« 管制官の誤指示・何が起きたのか? | トップページ | NTTの発表の異様さ »

2010.11.03

ミッフィー問題

サンケイ新聞より「「キャシーはミッフィーのコピー」とサンリオに生産停止命令 模倣を認定 オランダ裁判所

ウサギの女の子のキャラクター「ミッフィー」の生みの親であるオランダの作家が、サンリオのキャラクター「キャシー」はミッフィーを模倣した著作権侵害として、関連製品の生産差し止めを求めた係争で、アムステルダムの裁判所は2日、オランダなど欧州3カ国での生産の即時停止を命じた。日本の仮処分決定に当たる判断とみられる。

差し止めを求めていたのは作家のディック・ブルーナ氏(83)の著作権を管理するオランダ企業メルシス。

同社は「サンリオが全世界でキャシー製品の販売をやめることを期待している」とのコメントを発表。サンリオが命令を受け入れなければ、損害賠償を求める本訴訟を起こす構えだ。

裁判所は、サンリオのキャシーは「コピー」と認定。サンリオにオランダとベルギー、ルクセンブルクでの生産や販売、宣伝の停止を命令。
これに応じない場合、1日2万5千ユーロ(約280万円)をメルシスに支払うよう命じた。(共同)

これはどうなりますかねぇ?

以前、著作権について非常に詳しい弁護士さんにレクチャーを受けて、びっくりしたのがこのミッフィー問題です。

ミッフィー(うさ子ちゃん)はディックブルーナーの創作で、当然著作権があると思っているわけですが、その弁護士さんは

「幼稚園児がうさぎの絵を描いたら、誰が描いてもミッフィーになるだろう。つまりミッフィーにはオリジナリティーが無いから、著作権が成立しない」
というご意見でした。

国際的な知的財産権争いを専門とする弁護士さんでしたが、さすがにこの論理は想像外でありました。

しかしながら、ミッフィーに誰が見ても間違えなくオリジナリティーがあるのか?と言われると、確かに首をひねってしまう面もあります。
つまり、争いの余地はあると言えそうなのです。

この10年間ぐらい、ミッフィーの著作権は非常に強調され始めているのですが、ビジネスとして世界に広まったから、後から著作権の主張が強調され始めた、とも感じられます。

11月 3, 2010 at 09:39 午前 セキュリティと法学 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2299/49921937

この記事へのトラックバック一覧です: ミッフィー問題:

コメント

ミッフィーのオリジナリティは、鼻が無くて、口がバッテンないしアスタリスクである点だと思います。
たしかに、「キャシー」は、稚拙なウサギの絵にすぎないと言われれば、そうですね。
私は、どちらも「白」ウサギであることが嫌いです。
マウスやラットでもそうですけれども、ヒトが飼うのに、万が一逃げ出しても、自然では生きられないように、アルピノ種が選ばれることが多く、実験動物を思いますので、イヤなのです。

いつものあてずっぽうURL直接打ち込みで見つけた、ミッフィーのサイトです。
http://www.nijntje.nl/
そこからリンクしている、日本語版です。
http://www.miffy.jp/
ドイツ語(だと思う)版のほうを見ますと、「うさこちゃん」と和訳するほうが正しいように感じます。

投稿: mimon | 2010/11/03 16:48:53

コメントを書く