« 一つの交通事故で、二つの裁判? | トップページ | 就職できない学生へのアドバイスを議会で聞くとは? »

2010.12.18

やっと35人学級体制が始まる

東京新聞より「35人学級は小1限定 30年ぶりの見直し

2010年12月18日 朝刊

二〇一一年度予算をめぐる十七日の閣僚折衝で、文部科学省が要望していた「小学一、二年生の三十五人学級の実現」に必要な教職員の人件費は、小一の分だけがかろうじて認められた。

一学級あたりの人数の上限引き下げは、一九八〇年度に四十五人から四十人に減らして以来、約三十年ぶり。

学校現場から期待が高かった少人数学級に向けて、ようやく一歩を踏み出すことになる。

高木義明文科相は

「新学習指導要領が本格実施される時期に、教員が子どもと向き合う時間を確保し、きめ細かい教育を行う少人数学級のスタートが切れることは、大変意義がある」
と語った。

一方で財政難から小二については先送りとなった。

文科省は来年度から八年かけて小一~中三まで段階的に三十~三十五人にする計画だが、今後、他の学年でも実現できるかは不透明だ。

高木文科相は

「ぎりぎりの中での最善の結果。小二以上はできるだけ当初の計画を基本に進めたい」
としている。

少人数学級の推進は民主党のマニフェスト項目。文科省は八月に三十五人以下学級の実現に必要な教職員定数改善計画案を公表し、計画初年度は小一、二からスタートするとしていた。

やらないよりもはるかにマシかとは思いますが、35人クラスを終了した一年生が、二年生になったら40人体制というのでは、ある程度以上に問題ですから、なんとか35人体制のままで卒業させたいところです。

現在は、一クラスが40人までになっているので、現実のクラス編成は、20~40人となります。
さらに、学校間の調整もあるので、わたしが行った小学校の中位数はは37人ぐらいです。

35人にするためには、さらに小学校間の調整が必要になるでしょう。
一方で、子供の減少に伴って、小学校を統合している地域もあり、35人学級の実施と言っても、結構大変な事業ですが、世界との対比を考えると実施する必要があります。

12月 18, 2010 at 10:47 午前 教育問題各種 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/50331849

この記事へのトラックバック一覧です: やっと35人学級体制が始まる:

コメント

コメントを書く