・という感想です。

相手がこう使うから、情報公開しない、というのは情報公開ではないですね。
なんでこんなやっかいなことになるような、判断が出来るのだろう?

まあ、尖閣ビデオ隠し事件も出てきてみたら「この程度のモノの何が問題なのだ?」ということになったわけで、どうも日本はものの見方が浅薄になってきていますね。

12月 28, 2010 at 06:16 午後 国内の政治・行政・司法 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50423579

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷区教育委員会の情報非公開決定の程度:

コメント

>どうも日本はものの見方が浅薄になってきていますね。

昔からだと思います。
企業や官庁等の内部社会にあっても,正直に言えば協力するのに,情報を変に隠したために社員や一般公務員を敵に回すといったようなことは日常茶飯事でしょう。
真実に向き合うのが苦手,というか不得手な国民性なのでしょうか。

投稿: TuH | 2010/12/29 19:20:11

コメントを書く